キスフレのメリット8個とキスだけの関係という男女の新しい形への様々な疑問を解決します!について
キスフレとはキスフレンドの略です。

肉体関係は持たず、キスするだけの友達のことを指します。

恋人関係でもなく、キスするだけの関係とはちょっと不思議ですよね。

キスフレは男女の新しい形のひとつです。

キスフレについて詳しく知らない人も多いでしょう。

今回はキスフレのメリットとキスフレの実態について詳しく紹介していきます。

新しい男女の形であるキスフレ

キスフレとはキスフレンドの略です。

言葉の通り、肉体関係は持たずキスするだけの友達のことを指します。

恋人関係ではなく、あくまで友達という関係性であることも大きな特徴です。

キスフレは新しい男女の形でもあります。

これまで男女の関係は恋人と夫婦くらいしかありませんでした。

キスをする相手も恋人か配偶者だけで、異性の友達とキスするのは一般的ではありません。

キスフレに馴染みのない人にとっては不思議な関係に見えるかもしれませんね。

キスフレへの疑問を徹底解説

恋人関係ではない男女がキスするだけの友達をつくるというのは不思議な感じがしますよね。

キスフレに馴染みのない人にとっては「なぜ付き合わないの?」と疑問に思うでしょう。

実際にキスフレに対しては賛否両論あります。

特にキスフレが一般的でない世代の人からするとキスするだけの関係には裏がありそうで遊んでいるような印象を持つ人もいます。

一方、積極的にキスフレをつくる人もいます。

そのような人はなぜキスフレを求めているのでしょうか。

まだまだ世に知られていないキスフレ事情には疑問がたくさんあります。

そこで今回はキスフレへの疑問を徹底解説していきます。

新しい男女の形であるキスフレの実態に迫っていきます。

そもそもキスフレとは

キス
そもそもキスフレとは何を意味するのかわからない人もいるでしょう。

キスフレとはキスフレンドの略です。

恋人ではない男女がキスするだけのことを指します。

〇〇フレという言い方はキスフレ以外にもいくつかあり、最も知られているのはセフレです。

セフレはセックスフレンドの略で恋人でない男女が肉体関係を持つだけの関係性のことを指します。

大きく分ければキスフレもこの〇〇フレに含まれます。

肉体関係を持つセフレは以前から広く認知されてきました。

男女が肉体関係を持つことは至って普通の流れであり、似たような言葉では一夜限りの関係をワンナイトラブとも言います。

一方、キスフレは肉体関係を持ちません。

キスするだけの関係のため、深い仲にはならないのです。

キスフレに馴染みのない人のなかには「なぜ肉体関係を持たないのにキスするの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。

それではキスフレについてもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

キスだけの関係の男女

キスフレは恋人でない男女がキスするだけの関係のことを指します。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするためのスキンシップとして認識されています。

そのため、恋人でない男女がキスするだけの関係を築くことに対して疑問を抱く人も多いでしょう。

キスフレを持っている人の多くは、単純にキスを楽しむためにキスフレをつくっています。

あくまでキスするだけの関係のため、肉体関係を持つことはありません。

しかし、キスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするスキンシップのため、特定の恋人やパートナーがいる場合、肉体関係がなくても浮気と判断されることもあります。

本人たちに恋愛感情がなくても周囲から恋愛感情があると認識されるため、特定の恋人やパートナーがいる人とキスフレになるには注意が必要です。

場合によってはトラブルを発生させてしまう可能性もあります。

付き合ってはないがキスはする

キスフレの最大の特徴は付き合ってはいないがキスはする関係であることです。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするスキンシップをしてするものなので、付き合っていないことを前提としていることに疑問を抱く人も多いでしょう。

キスフレが新しい男女の形と言われるゆえんはそこにあります。

これまでのキスの概念を覆し、まったく新しい関係が誕生したと言っても過言ではないでしょう。

キスフレは度々浮気かどうか問題に挙げられます。

恋人やパートナーがいる人と肉体関係を持てば一発で浮気や不倫になりますが、キスだけだったらどうなるのでしょうか。

肉体関係がないため法律的には不倫になりませんが、人によっては浮気とみなされます。

本人たちに恋愛感情がなくても、キスするのは浮気になると考える人が多ければそれが原因で別れたり離婚したりすることもあります。

キスフレがいるメリット

キスフレは恋人でない男女がキスするだけの関係を指します。

キスする関係であれば恋人なのでは?と疑問を抱く人も多いですが、恋人関係でないのがキスフレの最大の特徴です。

あえて恋人関係にはならず、キスだけの友達関係を築くのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

次はキスフレがいるメリットについて詳しく紹介していきます。

安心感をもらえる

キスフレがいるメリットは、安心感がもらえることです。

人間は人との肉体的な接触やボディタッチをすると脳内でオキシトシンというホルモンの分泌が活性化されます。

オキシトシンは幸せホルモンや抱擁ホルモンとも呼ばれ、幸せな気分や安心感をもたらしてくれる効果があります。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりする行為であり、肌と肌が触れることでオキシトシンの分泌も活性化されます。

しかし、相手が恋人やパートナーでなくてもオキシトシンは分泌されます。

オキシトシンが有名になったのは、「飼い主と犬が触れ合うことで互いにオキシトシンが分泌される」という麻布大学の論文がきっかけでした。

相手が犬であっても大切に思っている相手や親しい相手であればオキシトシンは分泌されるのです。

それはキスフレも例外ではありません。

キスフレは恋人ではありませんが、お互いにキスしたいと思える相手ではあります。

そのため、恋人関係でなくてもオキシトシンが分泌され、安心感や幸福感を得ることができます。

寂しさを埋められる

キスフレがいるメリットは、寂しさを埋められることです。

人間は寂しくなると人肌恋しくなります。

人間はもともと集団生活のなかで繁栄してきた生き物です。

そのため、集団で協力し合う大切さや人はひとりでは生きていけないということが本能に刷り込まれており、寂しくなると他人を求めるようになるのです。

他にも人と人が触れ合うとオキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。

オキシトシンには不安解消やストレス軽減などの効果があります。

キスフレとキスすることでオキシトシンの分泌が活性化され、寂しさも軽減されるということです。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするためにするものです。

しかし、恋人関係以外の人がしても安心感を得たり寂しさを埋めたりすることができます。

寂しいときや心細いときに友達に手を握ってもらったら自然と安心しますよね。

キスはハードルが高いように思えますが、触れ合う行為としては手を握るのと変わりありません。

女性ホルモンが出る

キスフレがいるメリットは、女性ホルモンが出ることです。

前項でも紹介した通り、人間はスキンシップを取ることで幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が活性化します。

オキシトシンにはストレス軽減や不安解消などの効果があり、精神を穏やかに安定させる効果があります。

他にもオキシトシンは女性ホルモンと密接な関係にあります。

もともとオキシトシンは女性の出産や子育てに関するホルモンとして有名でした。

オキシトシンには分娩時に子宮を収縮させるはたらきや乳腺を収縮させて母乳の分泌をうながすはたらきがあります。

妊娠や出産以外にも健康な体を維持するためには正常なホルモンバランスが大切です。

ホルモンバランスが乱れると太りやすくなったり肌が荒れたりするなどの症状が出ます。

美しさを保つためにも女性ホルモンが出ることはとても良いことです。

ストレス解消になる

ストレス
キスフレがいるメリットは、ストレス解消になることです。

前項で紹介した通り、人間はスキンシップを取ることでオキシトシンという幸せホルモンの分泌が活性化されます。

オキシトシンには不安やストレスを解消する効果があります。

ストレスは脳が不快を感じ取ることで発生します。

脳内には心地いい刺激に反応する細胞と不快な刺激に反応する細胞の二種類があります。

ストレスはこの不快な刺激に反応する細胞によってもたらされます。

人間はストレスを感じるとホルモンバランスが乱れ、血圧低下や体温下降などの影響が出ます。

ストレスを解消するためには、乱れたホルモンバランスを正常に戻ることが重要です。

そのために必要なのがオキシトシンです。

キスすることでオキシトシンの分泌がうながされ、乱れたホルモンバランスが正常に戻っていきます。

キスフレとキスするのには、キスすることでオキシトシンの分泌が活性化され、ストレス解消になるメリットもあるのです。

自分を受け入れてもらえる

キスフレがいるメリットは、自分を受け入れてもらえることです。

人間は誰しも承認欲求を持っています。

承認欲求とは他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたいという欲求です。

キスは人を選ぶ行為です。

恋人や夫婦はもちろん、付き合っている関係でなくても親しい間柄でなければキスするのは難しいですよね。

知り合いでも苦手な相手や嫌いな相手とはキスしたいと思わないでしょう。

つまりキスしてくれるということは、相手が自分を受け入れてくれているということになります。

恋人関係でなくてもキスを受け入れてくれることで承認欲求が満たされ、自分に自信を持つことができるのです。

恋人であれば一人としかキスできませんが、キスフレであれば複数の人とキスできるため、いろいろな人に自分を受け入れてもらえたと実感することができます。

キスフレを求める人のなかには寂しがり屋で自分に自信がない人が多い傾向にあります。

その寂しい気持ちや自信のなさを払拭するためにキスフレをつくっている人もたくさんいます。

心に余裕ができる

キスフレがいるメリットは、心に余裕ができることです。

ストレスや不安を抱えていると心に余裕がなくなってしまいます。

常に不安や寂しさに追いかけられ、その問題から逃げられず余裕がなくなってしまうのです。

普段の生活でもストレスや不安で心に余裕がなくなってしまった経験を持つ人はたくさんいるでしょう。

しかし、キスすることで幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が活性化され、ストレスや不安を払拭してくれます。

ストレスや不安が払拭されたことにより、抱えていた問題以外のことにも目を向ける余裕ができ、気持ちも前向きになります。

恋人がいれば気軽にキスやハグができますが、いない人はなかなかスキンシップを取ることができません。

そこでキスフレがいれば恋人がいなくてもキスフレとキスすることでストレスや不安を払拭し、心に余裕を持つことができます。

良い刺激になる

キスフレがいるメリットは、良い刺激になることです。

人間は常に刺激を求める生き物です。

日常生活に満足していても変化のない日々を繰り返していると生活がマンネリ化し、新しい刺激が欲しくなります。

他にも新しいことに挑戦したい、何か変化が欲しいなどの欲が湧いてきます。

キスフレがいれば常に刺激を得ることができます。

恋人がいない人にとってキスは非日常的な行為です。

退屈な日常にキスという刺激的なアクションを取り入れることで日常が退屈でなくなります。

キスフレを持つ人のなかには複数のキスフレがいる人もいるため、定期的に何人かの人とキスする体験も刺激的ですよね。

常に変化を求めている人にとってキスフレは良い刺激を与えてくれるパートナーでもあるのです。

暇つぶしになる

キスフレがいるメリットは、暇つぶしになることです。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするために取るスキンシップです。

恋愛感情があるのが前提にありますが、キスフレを持つ人たちにとってキスはそれほど重い意味を持っていません。

キスフレを持つ人のなかには、「キス=暇つぶし」程度にしか思っていない人もいます。

その人にとってキスはコミュニケーション方法のひとつであり、友達と遊んだり話したりするような位置付けなのです。

キスフレがいれば暇なときにキスすることができますし、良い話し相手にもなってくれます。

他の友達と異なり程よい刺激を与えてくれるのもメリットとして挙げられるでしょう。

キスフレへの様々な疑問とその答え

疑問
キスフレの歴史はそれほど長くありません。

2013年頃からメディアに取り上げられ、賛否両論さまざまな意見が飛び交いました。

当時と比べれば理解を得られつつありますが、現在でもよくわからないという人もたくさんいます。

キスフレはキスフレンドの略です。

恋人ではない男女がキスするだけの関係のことを指します。

キスフレに馴染みのない人にとっては、キスまでして何で付き合わないの?などの疑問が浮かぶでしょう。

キスフレという言葉が使われるようになって何年か経ちましたが、その実態はあまり明らかにされていません。

次はキスフレへのさまざまな疑問について深掘りしていきます。

キスフレをどうやって作るの?

キスフレを作る方法はいくつかありますが、最もスタンダードなのはSNSや掲示板でキスフレを募集する方法です。

SNSで募集する場合は、「キスフレ募集」「キスフレ欲しい」などのハッシュタグを付けて投稿します。

すると同じくキスフレを募集している人から反応が返ってくるため、ダイレクトメッセージなどで連絡を取り合いながら実際に会う約束をします。

匿名性が高いため、提示された情報が信頼できるものか見極めることが重要です。

掲示板で募集する場合は、キスフレを募集する掲示板にアクセスします。

インターネットで検索するとキスフレを募集する掲示板がヒットします。

そこの掲示板にキスフレを募集している旨を掲載すれば同じくキスフレを募集している人から反応が返ってきます。

掲示板でキスフレを募集する際も提示された情報が信頼できるものか見極めることが重要です。

なかにはキスフレと偽って肉体関係を強要してくる人もいるため、きちんと信頼できる人とキスフレになるようにしましょう。

SNSや掲示板以外には、リアルの友達にキスフレ募集を打ち明ける方法もあります。

飲み会の酔った勢いであれば「キスフレ欲しい!」と素直に打ち明けやすくなります。

リアルの友達であれば人となりも知っているため、安全性は確保できるでしょう。

どんな人がキスフレになるの?

癒しや安らぎを求めてキスフレをつくる人もいます。

キスをすると幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が活性化されます。

オキシトシンにはストレス解消や不安軽減などの効果があり、キスフレとキスするだけで癒しや安らぎを得ることができます。

他にもトキメキや刺激を求めてキスフレをつくる人もいます。

毎日同じような生活を繰り返していると生活がマンネリ化してしまいます。

人間は刺激や変化を求める生き物のため、退屈する時間が続くと何か刺激が欲しくなります。

キスフレがいれば日々に変化をつけることができるため、良い刺激になるでしょう。

このように自分の欲を満たすためにキスフレをつくる人もいますが、なかには付き合うのは面倒くさい、結婚を考えていないという理由からキスフレをつくる人もいます。

恋人関係になってしまうと恋人としての役割が課せられます。

パートナーに縛られるのは嫌という人は、元からお互いに恋愛感情がない関係の方があっさり付き合えるので気軽なのです。

キスフレにデメリットはないの?

キスフレのデメリットは相手がキスだけで満足するとは限らないことです。

キスフレは恋人関係でないことが前提にありますが、キスフレを続けていくなかで恋心が芽生えて交際を申し込まれたり、欲求が高まり肉体関係まで求められたりすることもあります。

最初からキスフレまでとお互いに同意していても、いつ相手の考えが変わるかわからないため、場合によっては怖い思いをする可能性もあります。

他にもキスフレの聞こえが悪いのもデメリットのひとつです。

一般的にキスは恋人や夫婦が愛情を確認したり伝えたりするためのスキンシップなので、恋人以外とキスすることに抵抗感を抱く人もいます。

キスフレに馴染みのない人からすればチャラチャラしている、遊んでいるなどネガティブにとらえられてしまうこともあります。

キスフレの存在は時代とともに知られてきてはいますが、チャラチャラしている、遊んでいるなど思われないためにも公にしない方が無難でしょう。

自信を持ってキスフレがいる!と言えないのは一種のデメリットかもしれません。

周りの友達には隠すの?

友達
キスフレを持つ人の多くはキスフレの存在を周りの友達には隠しています。

キスフレがいることを恥ずかしく思っているわけではありませんが、まだまだ世間的な印象が良くないのが実情です。

キスフレに馴染みのない人にとっては、「なぜキスする関係なのに恋人ではないの?」「キスだけの関係なんてチャラチャラしている」「キスだけと言っておいて実は肉体関係も持っているんでしょう」など理解しづらいことがたくさんあります。

その人のことを十分理解していればキスフレについても理解してくれるかもしれませんが、あまり知らない人たちはネガティブな憶測を持ってしまう可能性があります。

キスフレを恥ずかしく思っていなくても、余計な波風を立てないように周りの友達には隠しているという人も少なくありません。

彼氏ができたらどうするの?

キスフレがいるときに彼氏ができたらどうするのか疑問に思う人もたくさんいますよね。

キスフレがいるときに彼氏ができたら、キスフレ関係は解消するという人もいます。

もともと恋人がいなくてもキスしたいためにキスフレをつくっていた人は、彼氏ができたことによってキスしたい欲求を満たせるようになりました。

大好きな彼にキスフレの存在がバレて別れを切り出されるのなら、今までの関係をきちんと精算しようということです。

キスフレとの間に恋愛感情がなくても、彼氏が嫌がる可能性があるなら先にキスフレを辞めようと考える人が多いようです。

彼氏ができてもキスフレを辞めない人もいます。

もともと刺激が欲しくてキスフレをつくっていた人のなかには、彼氏以外にも別の刺激を求めてキスフレを続ける人もいます。

他にもキスフレはあくまで友達であり、恋愛関係にないから彼氏ができても関係を続けて良いと考える人もいるようです。

彼氏ができたときに別れるかどうかは人によって異なりますが、彼氏がキスフレに寛容でない限りキスフレとの関係を終えた方がいいでしょう。

キスフレに対する女性の本音は?

キスフレを持つ女性は、キスに対して強い憧れを抱いていたり、トキメキやドキドキが欲しくてキスフレをつくる人が多い傾向にあります。

単純にキスしたいという欲望を満たすためにキスフレをつくる人が多いため、なかにはキスする関係から恋愛感情を抱いてしまう人もいます。

最初から恋人作りを目的にしていなくても、キスフレを続けていくなかで気持ちが変化してしまうのです。

しかし、男性側にその気がなければその想いが実ることはないでしょう。

相手の男性にその気がない場合は本気になる前にキスフレ関係を解消してしまった方がいいでしょう。

キスフレに対する男性の本音は?

キスフレを持つ男性は、「結局は下心があるんでしょう」と思われがちですが、実は純粋にキスフレを求めている人も多く、キスする関係であっても肉体関係を持とうとまではいかない人もたくさんいます。

キスフレを持つ男性の多くは、女性に対して癒しを求めています。

日頃の疲れやストレスをキスフレで癒したいためにキスフレをつくるのです。

そのため、必ずしもキスが性欲とリンクするわけではありません。

もちろん、なかには肉体関係を持ちたいと思いはじめる男性もいます。

しかし、それは女性も同じです。

最初はキスフレの関係だけで満足していたけれど、途中から恋人関係になりたい、肉体関係を持ちたいと変化していく可能性があるのは男女ともに同じです。

彼氏にバレたらどうなるの?

彼氏
キスフレの存在が彼氏にバレたら怒る男性の方が多いでしょう。

キスフレという言葉はメディアやSNSなどで取り上げられ知名度を上げてきましたが、理解してくれる人が増えているわけではありません。

まだまだ抵抗感を持っている人も多く、だいたいの男性は彼女にキスフレがいるとわかればショックを受けます。

恋人以外とキスすることを浮気だと言う人もいますが、実は法律的にはキス=浮気ではありません。

不倫の場合は不貞行為があったかどうかが大きなポイントになります。

不貞行為とは肉体関係のことを指し、キスはそれに含まれません。

そのため、浮気かどうか判断するのはお互いの価値観によって異なります。

彼氏がキスフレに理解ある人であれば浮気になりませんが、恋人以外とキスすることは浮気だと考える人であれば浮気になります。

彼氏と良い関係を続けていくためには、彼氏の意見を尊重した方がいいでしょう。

関係はすっぱり切れるの?

キスフレと別れるのは意外と簡単です。

お互いに恋愛感情を持っていないため、カップルが別れるときのように関係がこじれたりすることはそれほど多くありません。

キスフレを持つ人のなかには、恋人同士のいざこざがあるのが嫌でキスフレをつくっている人もいるため、むしろ別れを切り出されたらトラブルにならないようにすっぱり別れたいと考える人も多いのです。

キスフレは恋人関係ではないため嫉妬心もありません。

好きな人ができたら素直に「彼氏ができたので別れよう」と言えば綺麗さっぱり別れられます。

後腐れない関係を築けるのもキスフレのメリットでもあります。

キスフレはどこでキスするの?

キスフレがキスする場所は普通のカップルとそれほど変わりません。

端から見れば普通のカップルなので特に気にする必要もないのです。

強いて言うならば知り合いに遭遇しそうな場所は避けます。

キスしているところを目撃されて付き合っていると噂されると面倒なため、街中でキスすることはあっても知り合いがいそうな場所は避けます。

他にもラブホテルなど恋人同士が行く場所には行きません。

あくまでキスするだけの関係なので肉体関係に発展しそうな場所は避ける傾向があります。

キスフレ以外に新しい形の男女の関係ってあるの?

キスフレ以外にも新しい形の男女の関係はたくさんあります。

ソフレは添い寝フレンドの略です。

言葉の通り恋人でない男女が添い寝をするだけの関係のことを指します。

キスフレと同様に肉体関係は持ちません。

ハグフレはハグフレンドの略です。

こちらも言葉の通り恋人でない男女がハグするだけの関係のことを指します。

キスフレやソフレと同様に肉体関係は持ちません。

キスフレやソフレ、ハグフレは安心感やストレス解消のために募っている人が多く、心の癒しや安らぎを求めている人が多い傾向にあります。

カモフレはカモフラージュフレンドの略です。

恋人でない男女がデートやキスなどして恋人気分を味わう関係です。

過去の恋愛にトラウマを抱えていたり、クリスマスやバレンタインなどのイベントにひとりでいたくない人が恋人がいるようにカモフラージュするためにカモフレを募集しています。

このようにキスフレ以外にも〇〇フレの種類はたくさんあり、お互いのニーズが合致したときに目的に合った関係を築くことができます。

キスフレは何人くらいいるの?

キスフレの人数は人によって異なります。

決まったキスフレはひとりしかいない人もいれば、三人、四人と複数人いる人もいます。

キスフレはあくまで友達カウントのため、ひとりしかつくってはいけないというルールはありません。

キスフレが三人、四人いてもまったく問題はありません。

しかし、実際はキスフレを複数人持っている人はそれほど多くありません。

そもそもキスするためだけの関係のため、お互いに希望する時間に会える人がいればひとりでも事足ります。

キスフレを求めている人は決してモテたいわけではありません。

一時的な寂しさやストレスを解消するためにキスフレに手伝ってもらっているだけなのです。

キスフレと関係を切りたくなったら?

キスフレと関係を切りたくなったら「キスフレの関係を辞めよう」「もう別れよう」などと別れを切り出すだけでOKです。

恋人のように付き合っているわけではないため、会わないと決まればその後はスムーズに関係を解消できます。

しかし、なかにはキスフレを続けていくなかで恋愛感情を抱いてしまう人もいます。

相手が恋愛感情を抱いていた場合は引き止められる可能性があり、最悪トラブルに発展することもあるので注意が必要です。

キスフレを好きになってしまったら?

キスフレは恋人関係でないことが大前提ですが、キスフレを続けていくなかで相手を好きになってしまうこともあります。

キスフレの定義からすれば恋愛感情を抱くのはご法度です。

相手も恋愛感情を抱いてくれていれば晴れて恋人関係になることもできますが、恋愛感情を抱いていないときは裏切り行為と見なされキスフレを解消されることもあります。

キスフレを求める男性のなかには、特定の恋人をつくりたくない人もいます。

これまで散々恋愛で面倒な経験をしてきたため、そのような男性を恋人にするのはなかなか難しいでしょう。

キスフレ、あなたはどう思う?

キスフレは恋人でない男女がキスするだけの関係を指します。

キスフレという言葉は2013年頃からメディアやSNSで取り上げられるようになりましたが、多くの人から認められているわけではありません。

キスフレに馴染みのない人のなかには「恋人以外とキスをする意味がわからない」「なぜキスする関係なのに付き合わないのか」など理解できないところもたくさんあります。

チャラチャラした印象の強いキスフレですが、キスフレをつくることでストレス解消や不安軽減などの効果を得たり、刺激的な日々を手に入れたりとメリットもたくさんあります。

ここまでキスフレの疑問を深掘りしてきましたが、あなたはキスフレについてどう思ったでしょうか。