そんな毎日でしょう。

当然数日に一回は必ず会っても、そのとき話せばよいようなものではなく、リアルタイムでのやりとりをしたいと思ってしまいます。