携帯電話やスマホが生活の中に浸透してからは、カップルの愛情の確認ももっぱらデジタル機器によるものになりました。

そんな今の時代だからこその事情をここでは紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくだい。

1.毎日LINEのやりとりをする

LINE
イマドキのラブラブなカップル事情として、毎日LINEのやりとりをするということが挙げられます。

今はメールやSNSなど時間や場所を選ばず誰かと繋がることができます。

カップルも当然例外ではありません。

朝起きてまずは「おはよう」のメッセージ。

通勤や通学でのやりとり。

日中も送りたくなったら何気ない出来事を送り、夜も寝る前のやりとり。

そんな毎日でしょう。

当然数日に一回は必ず会っても、そのとき話せばよいようなものではなく、リアルタイムでのやりとりをしたいと思ってしまいます。

それが今の時代では可能なのです。

お互いの今の思いや出来事を今伝えなければいけないのです。

ラブラブなカップルはリアルタイムでお互いを共有しているので、会ってもすぐに会話がスムーズにできることでしょう。

動画や写真を送り合う

メッセージだけではなく、動画や写真を送り合うということもラブラブカップルはリアルタイムで行っています。

歩いていて美味しそうな店を見つけると写真をパシャリ。

そのまま彼へと「今度行こう」と送信。

また可愛い犬を見つけて動画を撮ってすぐ送信するなど、とにかく自分が目にして今相手に伝えたいことはその場で送ります。

相手が今どうしているのか、などということはさほど気にしていません。

もちろん仕事中であればいつかは見てくれるだろうと思って送ってはいますが、ときにはすぐに返信が欲しくて暴走することもあるのではないでしょうか。

動画や写真が簡単に相手に送れるからこそできることではありますが、やはりある程度のわきまえは必要かもしれません。

スタンプを送り合う

ラブラブカップルは二人だけで理解し合える方法でコミュニケーションを取るものです。

LINEではスタンプなどを送り合って楽しんでいるカップルが多いようです。

スタンプは今では探すのが大変なくらい豊富です。

そんなたくさんのスタンプから探して送ると相手からもそれに応えるべくスタンプを送ってくれます。

そのやり取りは二人にしか分かりません。

他人が目にしても意味不明なこともあるでしょう。

気が付くとスタンプだらけになっていることもありますが、二人にとっては楽しくやり取りしてことは秘密ごとのようで楽しいのです。

ビデオ通話を利用する

やはり会えない日でも顔を見たいと思うものです。

ラブラブカップルであればそれは当然で、LINEのやり取りだけでは満足できません。

最近はカップルだけではなく友達同士でもずっとビデオ通話にしたままで数時間を過ごしたり、相手の家へ行かなくても繋がることができるのでスマホがあるだけで寂しさを紛らわすこともできます。

ラブラブカップルにとってビデオ通話はとにかく便利なツールです。

相手が今何をしているのかもチェックできるメリットがありますし、お互いの顔を見て会話ができるのはメッセージには味わうことができないコミュニケーションを取ることができます。

二人だけにしか分からない言葉でやりとりする

ラブラブカップルは隠語でもやりとりも多いです。

人は仲良くなればなるほど仲間内だけで成立する言葉などができてきます。

外部からは分かりようのない言葉でやりとりすることはどんどん多くなっていくことでしょう。

カップルは特に二人だけの話題が増え、二人だけの呼び方や言葉でやりとりすることで楽しむことが多いです。

LINEでも短い簡単な言葉ですぐに理解し合えるので、長文ではなくても分かり合えるのはラブラブカップルならではでしょう。

2.スケジュール共有アプリを利用する

イマドキのラブラブなカップル事情として、スケジュール共有アプリを利用することが挙げられます。

今はアプリが豊富なのでスケジュール管理も楽になりました。

また家族や友達、そしてカップルも当然共有してスケジュールチェックするをするのはもう珍しいことではありません。

特にラブラブカップルには必須のアプリと言えるかもしれません。

ラブラブであるがゆえ、今度いつ会うことができるのか、そしてどこへ行って何をしようか二人でスケジュールを立てることが何よりも楽しみです。

いろいろなアプリを使ってラブラブを維持できるように工夫することも長く付き合うためには必要でしょう。