相手が辛そうにしている時、一言大丈夫と声を掛けることができるかどうか立ち止まって考えてみてください。