大人の恋愛の醍醐味のうち、体の相性は大切です。

体から始まり、最初はその気はなかったものの思った以上に相性が良く、気が付いたら他の人との関係は考えられなくなったなんてこともあります。

しかし女性から体の関係に持ちかけるのは、あまりおすすめしません。

普段から簡単に体を許している女性だと誤解される可能性があります。

男性から誘われて、できればお互いの気持ちを確認したうえでその日のうちに一線を超えるぐらいがギリギリ許せるラインです。

男性からいいように利用されないように気を付けましょう。

曖昧な関係でい続ける

大人の恋愛は、曖昧な関係でい続けるのもアリです。

大人になると自分の感情をオープンにしづらくなり、素直に気持ちを言えなくなります。

なんとなくお互い好きと分かっているなら、そのまま曖昧な関係をキープしてもいいのではないかと思います。

どうしても気になったら、私のことをどう思っているの?って聞き出してみてください。

曖昧な関係を崩したくないなら、今のままでもいいと思います。

もし、もっと理想の男性に出会えたら乗りかえようかな?くらいのラフな気持ちでいましょう。

大人の恋愛〜付き合ってから〜

大人の恋愛の一番の醍醐味は付き合ってからです。

付き合ってからはお互いの仕事やプライベートの事情を理解し合い、大変なときは支え合えるような関係を作っていかないといけません。

もしかしたらもっと先に結婚を考えるかもしれません。

一見すごく面倒くさいですが、それだけ色々なことに真剣に向き合えるパートナーに出会えたことに感謝しましょう。

お互いを支え合う

大人の恋愛は、お互いを支え合うことが大切です。

お互い仕事やプライベートで大人になると色々とやるべきことが増えます。

責任も増え、ストレスがたまることもあります。

大変なとき、お互いを責め合うような関係だとさらに自分が辛くなるだけです。

ストレスを発散し、元気になれるような関係が理想的です。

どちらかが辛いときは相手をフォローし、苦手なことは得意な人がすればいいのです。

そして、少しずつお互いを高め合えるような関係がいいです。

ストレスをため、必死になるのは仕事や色々な役目だけで充分です。

あとのプライベートの時間はお互いを支え合い、元気をチャージするために使うのが一番です。

頑張りすぎるといつかつぶれてしまうので、できないことはできないと素直に恋人に甘える姿勢を大切にしましょう。

理解して歩み寄る

大人の恋愛は、理解して歩み寄ることも大切です。

どちらかが一方的に自分の気持ちを主張し、その相手は我慢ばかり続けているといつか崩れてしまいます。

ときに相手の話も聞き、譲り合うことが大切です。

いくら価値観の合うパートナーとはいえ、大なり小なり合わないことがありますし、違う意見が出るときもあります。

おかしいなと思った時に落ち着いて話し合い、きちんと結論を出せることが大切です。

もし結婚して家族となると、色々なトラブルを一緒に乗り越えていくことになります。

そういったときも、理解して歩み寄ることができるかどうかが重要です。

仕事との両立

仕事
大人の恋愛は、仕事との両立も大切です。

大人の恋愛に熱を上げ過ぎると、仕事がおろそかになってしまう可能性があります。

きちんと公私を分け、仕事をこなしたうえで恋愛を楽しむのが大人です。

お金を貰っている以上、彼氏と喧嘩をしたから仕事でミスをした、彼氏に振られたから寝坊して遅刻したといった言い訳は通用しません。

きちんと仕事と恋愛に線引きをし、仕事を頑張ったうえで恋人との時間も大切にできるような大人の女性を目指しましょう。

男性はわりと仕事にエネルギーを向ける人が多いので、同じように仕事熱心な女性の方が好印象です。

相手を許す

大人の恋愛は、相手を許すことも大切です。

大人の恋愛とはいえ、些細な喧嘩やトラブルはつきものです。

いちいち根に持っていつまでも怒っていると、なかなかいい関係が築けません。

お互いの悪いところも認め合い、水に流せるような関係こそ大人の恋愛です。

人それぞれ個性があり、どんなに相性のいい恋人でも喧嘩になることもあること、そしてどんなに素敵な人でも短所があることを理解しましょう。