根暗な男性の特徴7個!そんな男性が結婚に向いてる意外な理由5個!婚活女子必見!について
以前までは根暗な男性は暗い・無口・無表情など思われがちで女性はあまり好まなかったかもしれません。

ですが今はそんな根暗な男性がモテる時代がきています。

今回は根暗な男性の特徴やモテる理由を紹介していきます。

根暗な男性のことをぜひ知ってみてください。

根暗な男性はモテる?モテない?

根暗な男性はモテない、そう思っている人は多いのではないでしょうか。

そうなってしまったのは、根暗の人のイメージはあまり良い感じではないのが一番の要因でしょう。

ではどのようなイメージを抱いていることが多いのでしょうか。

例えば根暗な人は無口であるため話が盛り上がらない、話題がない、つまらないなど会話に対するイメージを持つことが多いです。

また地味、一緒にいてもこっちまで暗くなりそう、そんな勝手なイメージを抱いてしまうこともあります。

そう考えると根暗な男性はモテない、そう思う人は多いと思います。

一般的に根暗と聞くとカッコ悪い、と思われることが多いわけですが、実は根暗と言ってもその意味はとても広いものです。

根暗という言葉が先行してしまう男性も多いのは事実です。

実は根暗だと思わせる男性もそうではない人も多く、男性としてのモテる原石である人もいるのです。

では具体的に根暗男性のモテるモテないとはどういうことであるのか見ていきましょう。

一般的にはモテないと思われがち

根暗な男性は一般的にはモテないと思われがちです。

ではなぜモテないと思われるのでしょうか。

それは根暗な人=ネガティブと思われることが多いからです。

確かに根暗でネガティブな人もいますし、それは根暗ではなくてもネガティブな人は多くいます。

つまり根暗でネガティブで、そこに+αがプラスされることが根暗と括られてしまうわけです。

その+αはその根暗とされる人ごとに違いますが、例えば笑顔がなかったり、口数が少ない、見た目が冴えない、いつも孤独である、などなど。

もし職場でそうした人がいると「あの人暗いよね」「根暗で気持ち悪い」などと言われることにもなってしまう人もいます。

ですが実際は本人の気持ちとは裏腹であることもあります。

あまり人と関わりをなくそうしている人もいるのです。

根暗として誤解されているケースもあることでしょう。

人の本音やそのときの考えていることは他人からは分かりにくいこともあるということです。

しかし根暗な男性が好きだという女性は意外と多い

一般的にはモテないと思われがちな根暗な男性ですが、意外や意外、そんな根暗な男性に魅力を感じる女性はいます。

根暗だから彼女がいるのは変、あんな根暗と付き合うなんてどうかしている、そんなことを言う人もいることでしょう。

ですがそれは勝手な思い込みであることがほとんどです。

根暗と思われる男性でも考えに芯が通っていたり、将来を見据えていたり、男らしい面を備えている可能性は十分にあります。

ただそれが周囲には見えてこないことがイメージ的に損をさせてしまうわけです。

ですがそんな根暗男性の本質を見抜くことができる女性はいますし、言動が好みだと感じる女性は少なからずいます。

人は一方からしか見えない部分で人を判断してしまうことが多いですが、根暗な男性が好きだという女性は多方面から見ようと思う気持ちがあるということでしょう。

見極める力が冴えている女性はいます。

付き合った男性が隠れ根暗だと分かる事もある

実は付き合った男性が隠れ根暗だった、そんなこともあることでしょう。

隠れ根暗、あまり耳にしない言葉ですが付き合う前はアクティブで頼りがいのある男性であると思って惹かれていたのに、いざ付き合ってみると実はインドア派でまったく頼りがいもなかった、そんな男性だと発覚したケースは多いです。

ですがそれは致し方ありません。

男性は好意を持った女性は手に入れるまで必死になります。

そのためには何でもします。

まるで獲物を狙って狩りをする動物のような感じです。

「こんな男性だと始めから分かっていたら付き合わなかったのに」そう嘆く女性の声が聞こえてきそうです。

つまり男性を見極めることができなかった、ということでしょう。

そうは言っても意外と男性は隠れ根暗は多いです。

狙った獲物を手中に収めると気持ちが落ち着いてしまうということがあるのです。

ただ好きになって付き合ったのですから、隠れ根暗から変えていくことができるのも女性の手腕に掛かっているということでしょう。

外ではそれなりに社交的に振る舞える

パッと見は根暗に見えても社交的である人は普通にいます。

根暗に見えるという偏見が社交的ではない、という勝手なイメージ付けをしてしまうことでイメージが一人歩きしてしまう人はいます。

ですが社会へ出て働いているということはそれなりに社交的でなければできないことです。

コミュニケーションが苦手な人は根暗な人でなくとも普通にいます。

ですがそんな人も心理的には人間関係に苦労しているのです。

つまり根暗な人が社交的に振る舞えると驚ろく考えが偏っていることもあるということでしょう。

コミュニケーションを取る上で笑顔は重要なポイントです。

根暗な人がそれに驚かれるのは普段からあまり笑顔がないことが驚かれる原因となっているのは間違いありません。

根暗な人のイメージが先行してしまったことで社交的に振る舞えないという勝手なイメージが付いてしまっているのです。

身近な人にしか根暗な部分を見せない

人は多かれ少なかれ根暗な部分を持っていることがあります。

ですが、そんな根暗な部分は身近な人にしか見せない人は多いです。

例えば家族や友達、恋人など自分の本心を見せることができる相手にしか見せられないということがあります。

それはもしかすると友達だけで、家族には見せられないという人もいるでしょう。

つまり自分の心が開ける相手限定だということです。

根暗な部分、それは自分のコンプレックスであったり、自分自身嫌だと感じている感情もあるかもしれません。

ですがそれを普段見せることはできない人は多いです。

見せても仕方のないことだ、と認識しているのです。

それはプライドもありますが、何よりも自分自身の問題だからです。

自分自身の辛い気持ちはよほどの身近な人にしか見せることができない、という心理なのです。

根暗な男性の特徴7個

根暗な男性の特徴
あなたの身近にいる根暗な男性はどのような特徴があるでしょうか。

もしかすると周囲は根暗だと思っていても本人的には実感が無い人もいることでしょう。

ここではそんな根暗な男性の特徴を具体的に紹介していきます。

自分自身が根暗だと思っている人、思っていない人、男性はぜひ特徴をチェックしてみてください。

そして女性は自分の彼氏や好きな人が当てはまるかどうかも参考にしてみてください。

1.人付き合いが苦手

根暗な男性の特徴として、人付き合いが苦手ということがあります。

もちろん人付き合いが苦手というだけでは根暗に分類されることは心外だと思う人はいることでしょう。

ここでの人付き合いが苦手というのは、人を拒絶するようなところがある人です。

人付き合いで拒絶してしまうことがあるのは、人は誤解をすることが多いからです。

つまり誤解をされることが多い人は、敢えて人付き合いを避ける傾向があります。

誤解をされて生きるよりも一人でいるほうが楽ですし、誰から何を思われてもどうでもいいのです。

多くの人は人からネガティブに思われることは好みません。

そのためにストレスに感じながらも人とコミュニケーションを取ることをします。

ですが根暗な男性は本当の自分を理解してくれない人とはコミュニケーションは取れないのです。

あくまでも自分を理解して受け入れてくれる人、そういう人に巡り合えることはなかなか難しいことだということでしょう。

集団行動が嫌い

人付き合いが苦手ということは、集団行動が嫌いということがあります。

根暗な男性はひとりでの行動が多いです。

ですが男性は集団行動に対する得手不得手のある人に分かれます。

基本的に男性はひとりでの行動をする人が多いです。

ひとりでの食事は当然のこと、一人で休日を楽しんだり、一人で行動したほうが充実できる場合があるからです。

それを根暗と思われると致し方ないのですが、一人は何かと充実させることが可能です。

片や集団行動を多くする男性はいつも誰かと一緒にいます。

その中では話をしたり、遊んだりつまりコミュニケーション能力がどんどん培われていくわけです。

コミュニケーションが上手な人は笑顔を見せることも多く、話題も豊富になっていきます。

こうしたことで一人が好きか集団行動が好きか分かれていくのです。

ですが一人で行動する人は決して孤独には感じてはいません。

初対面の人がいる場には行かない

初対面の人がいる場には行かないということは人付き合いが苦手ということに通じます。

初対面の人がいる場へ行かないのは人見知りであることもありますが、一番は面倒であることがあります。

初対面であるということは相手の素性は分かりません。

また相手にも自分の素性は分からないので、お互いの探り合いからコミュニケーションが始まります。

ですが根暗な男性はこうしたコミュニケーションが面倒だと考えます。

徐々に顔を合わせてお互いを知っていけばいい、という心理があります。

また根暗な人は人間関係は必要最低限の範囲を好みます。

多くの友人を必要とはしませんし、職場でもさほど誰かと仲良くなる必要性は感じていません。

そうした心理が孤独なイメージを付けさせてしまいます。

特に初対面な人とはストレスが溜まりますし、敢えてそこへ行くことはありません。

2.無口・声が小さい

無口な男性
根暗な男性の特徴として、無口や声が小さいということがあります。

根暗な人は声を張ることはしません。

と、言うよりも普段からコミュニケーションを取ることが少なく、人とも会話は最小限であるため声のボリュームが分からないこともあるのです。

自分の声は自分自身にはそれなりのボリュームに聞こえます。

そのために自分自身に対するボリュームでしか声を発することができません。

もちろん声を大きく出すことはできるはずです。

声を大きく出すことに慣れていませんし、話題も豊富ではないため無口になることがどうしても多くなってしまいます。

普段から人と話すことをしていないといざとなったときに声がうまく出ないことはあることです。

無駄に大きいのも迷惑なことがありますが、声を出すことに慣れていないのも決して良いことではありません。

3.表情が乏しい

根暗な男性の特徴として、表情が乏しいことがあります。

根暗な男性はどうしても表情が無表情になってしまいます。

その理由として、一人でいることが多いですし、話もあまりしないために顔の筋肉を使っていないことが一つの要因です。

また笑顔になることも少ないため、いざというときに顔の筋肉が動かないことがあります。

根暗に思われてしまう男性は喜怒哀楽の経験が極めて少ないです。

もちろん自分なりに楽しんだり、喜んだりしてはいます。

ですが一人であることが多いため、どうしても自分の中だけの感情で終わってしまいます。

つまり顔の筋肉を動かしてまで自分を表現する場が圧倒的に少ないということでしょう。

良く言えばクールキャラに捉えることはできますが、クールキャラであってもいざというときに見せる笑顔は素敵に見せることができるので、笑顔の練習をすることも咄嗟の表情を見せるために大切なことです。

4.ネガティブ思考

ネガティブな男性
根暗な男性の特徴として、ネガティブ思考であることがあります。

根暗とイメージ付けられる一番の理由はネガティブ思考であることです。

ですがそうは言っても誰でもネガティブな部分はあります。

いつもポジティブでいられるような人はそうそういません。

ですが根暗な男性は常にネガティブ思考であり、ポジティブに置き換えることはできない状態です。

また物事に対して否定的でありますし、人に対しても否定的な場合もあります。

それは単純に人を認めることができない心理があります。

他人を信用していないということが他人を認めることができない原因です。

こうなってしまう理由はひとえにコミュニケーション能力が無いということが言えます。

ネガティブになってしまうのはいつも最悪のことを考えてしまったり、ポジティブになっても得だと感じたことが無いからでしょう。

気持ちの切り替えがうまくできないこともネガティブ思考になってしまう原因です。

5.ノリが悪い

根暗な男性の特徴として、ノリが悪いことがあります。

職場の飲み会などでみんなが盛り上がっているところを、隅っこで一人ノリが悪い男性がいるとどうでしょうか。

普段から根暗だと思わていると周囲は声も掛けることさえも憚られます。

それでも飲みの場ではみんなのテンションも上がるので、なんとか根暗さんにも声を掛ける人はいることでしょう。

そんな声掛けにも答えず、ただひたすら飲み会が終わるのを待つ根暗な人はノリが悪いと思われても仕方がありません。

ですがこれは仕方がないことです。

ノリが悪いのはどうテンションを上げれば良いのか分からないのです。

またテンションが上がる自分を見せるのが嫌だという心理もあります。

こうした人が下手にテンションを上げると暴走しがちです。

そのためノリが悪くても周囲はやさしく見守ることが賢明かもしれません。

6.インドア

インドアな男性
根暗な男性の特徴として、インドアだということがあります。

基本、根暗な男性はインドア派です。

自分の部屋の中で休日を過ごす、これほど幸せなことはありません。

部屋の中は自由ですし、何をしても許されます。

好きなことをして過ごすことはこの上ない幸せです。

自分の世界の中で自分だけの世界を過ごすことはストレス発散もできるのです。

ただずっとこもりがちなのかと言うとそうでもありません。

アクティブな面ももちろんあります。

ですがそれも自分の世界の中での活動です。

好きなことが外にあれば外出も当然します。

つまり一人での行動が主流なので一人で自由な時間を過ごすということでしょう。

7.自分に自信がない

根暗な男性の特徴として、自分に自信がないことがあります。

根暗な男性は他人の事を信用できない心理がありますが、かと言って自分に自信があるわけでもありません。

自分自身にも自信を持てないでいます。

そのために自己主張も苦手です。

周囲から主張を押し付けられると反論することは難しく思えてしまいます。

つまり周囲に流されがちになってしまうのです。

ですが敢えて周囲に流される人もいます。

そのような人は自己主張することが面倒に感じています。

主張することは発信しなければならないので疲れます。

疲れることはしたくない心理があるのです。

根暗な人は何に対しても面倒だという意識があるのでそのような考えになってしまうということでしょう。

そんな男性が結婚に向いている意外な理由5個

ここまでは根暗な男性のネガティブな部分を紹介しましたが、そんな根暗な男性は最近では結婚に向いているとして女性にはモテています。

ではなぜ急にモテ出したのでしょうか。

ここでは根暗な男性が結婚に向いている意外な理由を紹介していきます。

意外な理由を知ると根暗な男性を探したくなるかもしれません。

ぜひチェックしてみてください。

1.浮気の心配をしなくて良い

根暗な男性が結婚に向いている理由として、浮気の心配をしなくて良いことが挙げられます。

イメージが根暗というだけで敬遠する女性は多いです。

そのため根暗な彼氏が浮気してしまうということは心配しなくても良いと言うことになります。

女性にとって恋人が浮気をするということはそれ以降の付き合いを続けるか否かという最終結論まで出さざるを得ない重要な問題です。

もしイケメンな彼氏と付き合っていると浮気の心配がいつも付いて回ります。

また特にイケメンではなくても、男性はいつ浮気をしてしまうかもしれないということが彼女にとっていつも頭にあることでしょう。

ですが根暗な彼氏は浮気の心配をしなくていいという安心感を持つことができるのです。

根暗な男性はまずモテないということもありますが、何より男性自身が自分に自信がないので浮気しようがないと考えます。

ただしここで重要なことは、女性は人のものを欲しくなるということです。

根暗で嫌なイメージでも人のものだと良く見えてしまうものなのです。

根暗な男性でも彼女がいるという時点でなにか魅力的な男性なのか、という先入観が女性を惹きつけることにもなる可能性があります。

根暗な男性は浮気の心配はないということに過信せず、やはり付き合ったら逃さないようにしていくことが大切でしょう。

飲み会などに参加しない

飲み会
根暗な男性は浮気をしない、という根拠に飲み会などに参加しないことがあります。

もともと人とのコミュニケーションを苦手とすることから、よほどの事が無い限りは飲み会やイベント的なことには参加をしないため出会いがありません。

出会いが無いということは当然浮気はしないということになります。

根暗な男性にとっては人付き合いが苦手であり、集団行動も苦手ですからそもそも浮気などは毛頭考えることはありません。

そのようなことをして無駄な時間を過ごすということが、いかに生きていく上で能率が悪いかということも考えます。

飲み会などに参加をするよりもひとりの時間を大切にしたいと考えるので、もしかすると彼女も置き去りにされることも無きにしも非ずということでしょう。

休日は家にいる

根暗な男性はインドアであることが主流の生活ですが、女性にとっては根暗な男性は浮気をしないという根拠はその点も安心できるということになります。

主に休日は自分の世界観の中で過ごすことが多いので、休日は家にいることが多いです。

家に居るということは他の人と出会うことは無いわけです。

その結果、当然浮気は無いと思えます。

ただし、今は外に出なくても出会うことはできる時代です。

もし彼がゲームなどの趣味がある場合は、オンラインゲームなどインターネットを介して出会う機会はあるのです。

またSNSであったり、スマホは何とも便利なツール満載です。

彼女にとっては休日在宅は安心できるかもしれませんが、やはり彼を近くで見守るということは必要になりそうです。

2.無駄遣いをしない

根暗な男性が結婚に向いている理由として、無駄遣いをしないことが挙げられます。

仕事以外は基本的に家から出ることがないのでお金も使うところがありません。

そのため無駄遣いをしないということが女性にとってはメリットだと言えます。

ただし、根暗な男性もただ黙って家にいるわけはありません。

意外と多趣味なので趣味へお金を使うことはあります。

趣味によっては費用がかかることもあるので節約家というわけではありません。

つまり自分のためのお金は使いますが、自分以外のことは興味がないことから無駄な使い方はしないということです。

そのため、自分以外のことに関してはケチになることもあります。

もし根暗男性と付き合っても自分以外のことはお金を使いたくないこともあり、プレゼントなどは期待できないかもしれません。

貯金ができる

自分以外のことにはお金は使いたくない根暗男性ではありますが、もし結婚をしたら財布の紐は締めるタイプかもしれません。

そうは言ってももちろん自分の趣味にはお金は使います。

ですが結婚した以上は考え方はやはり自覚を持つようになっていきます。

結婚をしたらまずはお金の使い方は話し合うべきことでしょう。

まずは自分のために使うお金はそれまでよりも少なく、そして削るところは削って貯金ができるようにしていくことが好ましいです。

いくら根暗男性で金遣いは荒くないと言っても、やはり財布の紐を締めていくように話し合っていきましょう。

3.女性が主導権を握れる

根暗な男性が結婚に向いている理由として、女性が主導権を握れるということが挙げられます。

根暗男性は自由に生きています。

縛られることがないことが日々の生活の大前提であったことから人付き合いもそれほどなく、一人での行動をすることがほとんどでした。

そんなときに彼女ができるとそれまでの生活は一転します。

なんでも一人というわけにはいかなくなります。

ましてや結婚するとなると完全に一人では生きることはできないのです。

もしかすると結婚生活に苦痛を考えることも十分あり得ます。

そんなときには、女性が主導権を握ることが必要となってきます。

なぜなら女性が主導権を握らなければ根暗男性は一人を求めてしまうからです。

ですが逆に女性が主導権を握ると、女性の言う通りに動いていれば自分であまり考える必要もなくなるので気持ち的には楽になるはずです。

根暗男性を思いのままに動かせるかどうかは女性の手腕に掛かっているのです。

反論を言わない事が多い

根暗男性は反論を言わない事が多いです。

言う気もなければ反論など思いつかないと言ったほうが正しいかもしれません。

言うだけの反論を思いつかないこともありますが、何より面倒だということも反論を言わない理由の一つです。

もし結婚をしたらやはり反論は言わないでしょう。

ただこのタイプの男性は女性主導で生活しているとストレスを溜めやすいため、あまりに溜め込んでしまうと突然居なくなってしまったり、より閉鎖的になることもあるのでストレスを溜め込んでしまう前に自由を与えてあげることはしてあげてください。

そもそもリードしたいという気持ちがない

根暗男性にとっては何もかもが面倒に感じています。

そのため女性が主導権を握ってもなんとも感じませんし、そもそもリードすることなどはまず考えていません。

それは仕事でもそうです。

とてもリーダー的存在にはなれないことも性格的にありますが、そもそも向上心にも欠けている面があるので仕切るというタイプではないでしょう。

結婚をすると自由に動き回ってしまうタイプでもあるので、女性がそれにレールを敷いてあげることも大切なのです。

4.喧嘩が少ない

根暗な男性が結婚に向いている理由として、喧嘩が少ないことが挙げられます。

今まで説明しましたが、根暗男性は何に対しても面倒が付いて回ります。

もし相手の言葉に反感を一瞬持ったとしても喧嘩になることはありません。

そこで考えることを諦めてしまう傾向があります。

喧嘩をしてもその後のことが面倒だと分かっていますし、それであれば喧嘩しないほうが良いことも分かっているのです。

女性にとっては付き合っていくうちにだんだんと不満を持っていき、喧嘩をすることでスキンシップを取ることができるのですが、根暗男性にとってはそれはもっとも避けたいと考えるところです。

喧嘩をしてもメリットを感じない、というところが本音でしょう。

5.ずっと一緒にいても疲れない

根暗な男性が結婚に向いている理由として、ずっと一緒にいても疲れないことが挙げられます。

根暗男性といると一人で自由に過ごすことが多いため、お互いを尊重するように過ごすことで空気のような存在になっていきます。

もちろんそれが嫌な女性もいるはずです。

そうした女性は根暗男性との結婚は向いてはいません。

共に尊重し合いたいと思っている人が根暗男性との結婚に向いています。

あくまでも根暗男性にとっては、平穏に、静かに、自由に、そしてダラダラと過ごすことをしたいのです。

そんな根暗男性と一緒にいると女性は疲れません。

依存してきたり、強要することもないのでお互い尊重し合って生活していけるのです。

女性も自由を求めたい人は根暗男性は相性が良いと言えるでしょう。

刺激的ではないが平凡な日々を過ごす相手にはぴったり

ここまで根暗な男性についていろいろ紹介してきましたが、根暗男性は平凡を求める女性にとってはピッタリの相性だと言っても過言ではありません。

ただし女性は刺激をどこか求める人は多いです。

人はどこか刺激を欲しています。

ですが実際に刺激を受けることを目の当たりにすると平凡が一番、と改めて実感することになります。

結局のところ、平凡が一番、それにつきます。

特に女性は結婚に安心を求める人が多いです。

それは平凡であるがゆえに安心になることができるのです。

根暗男性に刺激を求めることは難しいかもしれませんが、平凡な日々は与えてくれるでしょう。

根暗男性は恋愛よりも結婚向き

根暗男性は恋愛よりも結婚に向いています。

その理由としては、根暗男性は恋愛経験は豊富ではありません。

人付き合いはあまりありませんし、何より女性から敬遠されることのほうが多いので付き合うきっかけがないのが原因です。

そのこともあり、もし付き合うことができると女性には一生懸命になります。

それは依存という意味ではなく、真剣に向き合ってくれるということです。

女性は男性が真剣に向き合ってくれると安心を得ることができます。

つまり意外ですが根暗男性は包容力があるのです。

もちろんお互いを尊重することが2人の恋愛の条件です。

根暗男性は相手を大切にしたい気持ちはありますが、自分も大切にしたいタイプなのです。

そのため恋愛で付き合うよりも結婚をして一緒に過ごして生活したほうがお互いにはメリットが多いのです。

付き合っている段階でも結婚をイメージしやすい

根暗な男性とは付き合っている段階でも結婚をイメージしやすいということがあります。

根暗な男性は恋愛でも結婚をしても特に変わることはありません。

あくまでも女性に対してはマイペースを貫きます。

もちろん恋愛時期でも女性に対しては優しいですし、真面目に付き合ってくれます。

大抵の男性はいざ結婚をすると何もしてくれない、仕事が忙しいと家庭を顧みてくれないなど不満ばかりになります。

ですが根暗男性は結婚をしてもあまり変わることはないでしょう。

そのため付き合っているときから結婚生活をイメージすることができるのです。

女性にとってはそれが一番の安定した生活のイメージとなることでしょう。

今ままではスルーしていた根暗男性に一度目を向けてみてはいかがでしょうか!

恐らく多くの女性は根暗男性を陰では「キモイ」「苦手」と敬遠していた人が多いのではないでしょうか。

ですがそれはまったくの偏見です。

根暗に見える男性でも実はまったく違う素顔を持っていたり、逆にいつも明るい人なのに実は根暗だった…など紙一重である場合もあるのです。

人は見た目通りではないことも多いです。

まずは今まではスルーしていた根暗男性に声を掛けてみてください。

案外話も合って楽しく感じたりするかもしれません。

ぜひ素敵な男性の原石かもしれない根暗男性のことに目を向けてみましょう!