DQNな男性の特徴16個!そんな男性を好きになってしまった場合の対処法について
DQNと書いてドキュン。

知っている人は多いと思いますが、知らない人には「???」と思うことでしょう。

DQNはあなたの周りにもいるかもしれません。

今回はそんなDQNについて紹介していきます。

DQNのことをもっと知りたい人もDQNが何か知らない人もぜひチェックしてみてくださいね。

DQNな男性を好きになってしまった

DQNな男性を好きになってしまった…DQNがどんな人かを知っている人にとってはなんとしても諦めるように説得するかもしれません。

それほどDQNはヤバイ存在だと認識されているところがあります。

ただDQNの人も普通の人間なので縁があれば恋愛もしますし、結婚もすることでしょう。

それでも何とか周囲が阻止したいほどDQNを遠ざけたいと思うのは、当人同士だけの問題ではないからです。

それだけDQNはヤバイと思われています。

ではDQNはなぜヤバイと認識されているのか、これから紹介してみます。

そもそもDQNってどういう意味?

DQNとは、いわゆる不良や素行不良な人、頭の悪そうな人や低学歴な人を総称してDQN(ドキュン)と呼んでいます。

最近ではそのまま、ディーキューエヌと呼ばれることもあるそうです。

ずいぶん前になりますが、テレビ番組で「目撃!ドキュン」という番組が放送されていました。

その番組はもともと生い立ちが不幸であったり、かつては元ヤンだったけど今は真っ当に生活している人がその壮絶なそれまでの人生を紹介する番組でした。

その番組に登場する一般人の非常識でモラルのない行動を目にした視聴者がのちのち、常識が無く低レベルで行動が見えないような人を指して「ドキュン」と言うようになったのです。

私たち日常でDQNな人を目にしたとき「あの人DQNだよね」と陰で言うような人はどのような人かと言うと、やはり少しやることが常識外れであったり、いかにも偏差値が低いような人を言う場面が多いでしょう。

周りに反対されやすいDQNな人への恋心

DQNがどのような人を指して言うのかを紹介しましたが、ではそんなDQNを好きになってしまったらどうなるでしょうか。

周囲は総力を上げて反対に掛かることでしょう。

やはり世間一般ではDQNと付き合っている女性も同類、つまりDQNと見なされます。

たとえどんなにまともな人であっても、DQNと付き合っている時点でもうDQNなわけです。

女性は付き合う相手に影響されやすい生き物です。

十分男性に影響され、本当にDQNになってしまうこともあるでしょう。

ただ恋愛はあくまでも自由です。

二人が好き合っていれば本来ならば誰も文句は言えません。

ですが相手がDQNとなればそれは意味合いが違ってきます。

周囲からするとDQNと付き合うということは不幸になる、と思ってしまいます。

つまり苦労することは目に見えているのです。

そんな苦労が見えているのに見過ごすわけにはいきません。

もしDQNに恋心を抱いたら、誰も反対できないようなDQNな彼の素晴らしさを証明するしかないのです。

それほど難しいことはないと言えるでしょう。

DQNな男性の特徴16個

DQNな男性の特徴
ここではDQNな男性の特徴を詳しく紹介していきましょう。

まだまだDQNな人がどのような人なのか理解できていない人もいると思います。

また周囲にいる人であの人DQN?と未確定な人もいるかしれません。

ここでしっかりDQNな人とはどのような人なのかを知っておきましょう。

1.言葉遣いが汚い

DQNな男性の特徴として、言葉遣いが汚いことがあります。

DQN男性は低学歴であることが多く、常識ということを備えていません。

偏差値レベルが極端に低く、言葉遣いが汚かったり、言葉の使い方を間違っていたりします。

正しい言葉遣いをなかなか学習することはできません。

そもそもが学習能力がなく、勉強嫌いも加わり、偏差値レベルが低いままで大人になってしまいます。

あまり話をしても言葉のボキャブラリーが少ないため、上手な会話はできません。

ただ相手を罵るようなときに限ってどんどん言葉が出てくるような場合もあります。

こういう人と会話をしても会話が成立しないということが多々あるでしょう。

2.声が大きい

DQNな男性の特徴として、声が大きいということがあります。

声のボリュームの調整ができないため、会話は常に大声で話す傾向があります。

そのためいつも怒っているような口調になり、普通の会話が周囲に丸聞こえということもあります。

ですが本人的にはそんなつもりはありませんし、自分の声の大きさに気が付いていません。

声が大きいのはDQNの女性も同じです。

DQNの人はただ本能のままに声を発しているということでしょう。

3.目立ちたがり屋

DQNな男性の特徴として、目立ちたがり屋ということがあります。

目立ちたがり屋というよりも、自然と目立ってしまうわけですが、とにかく行動の一つ一つがオーバーです。

例えば平気で横断歩道のない道路をゆっくりと横断したり、それに対してクラクションを鳴らされるとキレるなど不可解な行動をすることがあります。

そうかと思うと犬を見てとても可愛がったり、常識的な面も突然現れます。

つまり行動が予測不可能な人だと言えます。

そのたびに理解できない人は警察を呼んだりすることもあるので、いざこざは絶えない人でもあるのです。

4.気性が荒い

気性が荒い男性
DQNな男性の特徴として、気が荒いことがあります。

さっきまで穏やかだったのに、突然声を荒げるなど急変することは日常茶飯事です。

何に対して突然気が変わってしまうのか周囲は予測ができないので戸惑う人も多いことでしょう。

そして突然弱々しくなったり、自虐なことを言うなど気持ちの不安定なところがあるのも特徴です。

基本的に気性が荒い方が多いので、なるべく近づかないほうが賢明でしょう。

ただフレンドリーではあるので、どんな人にも声を掛けるなどコミュニケーションを取ることは好きなようです。

5.自分勝手な行動

DQNな男性の特徴として、自分勝手な行動をすることがあります。

DQNな人はとにかく自由人で、自分の思うがままに行動してしまいます。

また他人から見て恥ずかしいと思うことも平気でやってしまうことがあります。

つまり自分ルールで行動することが多くなりがちです。

世間一般的なルールはあまり頭にはなく、それについて注意されるとかなりの確率でキレます。

つまり自分を否定されることが嫌なのです。

こういう人は他人を否定もしませんが、自分が一番であると思うところがあるので他人に耳を貸すということは少ないでしょう。

6.マナーが守れない

DQNな男性の特徴として、マナーが守れないことがあります。

自分ルールで生きている人ですから、世間一般のマナーなど関係ありませんし、そんなことは身に付けてはいません。

例えば電車の乗り方です。

日本人はマナーを守る人が多いです。

通勤時などは電車やバスなどきちんと列になって乗ることがほとんどです。

要するに秩序を守ることが身についているのです。

それがDQNの場合は関係ありません。

横から入ってきて真っ先にドアに入っていきます。

もしそれを注意されようものなら逆切れは当然です。

きちんとマナーを守っている人から見ると腹が立つ行為ですが、たまにこのような人が出現したらそれは明らかにDQNでしょう。

7.常識を知らない

DQNな男性の特徴として、常識を知らないことがあります。

DQNはあまり常識など知りません。

それはそもそも低レベルな人であることも関係しています。

人はある程度何も学ばなくても、ただ生きているだけでいろいろなことを見て頭にインプットされます。

それがある程度の教育を受けているにも関わらず常識が身についていないということは、それはもうすでに低レベルな人であるとみなすことができます。

DQNな人に常識は通用しません。

そのため常識を押し付けても無駄なのです。

8.頭が悪い

DQNな男性の特徴として、頭が悪いということです。

やはり学歴以前の問題で、そもそも頭が悪い人というのはいます。

確かにそれは育つ段階である程度は改善できます。

ですがDQNになっている人というのは、そもそもの家庭環境が悪いことも影響しています。

きちんと教育されなかったり、周りの大人に恵まれていないなど全ての悪いことが偶然にも重なってしまうことでそのまま育つことがあるのです。

そういう人ももちろん社会人になって働いて生きていかなければいけません。

ですが職場にうまく恵まれなかったら、転職ばかりしてしまったり、うまく生きていけないこともあります。

こればかりは自分の運命として生きていくしかありません。

9.精神的に幼い

DQNな男性の特徴として、精神的に幼いということがあります。

やはりDQNな人は低レベルで考えが幼いということが目立ちます。

考えることが子供レベルであるため、自分をコントロールすることが苦手です。

そうは言っても最近の子供はとても頭がいいです。

小学生レベルでも大人並みの考えや常識を備えている子供は最近特に多いのです。

DQNな男性はある程度で思考が止まっているので、まるで幼い子供のような面があります。

例えば駄々をこねるようなところです。

大人なので床に寝ころべって駄々をこねるということはありませんが、要するにクレーマーです。

なんでも自分の考えが通ると思っているところは、子供のころから考えが成長していないということでしょう。

10.学歴が低い

DQNな男性の特徴として、学歴が低いということです。

学歴が低いと言っても小学校、中学校は義務教育なので中学校までの学歴はあります。

たとえ中卒でも今世間で活躍している人はたくさんいますし、自分でのし上がっていく実力社会であることは言うまでもありません。

そんな中で取り残されているのがDQNです。

こういう人はいつまでも自分の学歴を気にしたり、それを人のせいにしたりします。

つまり自分は何も悪くない、悪いのはこの社会のせい、他人のせい、さらには親のせい、となるわけです。

学歴が低いことがDQNと直結するわけではありませんが、根本的な地頭の悪さがあるということでしょう。

11.地元が好き

DQNな男性の特徴として、地元が好きということがあります。

よく言えば地元愛があると言えば聞こえは良いですが、要するにそこでしか生きられないとも言えます。

DQNの人は新しいことを嫌います。

つまり新しいことを取り入れるには自分の頭の中を整理しなければならないからです。

一度ルーティンが決まってしまうとそれに沿って毎日生きています。

それが崩されるということはパニック状態になっている状態です。

地元が好きなのもそこでしか生きていけないからです。

最近はご近所トラブルのニュースなどが目立ちますが、そこでしか生きられない人が何か変化があるとそれを良しとしないDQNは軌道修正しようとするのです。

つまり単純な生活でしか生きられない人、と言えるでしょう。

12.目つきが悪い

目つきが悪い男性
DQNな男性の特徴として、目つきが悪いということがあります。

目つきが悪い、つまり人相が悪いことになります。

いつも睨んでいるような目、そしてジッと見るような仕草はとても気味が悪いものです。

本人的にはさほどそういう意識はないのかもしれませんが、周囲にとっては何を考えているのか分からず戸惑うことでしょう。

ただDQNは常にアンテナを張って生きています。

そしてここぞとばかりに気に入らないターゲットが見つかると文句を言ったり、攻撃をするようになるのです。

文句を言われたほうが身に覚えがないことであっても、DQNに見られてそこを突かれてしまうことは納得できません。

何に対して文句を言っているのか、と聞いてもくだらない返答しかありません。

それがDQNなのです。

これを相手にしてしまうと厄介になることは目に見えています。

13.見た目が派手

DQNな男性の特徴として、見た目が派手ということがあります。

ぱっと見、DQNはオシャレです。

意外と服装はこだわっている人もいます。

ただそれは派手なのです。

つまり何の脈絡もなく着ているので派手になってしまうのです。

ファッションにこだわりがないと説明しましたが、要はただ服を着ているだけです。

たまたまそこにあったものを着ていくと今日のコーデが完成しているわけです。

DQNはさほどファッションにお金を掛けることがないので、フリーマーケットや古着屋などで安く購入することが多く、また人からの貰いものがとても好きです。

少々図々しいところがあるのもDQNならではでしょう。

14.コミュニティが狭い

DQNな男性の特徴として、コミュニティが狭いことがあります。

DQNはあまり人との接点を持たない人が多い傾向にあります。

ですが人は一人では生きていくのは難しいです。

コミュニティが狭いということは人との接点を極端に持たず、自分の狭い世界だけで生きているということになります。

ただ意外とコミュニケーション能力はあるので、誰彼かわまず声を掛けるところを見るとコミュニティが狭いことは不思議なことです。

よく見るといろいろな人に声を掛けることができることはできますが、相手の意図を汲んでいるということはまずありません。

つまり自己満足で人に声を掛けてみたり、本能的に行動していると言えるかもしれません。

15.夜遊びが好き

DQNな男性の特徴として、夜遊びが好きということがあります。

夜遊びと言うとスナックへ行って飲んだり、カラオケをしたり、知り合いと一緒に遊ぶということを想像しますがそれとは全く違います。

DQNの場合は時間の感覚が違うのです。

例えば夜は道が空いていて楽だからということで夜中に自転車を乗り回してみたり、車でドリフト走行してみたり、スケボーをしてみたり、つまり自由人なのです。

世間一般の思う夜遊びとは少々違うとはこのようなことです。

好きな時に好きなことをする、それがDQNのスタンスだと言えるでしょう。

16.ダボダボした服装

DQNな男性の特徴として、ダボダボした服装ということがあります。

これはDQNでなくともストリート系ファッションなどでダボダボファッションをする人はいます。

DQNの場合は特にファッションコーデにこだわりはありません。

つまり手に取っったものを着るのでどうしてもそのような服装になってしまいます。

またいろいろな人から服をもらったり、感覚で服を購入するのでサイズなどお構いなしです。

まったく合わないサイズのものを着用するのはごく普通のことなのです。

服にこだわりが無く、着ていれば良いという考えなのです。

DQNな男性を好きになってしまった場合の対処法

ここまでDQNの特徴を紹介してきましたが、DQNのことを少しでも理解できたでしょうか。

ここではそんなDQNの男性を好きになってしまった場合の対処法を紹介してみます。

ごく普通の感覚の女性からみると、もしかするとDQNの男性は魅力が詰まった人に見えることもあるのかもしれません。

ただその愛を貫くには相当な覚悟も必要です。

ここではそんな愛を貫きたい人、逆に絶対に阻止したいと思う周囲の人も参考にしてみてください。

気にせずに好きでいる

DQNを好きになったときの対処法として、気にせず好きでいるということがあります。

もちろん相手が普通の感覚を持った人であれば周囲は何も言いません。

ですが相手はDQNです。

やはり普通の感覚を持った人から見るとあまりにもDQNとの恋愛は看過できないものです。

ですが女性はある意味刺激を求めます。

たとえそれが周囲に認めてもらえない恋愛でもむしろ燃え上がるものなのです。

ここで気にせず好きでいることができることはどう考えても無理でしょう。

それでも好きであることを貫きたい気持ちがあるのであれば、周囲とは一切の関係を断つ以外に方法はありません。

その覚悟があるかということでしょう。

心から好きなら周りは関係ない!

人を好きになる気持ちは周りにとやかく言われたくない、人を好きになってしまうことはこうした盲目的な感情になります。

心から好きなら周りは関係ないのは当然です。

それを貫き通すことは必要なことです。

ただ周囲にその気持ちを押し付けることはあまりにも無理があります。

DQNの男性のどこが好きなのか、彼女として傷つけずにきちんと向き合って付き合ってくれる人であるのか、それを周囲に知らしめることも必要です。

自分が選んだ人なのだから、とやかく言われたくない、それならばそれなりの根拠も示せるようにしましょう。

周囲はただ幸せになって欲しいだけなのです。

本当にその人で良いのか考える

考える女性
DQNを好きになったときの対処法として、本当にその人で良いのかを考えてみましょう。

これが周囲の一番知りたいところでしょう。

なぜその人を好きになったのか、それが周囲には不思議でならないのです。

もしかしすると、彼女もDQNなのかも・・・と思わざるを得ません。

あくまでも普通に常識ある生き方をしてきても、DQNを好きになるということはこうしたリスクがあるのです。

ここはまず本当にその男性でいいのか、自問自答してみることも必要でしょう。

付き合った後を想像する

付き合い始めたころはまだDQNの素質を発揮していないのか、はたまたすでに発揮していてもそれが魅力に感じてしまったのか、好きになるということは予測不能です。

ただ相手のいろいろなことをまず考えてみましょう。

お互いの考え方、普段の言動、いろいろ考えて自分とこの先付き合って、そしてどうなるのかを想像してみてください。

女性は付き合う男性に影響されやすい傾向があります。

たとえ男性がDQNでもそれに影響されることは避けては通れません。

自分は果たしてそんな付き合いをして、周囲から好奇な目で見られることは耐えられるのかどうかじっくり考えてみましょう。

好きになった理由を思い出す

ここで改めてDQNな彼を好きになったときのことを思い出してみましょう。

なぜ彼を好きになったのでしょうか。

自分とはまったく違う人、そこに興味を引かれたのでしょうか。

人の感覚は自分ですら分からなくなるときがあります。

好きになった理由もそれまで好きになった人とは違うものを持っていた、たまたま常識的なことをして尊敬する気持ちを持ってしまった、誰にも媚びないところが好きになった、などなど理由はそれぞれでしょう。

自分とは違うものを持っている、それは大いに魅力ある人に見えます。

その魅力をいかに好きでいることができるのかが付き合っていく上で大切なことになるでしょう。

好きな部分を書き出してみる

書く
では周囲を納得させるためにも彼の好きな部分を書き出してみましょう。

恐らくそこには肯定的なことしか書かれていないはずです。

好きな部分を書くにはまだ彼をことを知ってはいないでしょう。

DQNな彼もまだまだ本領発揮はしていませんし、少なくても女性の前ではまだ自分を見せていないはずです。

女性からみるとちょっと世間とずれている、その程度でしか考えていないでしょう。

ここで彼の全てを分かって受け入れられるという人はまずいません。

なにせ彼自身もまとまりのない性格だからです。

好きな部分を書き出せることができれば周囲も納得できます。

まずは彼のことをじっくりと観察してみましょう。

周りの悪評の理由を知る

周囲は彼と付き合うことを反対ばかりするけれど、その根拠も知る必要があります。

そしてそのことを彼女は受け止めることが必要なのです。

なぜ彼とのことを認めてくれないのか、周囲からの悪評を聞いてみましょう。

周囲が思っている彼と自分が思う彼は違うはずです。

ですが圧倒的多数で周囲が反対しているのであれば、それはどう見ても彼はDQNです。

そうでなければその周囲の人がDQNで彼だけがまともな人間であるということになります。

多くの人が普通の感覚を持っていて、彼の悪評を聞かされるということは彼はDQN以外の何物でもありません。

彼女はまず聞く耳を持つことも必要なのです。

自分と価値観が合うか確認する

DQNな彼との価値観を考えてみましょう。

今はまだ価値観の違いに気付いていないかもしれません。

また違いに気付いていたとしてもそれは盲目的になっている状態でしょう。

もし彼と同じ価値観であると感じているのであれば、すでに彼女もDQNに影響されているということになります。

女性は彼に合わせることをしてしまいます。

好きである以上は本能的にそれは避けられません。

ですがいつかはその価値観のずれを疑問に思うときがやってきます。

今その価値観のずれを理解するか、将来理解するときがくるのを待つか、それは彼女の気持ち次第でしょう。

恋心を忘れる努力をする

DQNを好きになったときの対処法として、恋心を忘れる努力をすることです。

周囲の賛成なくその恋愛を貫く人はいます。

そういう人は駆け落ちをしたり、一切周囲と連絡を断ったり、大胆な行動に出るしかありません。

ただ後々後悔する可能性があります。

誰もが祝福されて生きていきたいのです。

ですが目先の幸せに飛びついてしまうと、彼とは幸せになれても後悔という気持ちが返ってきます。

どちらを選ぶかは本人次第ですが、やはり周囲から祝福されるほうが圧倒的に幸せです。

そのことからも恋心を封印する努力をすることも選択肢なのです。

その人との接点をなくす

彼への恋心を封印するためには彼との接点をなくすことです。

彼とどう出会ったのかによりますが、もしかすると今後も会う可能性があるのであればそこから断つことが必要です。

ただもしかすると彼の方から接点を求めてくることも否めません。

単純な性格なので空気を読めない彼は、突然彼女が居なくなることが不思議でならないでしょう。

そのため強い意志を持って接点をなくすという決断も必要でしょう。

連絡を取らないようにする

彼への恋心を全て忘れるためには連絡を取らないことが一番です。

ちょっとでも電話で声を聞いてしまうとその気持ちは揺らいでしまうでしょう。

一度でも彼の声を聞いてしまうと忘れられなくなってしまいます。

もし本当に恋心を封印するつもりであれば、電話番号を変えることをまずしましょう。

そしてメールアドレスを変えたり、LINEのアカウントを変えたり、今は変更するべきことがたくさんある時代です。

少しでも忘れる努力をするつもりがあれば、徹底的にしましょう。

新しい出会いを探す

彼への思いを封印するのであれば新しい出会いを探すのも大切です。

恋愛でできた穴は恋愛で埋めることが一番です。

ただ一度DQNな男性を好きになってしまった、ということは普通の感覚の人では物足りなくなっている可能性は否定できません。

つまりDQNに魅力を感じてしまったということでしょう。

再び出会いを探してもまたDQNということにもなり兼ねません。

それは避けたいところです。

そのためには一定期間恋愛は封印し、一度自分にリセットすることが先決です。

悪い噂を集めてみる

恋心を封印する努力をするためには、彼の悪い噂を集めてみるのも方法です。

とにかく徹底的に彼を忘れて嫌いになる、これしか方法はありません。

一度自分と違う感覚の人を好きになってしまうと、自分の中でこれまでとは違う感覚を求めたくなるのが人間です。

ただその感覚のまま流されてしまうと結局元の木阿弥、彼を好きでい続けてしまうことになるのです。

そのためには自分の感覚を取り戻すためにも彼の悪い噂を集めてみるのです。

彼に対する悪い噂はたくさん出てくるとは思います。

ただそこまで悪いことを言わない人もいるのは確かです。

恋心を忘れる努力が必要ですが、自分は今どうするべきなのかも見極めることが大切になってくることでしょう。

DQNな人は中身もよく見て判断しよう

いかがでしたでしょうか。

DQNをそこまで否定しない人も多いでしょう。

自分さえ見失わなければそんな人に惑わされることもないわけです。

ただ自分の身の回りで悪影響を及ぼすようなDQNもいるのは確かです。

そこでどう自分を見失わずいられるかはあくまでも自分次第です。

DQNだからといって特に迷惑を掛けられなければそれで問題はありません。

ただDQNはどこでどう誰に対して牙を向くかは分かりません。

誰でもその接点を持つ可能性はあるのです。

あくまでもDQNな人の中身を見て判断することしかできませんが、できれば平穏にやり過ごすことができるのが理想でしょう。