未来が想像できることが一方通行ではなく、交互通行になっていることも大切です。

二人で一緒にいて、未来の話ができるかどうかも試してみてください。