ときに相手の話も聞き、譲り合うことが大切です。

いくら価値観の合うパートナーとはいえ、大なり小なり合わないことがありますし、違う意見が出るときもあります。