二人だけで見て楽しめるものであれば良かった、と最初は思っていたことでしょう。

それがいつしか多くの人の目に触れ、ファンも増えていくと目的とは横に逸れていくこともあり得ます。