人の顔が覚えられない人の対処法5選!婚活や恋活に活用できる、失礼な女性と思われない方法を伝授します!について
「気をつけてはいるのに、人の顔がどうしても覚えられない…。」

この記事では、人の顔を思えるのが苦手なあなたのために、ピンチの時に使える対処法を5選ご紹介します。

婚活や恋活で、相手を不快にさせない方法も合わせて教えちゃいますよ!

人の顔が覚えられず困っているあなたに

「久しぶり!」と相手に声を掛けられたはいいけど「この人、会ったことある人…?」どうしても思い出せない、その人の顔。

失礼だと頭ではわかっていても、日々忙しい中で、出会った人の顔を全員覚えているということは難しいものですよね。

お互いにそうならいいのですが、相手が自分のことをしっかりと覚えている場合は、申し訳ない気持ちになりますし、焦ってしまうでしょう。

相手が一生懸命会話を盛り上げようとしてくれても、あなたの心の中では「この人、誰だっけ?頑張って思い出さないと…」という気持ちでいっぱいになってしまい、全然相手の会話が耳に入ってこないなんて場合も。

「人の顔が覚えられなくて、本当に困っている。」「大切な出会いを逃さないためにも、今のうちに対処方法を知りたい!」そんな風に思っている女性も、多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、この記事では「人の顔を覚えれられない人の対処法を5選」ご紹介します!

色々なやり方があるので、ぜひ自分に合った対処法を試して素敵な出会いを逃さないようにして下さいね!

人の顔を覚えられないのは失礼に当たる

相手はあなたのことを、お互いに知っているつもりで、話しかけたのに、あなたが「え?この人、誰?」という表情を浮かべていたらとても失礼ですよね。

あなたに好意があった男性かもしれないのに、相手の男性は「迷惑だったのかな…」なんて思って、もうあなたに声を掛けてくれないかもしれません。

逆の立場になって考えてみても、あなたが相手の顔を知っているのにもかかわらず、相手が「この人知っている人?」というような顔をしていたら、なんだか気まずいですし、自分に興味がないんだなと思ってしまいますよね。

人の顔を覚えられないというのは、どんな場面でも相手に対して失礼に当たってしまいます。

場合によっては「常識のない女性」と思われてしまうかもしれません。

そんなことにならない為にも「人の顔が覚えられない…」と気づいた瞬間から、対処しておきましょう。

逆に人の顔が覚えられて損をする機会は全くないのです。

相手から話しかけられた時に「◯◯さん久しぶりですね!」と相手の顔がすぐ出てくるように、普段から心掛けておくことが大切なんです。

恋活や婚活の場面でも重要な問題

人の顔が覚えられないというのは、恋活や婚活の場でも、損をしてしまうようなことになりがちです。

一度出会った男性と、その時は楽しくお話をしたのに、次に会った時はその男性の顔を忘れてしまい、話の辻褄が合わないなんてことがあれば、もうその男性はあなたに対して、恋愛対象として見るのを、辞めてしまうかもしれません。

特に、男性側があなたに興味がある場合でも、あなたが人の顔を覚えていなければ男性は「自分のことは恋愛対象外に見られてる」なんて思ってしまいますよね。

人の顔を覚えれらないというのは、日常の中で失礼に当たるだけではなく、大切な運命の男性を逃してしまう可能性もあるということ、考えたことはありますか?

人の顔が覚えられないのは恋活、婚活をしていく中で、実は結構重要な落とし穴なんですよ!

人の顔を覚えるコツをおさえよう!

「人の顔を覚えられる自信がないから、恋活、婚活に積極的になれない」「相手に失礼な態度を取ってしまったらどうしよう…」そんな風に人知れず悩みを抱えている女性もいますよね。

でも大丈夫!この記事ではそんな女性のために「人の顔を覚えられない人の対処法」をたくさん紹介しています。

今まで恋活、婚活を頑張りたいのに、人の顔を覚えられないことが原因で、恋活、婚活を断念してしまったなんて女性の方も、人の顔を覚えるコツをおさえて、また楽しく恋活、婚活をはじめちゃいましょう!

コツといっても、今すぐに活用できるものばかりなので、是非あなたの恋活、婚活に今日から活かして下さいね!

人の顔を覚えられない人の対処法5選

悪気はないのに、つい人の顔を忘れてしまう。

相手の顔を忘れてしまったばっかりに、気まずい思いをした経験を繰り返している女性の方も多いのではないでしょうか?

人の顔を覚えられないだけで、あなたができる恋愛や婚活の幅ってすごく狭くなってしまうんです。

なるべく多くの男性と知り合って、よりあなたに合った運命の男性に出会いたいですよね。

「人の顔が覚えられらないことが、もはやトラウマ…」なんて女性の方も心配いりません!

これからは人の顔が覚えられない人の対処法を活かして、楽しい恋活、婚活をはじめましょう!

メモを取る

メモ
人の頭で覚えられる情報量には、限界があります。

その時は覚えていても、他の男性と会話しているうちに忘れてしまったり、何か他のことをしているうちに「なんだっけ…」となってしまうこともありますよね。

あなたの記憶を、誰も代わりに覚えておいてくれる人はいないんです。

なので、人の顔を覚えられないという人は、自分の記憶に頼るということはやめて、これからはメモを取るようにしましょう。

男性と話をしている間にメモを取るのに抵抗があれば、その男性と会話が終わったタイミングでもいいので、覚えていることを全てメモに残しましょう。

メモのいいところは、その時緊張していっぱいいっぱいになってしまっていても、あとから冷静な状態でそれを見返せるということです。

後から見返すことで、あなたの記憶にも残りやすくなりますよ!メモを繰り返し取るうちに、自然と記憶力がアップしていた!なんてこともあります。

顔の特徴

まずは、忘れてはいけない顔の特徴です。

目は一重か二重か。

鼻の大きさや、口の大きさはどうか。

顔に印象に残るほくろや、傷などはなかったか。

とにかくこの人の顔といえば、ここ!という印象的な部分をおさえましょう。

顔の自身の特徴だけではなく「考えている時には、顎に手を添える」「驚いた時に口を隠す」など顔にまつわる、仕草やその人がよく取るポーズなんかも一緒に書いておくと、あとからピン!ときやすくなります。

名前

やはり顔と一緒に、名前も一緒に覚えているのがマストです。

相手が知っている人だと分かった時に「◯◯さん、こんにちは!」としっかり名前を呼ぶことができたら、相手は「覚えててくれた!」とその距離は一気に縮まります。

慣れないうちは、顔の特徴と名前だけでもいいのでメモしておくととても安心しますよ。

名前はフルネームではなくても、下の名前、上の名前、あだ名など覚えやすいものでいいんです。

やはり出会いの場において、名前と顔を一致させるというのは、基本中の基本です。

しっかりとメモを取って、次回に備えましょう。

性格の特徴

顔や名前の他にも、性格の特徴をメモしておくことで「あの人だ!」と思い出しやすくなります。

物腰柔らかい性格。男気あふれる性格。

男性といってもその性格はさまざまなので、よりその人がどんな人か認識するために、性格を書いておくことで、よりその人を想像しやすくなりますよね。

まだその人の性格について詳しくわからなければ、第一印象や、話をした時の印象でも大丈夫!「優しいイメージの人だった」「自分をリードしてくれそうな印象だった」そんなメモの残し方でもOKなんです。

聞いたエピソード

その人を覚えておくためには、その人からあなたが直接話したエピソードをメモしておくのも効果的です!

恋活や、婚活の場には無数の男性がいるので、はじめの数人は覚えていても、何十人単位になってくると、誰がどれで…と混乱してきてしまいますよね。

そんな場合にも、あなたがその人と話したその人からしか聞けない話をメモしましょう。

こんな趣味を持っている。

休みの日の過ごし方はこう、子供の時はどんな子供で…など、その人との会話の中で、特に印象に残ったエピソードをメモしておくことで、何かの話のきっかけで「◯◯の話をしてくれた人だ!」と思い出すことができるんです。

服装

服装
たくさんの男性がいても、男性同士で上から下まで服装がだだ被りすることは滅多にないですよね。

その時の服装をチェックしておくことで、人の顔を覚えることのきっかけにすることができます。

上の服や、下の服だけではなく、腕につけている時計であったり、靴やアクセサリーなど、とにかくその人らしい服装の特徴を見つけてメモしておきましょう!

持ち物

服装にプラスして、持ち物の特徴をメモしておくのも効果的です。

「割と大きめのリュックを背負っていた」「動物柄のスマホケースをつけていた」など、持ち物にはその人の個性が現ることが多いので、ふとした時に見つけたその人の持ち物をチェックして、忘れないうちにメモしましょう。

髪型や髪色

その人の顔を覚える際に一緒に見て欲しいのは、顔つきだけではなくその髪型や髪色です。

男性の好みや職種によって、髪型にもその人らしさって自然と出るものなんです。

ミュージシャンやタレントでも、なんだか顔はぼんやりとしか覚えていないけど、その髪型が印象的で、その人のことを覚えているなんてこともありますよね。

その人の髪型は、短いのか長めなのか。

髪色は黒髪か、割と明るめなのか。

男性の中には、ワックスやコテを使ってヘアセットにもこだわりを持っている方も多いので、顔の印象と共に髪型や髪色もしっかりとメモを取っておきましょう!

自分との関係性

顔の具体的なパーツや髪型よりも、その人との会話や、自分との関係性で「あの時のあの人!」なんてその男性を思い出すことができる場合もあります。

「今日初めて会った男性」「自分に対して、好意を持ってくれていそうな印象を持った」など、相手と自分が現在どのような関係であるかをメモしておくことで、より相手のことを具体的にイメージしやすくなり、自然と相手の顔を覚えられるようになるということもありますよ。

顔のイメージ以外にも、その男性と自分との関係性や、話の内容で印象に残ったことなどをしっかりと書き残しておきましょう!

写真を撮る

写真を撮る女性
メモだけでは不安という場合には、思い切って写真で相手の顔を残しておきましょう。

その際には、写真と一緒に名前もメモしておくことも忘れずに。

メモのような文面だけでは、どうしても相手の顔のイメージが思い出しにくいという場合には、写真はかなり有効な方法です。

写真を撮るという場面でも、相手のことを一方的に写真におさめるのは相手も緊張してしまうので、集合写真や自分とのツーショットなど、あくまでも人の顔を覚えるためにという内容は伝えず「思い出のため」というスタンスで相手の写真を撮らせてもらいましょう。

写真に残すという行動をあなたが相手にとることで、相手の男性も「自分のことをしっかりと覚えていてくれようとしている」と好感を持ちますので、人の顔を忘れないために、ぜひ試してみましょう!

集合写真を保存する

集合写真なら、その場のノリであったり、複数写る写真なので、お互いにそこまで緊張する必要もなく写真を残すことができますよね。

ただし、注意なのは集合写真なので複数人女性と男性が写真の中に写ってしまうという点です。

折角相手の顔を写真に残したにもかかわらず、写真の中の人数が多すぎて、結局誰が誰か分からなくなってしまったということになってしまうと、意味がありません。

なので、集合写真を保存する際には、覚えている限りの情報を写真と一緒に残しておきましょう。

後々見返した時にも、この人はこういう名前で…と思い出しやすくなります。

個人的に写真を撮る

可能であれば、集合写真ではなく個人的に写真をお願いしましょう。

相手とのツーショット写真なら、よりその男性の顔をしっかりと形に残しておくことができるので、あとで見返す際にもその顔をより思い出しやすくなります。

特にあなたがその男性に好意を持っている場合には、次に会った時に顔を思い出さないなんてことがあれば、折角のチャンスを逃してしまいます。

特に忘れてしまいたくない男性に出会った際には、集合写真ではなく、個人的な写真をお願いしてみましょう。

「折角出会えたから記念に写真が撮りたいな」とお願いしたり、正直に「あなたのこと忘れてしまいたくないから、写真お願いできますか?」と伝えるのもいいですね!

現在はほとんどのスマホや携帯電話に写真機能がついているので、わざわざカメラを持っていかなくても、その場のノリで気軽に誰かと写真が撮れる環境にあるのが嬉しいですね。

相手の男性が写真に躊躇していたとしても「かっこよく撮れるアプリがあるから大丈夫だよ!」とアプリのカメラ機能を使って、写真が綺麗に残せることもあわせて伝えてみましょう!

隠し撮りをする

写真を撮りたいけど、どうしても勇気が出ない。

集合写真を撮ろうという空気ではない時は、最終手段としてこっそりと隠し撮りをしましょう。

もちろん相手に許可を取って、写真を撮ることができればそれが一番いいのですが、時間がなかったり、他の誰かと会話をしていて、もう写真をお願いするようなチャンスがないなと思えるような場面では、隠し撮りをするというのも一つの手段です。

ただ、隠し撮りがバレてしまったり、こっそり撮るつもりが、なかなかうまく撮れなくて、結局諦めてしまうということにもなりかねないので、隠し撮りはあくまでも最終手段としてとっておきましょう。

顔が覚えられないキャラになる

「色々と対策は取ってみたけど、私はどうしても顔を覚えることが苦手だ」と思ってしまったり「緊張のあまり男性とお話するだけで精一杯」と思ってしまうような女性は、覚えるという行動より、その場をどう乗り切りかを知っておいた方が安心です。

顔が覚えられない自分に対して引け目を感じることもあると思いますが、恋活や婚活の本来の目的は、素敵な男性と恋愛をしたり、結婚をすること。

人の顔を覚えることはとても大切ですが、あまり考えすぎて恋愛や婚活自体を諦めてしまうとなると本末転倒です。

そんな悩みを持っている女性の場合は、あえて初めから「顔が覚えられないキャラ」になってしまいましょう。

「私は顔が覚えられないキャラを演じているんだ」と思えば、少しは気持ちも楽になってきますよ。

可愛く言い訳して誤魔化す

ポイントは「可愛く」という点です。

相手があなたのことを知っているにもかかわらず、相手の顔を覚えていない時に、無愛想に黙っているようでは、あなたのイメージは悪くなってしまいます。

もし相手の顔を思い出せないような場面に遭遇したとしても「顔がカッコいい男性に対しては、特に緊張してしまって、顔を忘れてしまうんです…」などど女性から言われても、男性は悪い気はしないものです。

自分に対して一生懸命で、空回ってしまった結果顔を忘れてしまったという気持ちが男性にしっかり伝われば、男性からしてもなんだか忘れてしまったこと自体可愛く思えるものなので、女性の武器である「可愛さ」をうまく使ってその場を乗り切ってしまいましょう!

前置きでごめんなさいと謝る

謝る女性
顔が分からない相手って、思い出そうとしても、結局最後まで顔が出てこなかったりするものですよね。

自分の記憶力に自信がないなんて女性の場合は、前置きで「どうしても思い出せなくて…ごめんなさい」と素直に謝ってしまいましょう。

同時にどんな男性が相手でもそうなってしまうことを伝えれば、男性も「自分に興味がないから忘れてしまった訳ではない」「こういう女性なんだ」ということが分かり、そこまで印象が悪くなることもないでしょう。

素直に「ごめんなさい」と言える女性は、男性からしてみれば「仕方ないな〜」なんて可愛く見えてしまうものなんです。

男性はプライドが高い生き物です。

「あなたに魅力がないから」「意中にないから」そんな風に相手が捉えてしまうような態度をとってしまうと、男性は知らないところで、ショックを受けていたりするんです。

なので、あなたからあえて「ごめんなさい」と伝えることで、その男性を傷つけることなく、その後のやりとりもスムーズの進むということもありますよ!

その都度しっかり聞く

その時は、その男性の顔を思い出せなくても、その都度しっかり相手に質問したり、相手に自分とのシチュエーションを聞き出すことで、「あ!あの時の!」なんて思い出せることもあります。

知ったかぶりをして、なんとなく話の辻褄を合わせていると、ある時に「あれ?」となる場面が出てきてしまいます。

そんなことになってしまうと、相手の男性も「適当に話を合わせていただけか…」とがっかりしてしまいますよね。

人の顔を覚えられないということを初めから割り切って、その都度しっかり相手の話を聞いたり、質問することで忘れてしまっていたとしても、誠意を持って自分に接してくれていると男性は感じるので、余計なプライドは捨てて、覚えられないキャラを良い方向に活かしていきましょう!

その都度人に聞く

自分だけでは、人の顔に対しての記憶力に自信がない時には、自分以外の誰かを頼りにするという方法もあります。

この方法を試す時には、事前に周りの人にあなたが「人の顔を覚えるのが苦手」ということを伝えておきましょう。

丁寧に「どうしても覚えられない」ということが伝えられれば、聞かれた方もそんなに悪い気持ちにはなりません。

折角の出会いを人の顔が覚えられないということで、台無しにしてしまうのは勿体無いので、ぜひこの機会に周りの人のも協力しもらいましょう。

あなたが一生懸命、恋活、婚活をしている姿を普段から見ていれば、きっと力を貸してくれますよ!

仲の良い人に聞く

仲のいい友達や、婚活に一緒に通っている女友達がいれば、あなたの強い味方になってくれます。

あなた自身は忘れてしまっていたとしても「あの人知ってる?」なんて、その都度友達に聞けば「この間話していた、◯◯さんだよ。ほら、あの時…」と会話しているうちに、思い出せるということもあります。

仲のいい相手なら、聞きやすい相手でもありますし、あなたのことをよく知っている存在でもあるので、自然とあなたと相手の男性が話している姿を目にするなんてシチュエーションも良くあります。

仲のいい友達や、婚活仲間はあなたの強い味方です。

自分一人で不安な場面にも、仲のいい人を頼ってその場を乗り切りましょう!

第3者に聞いてみる

その場に仲のいい友人や、顔の知っている人がいないという場合には第3者に聞いてみるというのも一つの手段です。

婚活の場であれば、会場にスタッフやコンシェルジュの方が必ず数人は在籍しているので、頼りにできる人がいない場合は、迷わず声を掛けましょう。

他にも、同じ場所で、その顔を思い出せない男性と話している姿を見かけた人がいれば、その人に顔が思い出せない人について、教えてもらうのもいいですね。

顔が思い出せない相手に対して、誰かに助けを求める時は、より丁寧に尋ねるのが大切です。

その尋ねた第3者は、あなたが顔を忘れてしまった相手と繋がりがある場合が多いので、あなたの尋ねる態度が悪ければ「あの人、あなたのこと、誰?って聞きにきたよ」なんて、のちのちその時印象が悪かったことを伝えられてしまうかもしれません。

そのようなことが頻繁に起こるわけではないですが、第3者というのは親しい友達のような関係ではないので、その人について尋ねる時には、より慎重に丁寧に聞いてみましょう。

本人にさりげなく尋ねる

本人と話す前に、その人のことを思い出せるようなきっかけやヒントがあればいいのですが、思い出せないままその人と対面してしまうような場面もよくあります。

もうその時がきてしまった場合には、本人にさりげなく尋ねてみましょう。

ポイントは「さりげなく」という点です。

お相手の顔が思い出せないからといって、いきなり「あなた誰ですか?」と相手に聞くのは失礼です。

相手の様子を見ながら「きっと一度、お会いしてますよね?」などと柔らかく言い回して本人に直接尋ねましょう。

同じ内容であっても、あなたが開き直ったような、悪びれた態度がなければ、あなたの印象はとても悪くなってしまいます。

しかし、さりげなく聞くことで、相手もそんなに気分を害すことはありません。

あくまでもさりげなく尋ねてみましょう。

人間関係を絞る

自分は記憶力に自信がない。

覚えられる気がしないという場合には、思い切って人間関係を絞るというやり方を試しましょう。

1人や2人なら覚えられるけど、10人以上になってくると…という、全く覚えられないわけではないけど、人数が多いと難しくなってしまう女性もいます。

なので、自分のできる範囲ではじめから人間関係を絞って、覚えておきたい人の顔は、絶対に忘れないという方法をとることで、より効率よく人の顔を覚えられます。

あなた自身も覚えておかなくてはいけない人間関係を絞ることで、少しほっとするかもしれないですね。

重要な人だけ覚える

とにかく重要な人にだけ、記憶を集中させるという方法です。

初めから人数をたくさん増やさないと決めていれば「この人のことだけを憶えていればいいんだ!」と記憶にも残りやすいですし、その人のことだけ集中して覚えておくことができます。

その日たくさんの男性と交流を持ったとしても、その中でピン!ときた男性であったり、一緒にいて安心するなど、特に印象が良かった人だけに絞って、その人のことを覚えておくようにしましょう。

重要な人だけ覚えることによって、その人のことをより深く詳しく覚えておくことができるので、その男性と再開した時にも相手の男性を喜ばせることができますよ!

許してくれる人だけ接する

特に覚えておきたかった人にも関わらず、いつも緊張で忘れてしまう。

後々冷静になった時には思い出せるのに、目の前にきた時にすぐ出てこない。

あなたがそんな風に、人の顔を覚えられないことに悩んでいるのなら、それもあなたらしさであり個性です。

あんまり考え込まず、そんな時はそれでもあなたのことを、許してくれる人とだけ接しましょう。

あなたが人の顔を覚えることができなくても、相手があなたの他の魅力に気づき、他のところであなたを評価してくれることもあります。

そんな自分を受け入れてくれて、許してくれる人とだけ接することで、あなたの心の負担も軽くなりますよ。

狭く深く友人を作る

友人
人の顔を覚えるのが苦手なあなたは、広く色んな知り合いや、友達を作ることは難しいかもしれませんが、より狭く深い範囲で本当に信頼できる人に巡り逢える可能性があります!

自分が人の顔を覚えられないことに、コンプレックスを感じてしまっているかもしれませんが、狭く深い友人関係であれば、あなたが自分の記憶力に対して悩むこともありません。

自分がそういう人だと割り切って考えて、狭い範囲で深く付き合える人を探しましょう!

人間関係を絞ることで「婚活の選択肢が減ってしまうのでは…」と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。

しっかりと周りの人たちのことを覚えることができたら、また1人、2人と人間関係を増やしていけばいいんです。

まずは、狭く深く友人を作るところから始めていきましょう!

人の顔が覚えられる素敵な女性になろう

同じ女性であっても、2回目に会った時に「◯◯さん、久しぶりですね!」と顔を覚えていて、反応してくれる女性には男性は誰しも好感を持ちます。

人の顔を覚えているというのは、普段の生活においても非常に大切なことですし、それが恋活、婚活であった場合は、よりあなたに惹かれる男性は増えるといっていいでしょう。

しかし「どうしても人の顔を覚えられない」という女性の場合にも、心配はいりません。

人の顔が覚えられないというのを、むしろ活かして「可愛い女性」を演じてしまうのもテクニックですし、人間関係をより絞ったり、周りの友達に協力してもらうなどして、なんとかその場を乗り切ることだってできるんです。

人の顔を覚えるのが苦手でも「この人!」という人に出会えたら、その人だけに集中することで、その人のことはしっかりと覚えていられた!という体験をすることもできます。

全部は覚えていられなくても、大切な人はしっかりと顔を覚えて、あなたの恋活、婚活に活かして下さいね!