あとのプライベートの時間はお互いを支え合い、元気をチャージするために使うのが一番です。

頑張りすぎるといつかつぶれてしまうので、できないことはできないと素直に恋人に甘える姿勢を大切にしましょう。