男女平等とはいえ、お互いできないところをうまくフォローし合えるかどうかは重要です。

お互いを大切にし、必要なシーンに応じて相手を立てることができるか否かはパートナーの考え方を尊敬できるかどうかにかかっています。