キスマークつけられた時の対処法!誰にもバレない隠し方教えます!について
彼との愛を育んでいる時、お互いの気持ちが高ぶって、盛り上がりキスマークを付けられた経験があるという人は意外に多いのではないでしょうか。

見えない場所であれば問題ありませんが、見える場所に付けられてしまった場合は困りますよね。

そのまま外出や人前に出る事は難しいので何とかして隠したいと考え悩むでしょう。

この記事では、キスマークつけられた時の対処法をご紹介したいと思います。

隠したい時に、ぜひ参考にしてみてください。

キスマークをつけられた、どうしよう?

キスマークを付ける位置で多いのは、首筋ではないでしょうか。

首筋などあえて人目につく場所にキスマークを付ける心理として、「自分の女」である「自分のもの」と、彼女の回りに知らしめたいという男性の愛らしい『独占欲』が見え隠れするキスマーク。

そんな彼の愛情表現が嬉しくもある一方、付けられたキスマークをそのままにするのは、恥ずかしいと感じる人や社会人のマナーとして隠したいと思う人が多いのではないでしょうか。

特に職場に行く際は、自分のプライベートな恋愛事情を知られたくない、もしくは突っ込まれたくないと思う事でしょう。

そのときは嬉しいけど後から冷静に…

鏡で見てキスマークがあったら、その時は嬉しく感じたり幸せな気持ちになるかもしれません。

しかし冷静になって考えると、『どうやって隠そう?』と外に出かける前に悩んでしまう事も多いのではないでしょうか。

冬であれば、タートルネックなど肌を露出しない服装をすれば、気にならないかもしれませんが、暑い時期だと服で隠すのも一苦労です。

キスマークは人にバレたら恥ずかしい!

恥ずかしがる女性
キスマークが見えていると、どうしてもその人の性生活を連想させてしまいます。

気にしない女性もいるかもしれませんが、多くの女性は隠したい、人に見られたくないと感じるでしょうし、職場に行く際はマナーとして隠した方が無難です。

言葉に出さずとも、どんな風に思われるかは想像するだけでも恥ずかしいですよね。

良識ある人なら、気付いたとしてもキスマークに突っ込んでくるよう事はしないと思いますが、中には変な噂を立てる人や、セクハラまがいのからかいをして来るような人間がいないとも限りません。

面倒事を避けるためにも、恥ずかしいという感情からもキスマークは人前や外出する際には『隠したい』と考える女性が圧倒的に多いのです。

次はキスマークとはどういうものなのかについて触れていきます。

そもそもキスマークは何が起きているの?

そもそもキスマークとは、皮膚を相手の唇で吸われたり、噛まれる事で、その箇所が赤くなる現象を指しますが、貴方の皮膚には一体どんな変化が訪れているのでしょうか。

考えると不思議ではないですか、キスマークといえば愛の証で可愛らしい言葉の様に感じるかもしれませんが、通常皮膚が赤くなっているというのは、炎症の可能性が高いです。

キスマークを消す方法をご紹介する前に、まずどうしてキスマークができてしまうのか、キスマークができている時、皮膚がどうなっているのかをご紹介していきたいと思います。

キスマークは内出血

結論から言うとキスマークとは皮膚内で内出血している状態を指し、正式名称を『吸引性皮下出血(きゅういんせいひかしゅっけつ)』と言います。

人の皮膚を強く吸ったり、噛んだりすることで皮下の血管が破裂して内出血を起こし、痣となる変色している状態をキスマークと呼んでいるのです。

吸引性皮下出血と言われれば、病気やけがを連想してしまいますが医学的にはその見解で正しいようです。

それでもやはりキスマークの呼び名の方がしっくりくる様に感じてしまうのは、やはり慣れなのかもしれませんね。

つまりすぐには治らない!

キスマークが実は内出血だという事は、つまりすぐには消えない、治らないという事です。

吸引によりできた痣ですが、塗り薬などを使用せず自然治癒する事が可能です。

しかし逆に言えば、薬を塗ったからといってすぐに消えず、消えるまでに時間がかかってしまいます。

キスマークが消えるまでにどのくらいの時間が必要なのかどうかは、キスマークを付けられた際の、吸う力、噛む力によって違いますが、一般的な吸引性皮下出血である場合、自然治癒するのに4日~7日かかると言われています。

軽いキスマークなら2日ほどで自然治癒する場合もありますが、時間をかけて強く噛まれたり、吸われたキスマーク、同じ場所に何回も繰り返し付けられたキスマークは、完全に自然治癒するまでに通常よりも多くの時間がかかり、『1週間以上消えない』なんて事も起こり得ます。

キスマークをつけられたときの対処法

付けられた時の力加減によって、治癒までの時間に変動があるにしろ、やはりキスマークを付けられた際は、治癒するまで何らかの方法で隠す必要があります。

自然治癒してくれるので、見えない場所であれば放置していても問題はありませんが、首や鎖骨など見える場所に付けられてしまったら、見えないように工夫が必要になってきます。

しかし首や鎖骨付近は人目に触れやすい部分であるにも関わらず、キスマークを付けられやすい代表的な場所でもあります。

付けやすい場所→見える場所が=(イコール)なので何らかの方法で人目につかないように隠したい所ではありますが、皆さんがどんな方法で隠しているのか。

代表的な隠し方、効果的な隠し方をご紹介していきます。

絆創膏で隠す

キスマークを隠す時に、使いやすいのが絆創膏です。

絆創膏の大きさを変えたり、肌なじみの良い色の絆創膏を選ぶことで違和感を緩和できますが、大きさや位置によっては、目立ってしまったり逆にキスマークではないかと疑われてしまう可能性もあります。

なので、キスマークの範囲が小さい時やあまり目立ちにくい場所の場合におすすめの対処法かもしれませんね。

場所や大きさによって貼り方を変える

せっかく絆創膏で隠しても、絆創膏からキスマークがはみ出てしまっていては意味がありません。

付けられたキスマークよりも大きめの絆創膏を選び、必要に応じてハサミで余分な部分をカットした方が目立ちにくくなります。

絆創膏は通常怪我をした時に使うものなので、怪我をしたと勘違いてくれる様な貼り方を心掛けた方がバレにくいですし、最近では絆創膏もいろいろな種類があるので物を選ぶのも重要なポイントになるかもしれませんね。

ハサミでカットすれば目立たない

ちょうどいい大きさの絆創膏が無い場合、ハサミで上手にカットする事で、違和感を減らす事が出来ます。

首に痣が出来るというのはあまり一般的でなく、会話しているときにも人目に入りやすいので、キスマークを隠すことができても大きな絆創膏を首にしていたら心配されたり、声をかけられてしまう可能性が高いかもしれません。

ただしキスマークと思われやすいので注意

小さな絆創膏であれば常備している人も多いですし、比較的簡単に手に入り隠すことが出来ます。

しかし応急処置としては最適ですが、首に絆創膏というのは不自然なためキスマークと疑われやすいデメリットもあります。

メイクで隠す

手足なら絆創膏でも怪しまれないかもしれませんが、首であればメイクで隠す方法をお勧めします。

時間が経つにつれてメイクが薄くなっていき、キスマークが見えてしまう可能性もありますが、小まめに塗り直したりコンシーラーとファンデーションを併用すれば、違和感なくキスマークを隠す事が出来ます。

ファンデーションだけでは、赤みが隠しきれない可能性もありますので、コンシーラーは必須アイテムです。

コンシーラー

ファンデーションとコンシーラーでは一般的にコンシーラーの方がカバー力は高くなります。

元々、ファンデーションは顔全体に使用し、素肌を綺麗に均一に見せる効果を主として作られているのに対し、コンシーラーは部分使いやシミやクマなどをカバーして隠す目的に作られているものが多いです。

その為、キスマークを隠す際も非常に役立ちます。

コンシーラーは、リキッドタイプ、スティックタイプ、練りタイプがありますが、キスマークを隠すのであればスティックタイプか練りタイプがお勧めです。

筆状になっているリキッドタイプは水分が多い為、他のタイプに比べ少しカバー力が落ちてしまいます。

一番おすすめは、練り上のコンシーラーがパレットになっており1つのパレットに3~4色は入っているものが使いやすいと思います。

複数色を使う事により、自分の肌色に合わせたり最初に赤と反対色のイエローやグリーン、ブルー味のあるコンシーラーを乗せて、次に自身の肌に近い色のコンシーラーを乗せた方が赤みを抑える事ができるからです。

コンシーラーの本来の役割とは変わってきますが、キスマークではないと思ってもらえればいいので、色味が強いパレットの方が使いやすいかもしれません。

ファンデーション

ファンデーション
ファンデーションはコンシーラーよりカバー力が劣ってしまうので、コンシーラーと併用使い、単一で使う場合はカバー力が高めの練り状のクリームタイプやリキッドタイプをお勧めします。

もし、現在お使いのファンデーションがパウダータイプならコンシーラーでしっかり色をのせた後、顔に使っているファンデーションと同じパウダーを上から使う事で、本来の自分の肌色や顔の肌色と緩和させる効果があるでしょう。

もしお手持ちならばさらにその上からおしろいをお使いになった方が、メイクのヨレを少なくしてくれる効果があります。

本来顔にここまで厚塗りしてしまうと違和感があるかもしれませんが、今回は隠す事が目的なので厚塗りで構いません。

綺麗に隠す事ができたら、ほとんど違和感が無く気付かれにくいというメリットがある一方、ファンデーションやコンシーラーがヨレてキスマークが見えてしまうかもしれないという最大のデメリットがあります。

しかし小まめなお化粧直しをすれば、そんな心配も緩和されますので、バレない為にもファンデーションがヨレていないか頻繁にチェックしましょう。

湿布を貼る

湿布は比較的広範囲に隠す事が出来、首も後ろや肩側であれば貼っていても不自然さが無いのがメリットです。

『肩こりで湿布を貼っている』と言えばそこまでキスマークを疑う人も少ないでしょう。

しかし首でも鎖骨や前面に付けられてしまった場合、どうしても湿布が貼られていたら不自然に感じてしまいます。

そして『匂いが気になる』と周りを気にされたり、配慮する方も選びにくいかもしれません。

エレキバンを貼る

小さなキスマークが複数点在している場合はエレキバンをお勧めします。

エレキバンであれば、首に複数枚貼っていてもそんなに違和感がありません。

1つの大きさが湿布より遥かに小さいのが難点ではありますが、キスマークが十分隠れる大きさなら、疑われにくく数日貼っていても違和感が無いのがメリットです。

ファンデーションテープを貼る

ファンデーションテープはメイクと違って、時間が経ってヨレてキスマークが見えてしまうという心配がありません。

ただファンデーションテープは、遠目だと肌色と遜色なく感じる事もできますが、近くで見るとやはり地肌との色の差が分かりやすいので、目につきやすい位置の首や鎖骨付近だと使いにくいかもしれません。

コンシーラーやファンデーションなどは比較的にどんな場所でも入手しやすく、テスターなどで使用感を確かめてから購入できるものが多いですが、ファンデーションテープは購入できる場所が限られているのも難点です。

キスマークをなるべく早く完治させるには?

次はキスマークを早く治す方法をお伝えしたいと思います。

自然治癒をただ待つよりは、断然治りが早くなるはずです。

馬油を塗る

馬油は一般的に火傷に効くとされていますが、乾燥、シミ、そばかすなど様々な肌トラブルに効果が期待できるアイテムです。

馬油には炎症を抑える効果や、血液循環を促す効果がありますので、吸引性皮下出血の治りを早めてくれそうですね。

ドラックストアなどで簡単に購入でき、お値段も千円以下のものが多いので気軽に試しやすいのではないでしょうか。

馬油は医薬品として分類されていませんが、スキンケアとして全身に使えるので、吸引性皮下出血の部分に優しく塗り込んでください。

吸引性の内出血の治りをよくする為にも、馬油を塗った部分を塗布後マッサージして血流を良くするとさらに効果的と言われています。

温める

キスマークは正式名称を吸引性皮下出血と言い、毛細血管から出血して皮膚の下にうっ血が溜まっている状態だとご説明しましたが、身体をぶつけて出来た内出血には患部を冷やした方が有効です。

しかし吸引性皮下出血はぶつけたのではなく、その名の通り、吸引された内出血になりますので、血の流れを良くしてあげた方が症状緩和につながるとされています。

温める事で血流を促進させ、血管を膨張させることが大切なのです。

温める為に一番楽にできるのはお風呂に入る事ではないでしょうか。

患部が首など浸かりにくい部分ならば、シャワーを直接かける事も有効です。

その他、電子レンジで30秒ほど温めた蒸しタオルを幹部に押し当てて温めたり、優しくマッサージする方法もお勧めです。

冷やす

温めるという方法と正反対の方法なので違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、濡れタオルなどで患部を冷やす事で、血流を低下させ血管の破裂からさらなる血液が広がらないようにする効果もあります。

この時、氷や保冷材などを直接患部に当ててしまうと、肌を痛めたりしてしまうので氷や保冷剤を使う場合には濡れタオルに包みましょう。

ある程度冷やすことができたら、マッサージをしてあげるとなおよいと思われます。

人間の体は防御反応があり、急激に冷える事で体を温めるように脳が命令を出し、血流がよくなると言われています。

冷却後にマッサージをすることでさらに効果は期待できるのでお勧めです。

このアイシングは付けられた当初の方が効果的ですので、既に時間が経ってしまっているなら、温めて血行を促進させた方が効果を実感できるかもしれません。

ヘパリンクリームを塗る

ヘパリンは内出血用の軟膏になりますので、吸引性皮下出血は薬に頼るのが一番効果的だと言えるのではないでしょうか。

ヘパリンには打ち身や捻挫の腫れに効果があるとされており、痣や内出血を治癒するクリームです。

患部にたっぷり塗る必要がありますので、塗布後は絆創膏やガーゼなどで覆うと効果的とされています。

お値段も小さい物であれば1000円前後になりますので、薬を使って早く治したいと考える方にはこちらをおすすめします。

塗布後すぐ、上からコンシーラーなどのメイク品は油分と混じってキレイにのらないので避けた方がいいでしょう。

アオキュアを塗る

アオキュアは小林製薬から発売されているアットノンシリーズの青あざ特化品です。

青あざ自体が打ち身などにより内出血を起こしている状態になりますので、こちらも効果が期待できそうですね。

成分はポリエチレンスルホン酸ナトリウムとニコチン酸ベンジルエステルと血行促進作用がある成分になります。

ポリエチレンスルホン酸ナトリウムには血液の固まりを防ぎ、内出血している部分の血流改善も期待できます。

他にも「ヘパリン類似物質」に似た働きもしてくれます。

しかし5g1300円と少しお高めになります。

レモンパック

レモン
レモンにはビタミンが多く含まれており、肌に直接塗る事によってキスマークを薄くすることができると言われています。

ビタミンの中でもビタミンCには、血流をよくする働きがあり、内出血を早めに治す効果があります。

キスマークと内出血は、できる原理としては同じなのでこれは効果がありそうですよね。

レモンが絞られているものであればコットンやティッシュにレモン汁を含ませ、肌に直接押し当てラップなどで覆い、一時間ほど放置します。

ただし、肌が弱いと思っている方は長時間の放置はお勧めできません。

キスマークをつけられたときに使える言い訳

キスマークの隠し方、治し方についてご紹介してきましたが、それでも強い力で付けられたキスマークは1日2日では消えてはくれませんし、突っ込んで質問して来る人もいるでしょう。

大人として気付いても華麗にスルーして欲しい所ではありますが、突っ込まれてしまった以上なんらかの『言い訳』をして、相手に納得してもらうか、自然に話題を変える必要があります。

次は頑張って隠していても『どうしたの?』と突っ込まれてしまった時に使える言い訳をご紹介していきたいと思います。

虫刺され

場所と付けられ方によっては、本当に虫刺されと区別しにくいキスマークもあります。

特に小さいキスマークが首などに1つだけある場合や小さな絆創膏で隠している場合など、また手や足など虫に刺されやすい箇所の場合、隠したりせず『虫に刺された』で通してしまう人もいるかもしれません。

しかしこの言い訳はキスマークの形、場所、うっ血具合などで使いやすい時とそうでない時が大きく分かれてしまいますし、よく使われる言い訳として逆に気付かれてしまう可能性もあります。

貴方がもし、『虫刺されみたいなキスマーク』と感じているのであれば、この言い訳も使いやすいのではないでしょうか。

しかし虫刺されを言い訳にするとしても、『ムヒパッチ』などで隠しておいた方が精神的に安心かもしれませんね。

怪我をした

手足に大きな絆創膏を貼って隠している時などは特に真実味がある言い訳だと思います。

怪我であれば大きな絆創膏を貼っていても不自然ではありません。

しかし、怪我をしにくい場所にキスマークを付けられてしまった場合は、ちょっと不自然な言い訳になってしまいますので、あまりお勧めできません。

火傷をした

貴方が朝、首筋のキスマークをどうしようか考え悩んだ時にお勧めの言い訳として『ヘアアイロン』『コテ』で火傷してしまったと言ってみるのは如何でしょうか。

髪がある程度長めでないと、なかなか使えない言い訳ですが、首のキスマークには有効的に使える場合もあります。

しかしアイロンやコテで火傷をしたと言い訳する場合、少し線状の形をしたキスマークである条件もあります。

コテやアイロンで火傷をする時、多くは円状ではなく線状につくからです。

首に怪我をすることはあまり多くないので、「怪我をした」と言い訳しずらい所なので、思い切って『火傷した』と言い訳するのも1つの選択肢かもしれません。

アレルギー

これは、首に広範囲でキスマークを付けられてしまった時に、比較的にバレにくい言い訳です。

アレルギーの場合赤みが広範囲に広がる傾向があります。

虫刺されみたいなキスマークとは対極にいる症状ですが、メイクなどでキスマークを隠している時に、ヨレて赤みが出てきてしまった時に使いやすいかもしれませんね。

アレルギーは比較的に認知されており、本当に持っている方も沢山いますがどんな風に赤みが出るか、どこに出るかも個人差が非常に大きいので広範囲のキスマークは『アレルギー』で押し通してみましょう。

気付かなかった

皆さんが1番願っている事ではないでしょうか。

気付かなければ、恥ずかしいと感じる事も隠したり言い訳したりする努力も不要です。

しかし、貴方は気付いていなかったけれど、周りは気付いていた場合は後から気付いて愕然としてしまう恐れもありますので、『気付かなかった』はもろ刃の剣かもしれませんね。

話題をそらす

キスマークだと思われる前に、違う話題や場所に注意をそらす。

真剣に仕事の話をしている最中や、お互いが相手ではなく他の人や物に目線がいっている場合は首元に視線はいきませんし、相手の目をしっかり見て聞かなくていけない状況であれば少しの違和感など気になりません。

雑談の時間やお互いがリラックスしている状態だからこそ、首元への違和感を感じるので、はじめから言い訳をしなくもよい環境をつくることも方法の一つかもしれませんね。

キスマークは状況に応じて上手に誤魔化して

今回はキスマークを上手に隠す方法、早く治す方法、そしてキスマークの部位に応じた言い訳をご紹介してきました。

きっと貴方に合ったキスマークの対処法があると思います。

困った時は試しやすそうなものや、気になるものから参考に実践してみてくださいね。

そして盛り上がっていても後から対処法に困ってしまう事も多いと思いますが、きちんと隠してケアして貴方のプライベートを人目から守りましょう。