仕事の関係でひとつ気を付けて欲しいことは、既婚男性が悪びれもなく独身女性を口説くことがあることです。

気が付いたら不倫という沼から出られなくなっていたということがないよう、毅然とした態度でお断りしてください。

大人の恋愛で仕事の関係のいちばんの楽しさは、オンとオフのギャップを楽しむこと、そして二人だけの秘密を作ることです。

大人の恋愛〜友達から恋人候補へ〜

大人の恋愛で友達から恋人候補へステップアップするには、外見的な要素はもちろんのこと、もしかしたらそれ以上に内面的な要素を重視するかもしれません。

大人の恋愛の先に結婚を視野に入れている人も多いため、家族となる人が一緒にいて居心地のいい人かどうかはすごく大切です。

一緒にいて楽しいと思えるものが似ているかどうか、休日の過ごし方は一緒に楽しめるかどうか、お互いの話を聞けるかどうか、食べ物の好みは似ているかどうか、など挙げると色々あります。

友達として仲良くしていて、この人だ!と思ったらじわりじわりとアタックし、少しずつ恋人候補から恋人へと関係を変えていきましょう。

大人の恋愛として大切なポイントを書きます。

恋したタイミングの参考にしてみてください。

価値観が合う

大人の恋愛として、価値観が合うことはすごく大切です。

大人の恋愛の先には同棲、もしかしたら結婚を視野に入れることがあります。

家族となるパートナーだからこそ、価値観が合うことはすごく大切です。

恋愛はデートしている時間だけが一緒なので、多少イライラすることがあっても、その場さえ我慢すれば何とかなります。

結婚すると毎日顔を合わせるようになるので、あまりにも価値観が違うとイライラが爆発し、一緒にいることすら嫌になるかもしれません。

価値観が合うことで一緒にいるとすごく楽しくて、相手のことをもっと知りたいと思うようになります。

大人の恋愛をし、相手のことを大切にするうえで価値観が合うことは大切です。

ただ、価値観が合わないと思ってバッサリ恋する気持ちを否定するのはもったいないです。

もしかしたら一緒にいるうちに、価値観が合うようになることもあります。

好きだと思う恋心を大切に、そして時間をかけながら価値観が合うかどうかをチェックしてみてください。

居心地が良い

居心地が良い
大人の恋愛をするうえで、居心地が良いかどうかは大切です。

大人の恋愛は限られた時間の中で、リラックスできる居心地の良い時間であることが大切です。

会うたび喧嘩をしているようではストレスがたまるだけです。

すごく極端なたとえですが、肌触りの良いクッションや居心地の良い部屋は愛着がわきます。

肌触りの悪いクッションや居心地の悪い部屋は大切にしたいと思いますか?

相手のことをどれだけ大切にできるかも大人の恋愛の醍醐味なのに、大切にできないような居心地の悪い人との大人の恋愛はできないでしょう。

居心地が良いと思える相手を慈しみ大切にし、じわりじわりと愛情を温めていくのが大人の恋愛だと思います。

人の印象は変わるので、会ってすぐに居心地が良いかどうかを判断するのはむずかしいです。

少なくとも数回デートを重ねて相手のことを知ったうえで判断するようにしてください。

共通の知人からの意見があるとさらに安心感があると思います。

楽しさより安心感

大人の恋愛において、楽しさより安心感が重視される傾向があります。

若かりし頃の恋愛は駆け引きを楽しみ、時にジェットコースターのようにドキドキハラハラするような思いをすることもあります。

それすら楽しいと思えるところが醍醐味です。

大人の恋愛は楽しさよりも、一緒にいてどれだけリラックスできて、どれだけ安心できるかのほうが大切です。

学生の頃と社会人になってからのストレスは桁違いです。

心に余裕のある学生時代よりも、社会人になってからは恋人と過ごす時間はリラックスする時間に充てたいと考える人が多いです。

気になる男性がいたら、駆け引きを楽しむよりも一緒にいるときにどれだけリラックスできるかを感じてもらうほうがいいと思います。

笑顔を大切にして、いつも穏やかに話せるような雰囲気を作ってください。

ときに喧嘩するようなことがあっても、そこは大人の恋愛だからこそ理性を優先してください。

感情的になる前に、落ち着いて話すようにしてください。

もっと知りたい

相手のことをもっと知りたい、それは大人の恋愛スイッチが入った瞬間です。

若かりし頃の恋愛は見た目を優先し、好みのタイプの外見の恋人を探す人が多いです。

自分の容姿にも自信がある頃ですし、一緒に歩いていて自慢できるような恋人がいい!と思うのは自然なことです。

大人の恋愛は最初は見た目から入っても、相手のことをもっと知りたいと思うタイミングが相手のことを本気で好きになった証拠です。

この人のことが好きだから、どんな食べ物を好むのか、どんな趣味を持っているのか知りたいと願うこともそのひとつです。

どんな仕事でいつ休みなのか、休みの日は何をしているのか知りたいと願うのも恋する気持ちです。