すっぴんでもかわいいと思われたいのならやるべきこと6個!常に可愛いを演出しようについて
すっぴんを見せたくないと思う女性は多いことでしょう。

すっぴんは自分の裸を見せるようなもの、という人もいます。

それほどすっぴんに自信のない人は多いものです。

ですがすっぴん美人に憧れる人が多いのも事実です。

そこでこの記事では、すっぴんでもかわいいと思われたいのならやるべきことをご紹介します。

すっぴんに自信のある人もない人もぜひ読んでみてくださいね。

自分のすっぴんに自信を持てますか?

あなたは自分のすっぴんに自信が持てますか。

持てないという人が多いのではないでしょうか。

自分では自信が無くても全然すっぴんでいけるのでは、と思える人は少なからずいます。

つまり自分では人に素顔を晒すことが出来ないと思っている人は自信がないと思い込んでいることもあるのです。

そういう人はすっぴんに自信が無いだけで、十分すっぴんを見せても大丈夫な人だと言えるでしょう。

すっぴんは裸の自分を見せるようなものだという思いが、自信を持ていない一番の理由とさせているのです。

今はメイクでいくらでも可愛くなれるけど…

すっぴんは若い時ほど見せることができるものと考える女性は多いです。

やはり加齢に伴う皮膚の劣化は否めません。

どんなに頑張っても時間というのは残酷で、シミやシワとの戦いが永遠に続くのです。

それでも頑張っているうちは年齢関係なくメイクでなんとかなるものです。

その戦いを諦めた瞬間から劣化の一途をたどることになります。

一度出来たシミはよほどのことがない限りは消えません。

どんなに頑張ってもちょっとのスキがシミを作らせてしまうのです。

そんなことを言われるとまだまだ大丈夫と思っている人も恐怖を感じるかもしれませんが、これが現実です。

歳を重ねてもすっぴんで勝負するためには若い頃からのケアが大切です。

メイクすれば大丈夫と思っていないで、十代からのケアをしっかりしていきましょう。

本当に目指したいのはすっぴん美人!

女性にとって憧れは「ごめん、すっぴんだからあまり見ないで」と謙遜しつつもすっぴんを晒すことができることです。

そのすっぴん顔を見て「すっぴん綺麗!!」と言われることで優越感を得ることが女性の憧れです。

ですが今はどうでしょうか。

近所のコンビニに行くだけでもメイクをせずにはいられません。

また何よりファンデーションは薄目でも、眉だけはしっかりと描かずにはいられない女性がなんと多いことでしょうか。

眉は顔の印象で重要なパーツです。

そのためどんなにすっぴん状態でも眉だけは描かなければ外には出ることはできないのです。

さらにはアイメイクにこだわる女性は多いです。

眉と一緒でアイラインやまつ毛をしっかり盛っておきたいという女心は女性にしか分かりません。

よく男性でメイクが長い女性を急かす人がいますが、女性には色々と事情があることを理解してもらいたいものです。

すっぴんでもかわいいと思われたいのならやるべきこと6個

すっぴんでもかわいいと思われたいのは女性の永遠のテーマです。

ですがそうは言っても、意外と努力しない女性も多いのは事実です。

気がついたときは遅かった…そんなことにならないように日々やるべきことを実践することは絶対的に必要です。

ここではすっぴんが自慢できるようになるためにやるべきことを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.毎日のスキンケアを丁寧にする

スキンケア
すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、毎日のスキンケアを丁寧にしましょう。

若い頃は特にスキンケアが簡易的になりがちです。

まだ大丈夫、その気持ちの緩さがのちのち後悔へ導いてしまう可能性があります。

また若ければ若いほど保湿の重要性を考えることができません。

簡単に化粧水をパシャパシャとするだけでも平気だと思ってしまうのが10代の頃です。

またそれで済んでしまうのが10代の強みと言えば聞こえは良いかもしれません。

ですが劣化はすでに始まっています。

歳を取って後悔しないためにも10代からのスキンケアはしっかり丁寧にすることを頭に入れていきましょう。

また歳を取ってからも当然スキンケアの重要性は考えておくべきです。

それまではスキンケアにあまり興味がなかった人も、積極的にスキンケアをスタートさせましょう。

うっかりサボりがちなスキンケア

今日は飲み会で遅くなったし、お酒で気持ち悪いし、今日はこのまま寝てしまおう…それは絶対にしてはいけません。

若いうちはこれでも肌の劣化は目立ちはしません。

ですがこのときの気の緩みが確実に蓄積されることは間違いないのです。

まだ大丈夫、そのちょっとしたサボり心が将来の肌に影響してきます。

できることならパパッと化粧水と美容液で終わらせたい、今はオールインワンで済ませることもできるのでそれだけで終わらせる人もいます。

ですが定期的なパックやマッサージなどをプラスすることは忘れないようにしましょう。

スキンケアに使う基本的なアイテム

スキンケアとは基礎化粧品のことを言います。

基本的なアイテムとしては、化粧水、美容液、乳液、クリームなど肌を整えるための化粧品を指します。

ここに人それぞれいろいろとアイテムをプラスしていくわけですが、多くの女性は保湿のためにパックやシートマスクなど定期的にしていることでしょう。

また今はどれを選んで良いのか分からなくなるほどプラスするアイテムがあります。

人それぞれに肌質が違いますし、化粧水でもしっとりタイプ、さっぱりタイプなど細分化され、自分に合うものを選ぶのは至難の業でしょう。

ですが最終的に大切なことは保湿です。

いかに保湿を保つために自分の肌に合うスキンケアを選ぶことが大切です。

スキンケアの正しい手順

すっぴん美人を目指したいあなたにスキンケアの基本的な手順としては、
洗顔(クレンジング)→ブースター→化粧水→美容液→クリームとなります。

ブースターとは化粧水をより吸収しやすくするための導入液のことです。

スキンケアの手順としては基本的なものを紹介しましたが、化粧品メーカーによっては自社の販売されている商品を元に手順がある場合があります。

自分の使っているメーカーがある場合は手順をチェックしておきましょう。

また最近ではオールインワンクリームなどもあり、紹介した手順のすべてが一つで済むスキンケアもあります。

さらにはパックなどもプラスして、よりスキンケアを充実させることもあります。

自分では分かっているつもりでも案外スキンケアができていないかもしれません。

改めてスキンケアの正しい手順を知って、すっぴん美人を目指しましょう。

すっぴん美人は肌の綺麗さが超肝心

すっぴん美人はとにかく肌が勝負です。

肌が美しいことがすっぴん美人の第一条件になります。

ですが肌はトラブルがつきもの。

日頃、紫外線にさらされ、乾燥とも戦わなければいけません。

また寝不足で目の下にクマができたり、不摂生がたたると吹き出物が・・・。

そんなトラブルに勝たなくては肌は綺麗になりません。

肌の戦いは一生続きます。

一度勝てば良いというものではないのです。

そのためにも日頃のスキンケアが大きなポイントとなってくるでしょう。

また季節問わずスキンケアが同じである人は多いですが、季節ごとにスキンケアも変えていくなど対策を考えていきましょう。

2.リンパマッサージをする

リンパマッサージ
すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、リンパマッサージをしましょう。

リンパ液は不要になった老廃物を回収するなどの役割を担い、その老廃物をリンパ管にあるリンパ節でろ過し、外へ排出してくれます。

では老廃物とは何でしょうか。

老廃物はここでは人の代謝時に出るゴミだと思ってください。

例えばリンパ液は身体の中を巡っているわけですが、私たちの身体の中で不要になった脂質やタンパク質など老廃物を回収して運びます。

もしこの流れが滞るとリンパの流れが悪くなっている、と言うわけです。

肌を傷めないように優しく触る

リンパをマッサージするときは、ゆっくりとリンパ液を流すようなイメージでやるように心がけましょう。

どうしてもマッサージとなると刺激を求める人がいますが、これはツボのマッサージではありません。

あくまでも老廃物を流してデトックスする目的です。

顔のマッサージをして最後は首から下へ老廃物を流していくように優しく触れていってください。

老廃物が溜まった状態ではいくらスキンケアをしっかりしてもその効果は半減してしまいます。

定期的なリンパマッサージをして、体内から綺麗になりましょう。

3.普段をナチュラルメイクにする

すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、普段をナチュラルメイクにしましょう。

ナチュラルメイク・・・もしかして薄いメイクやシンプルなメイクだと思っていませんか?
実はナチュラルメイクは方法があるのです。

単なるベースメイクやファンデーションで終わらせるような手抜きメイクとは違います。

だからこそナチュラルに見せることが難しいメイクだと言えます。

ナチュラルメイクはすっぴんのようなのに肌は血色がよく、目鼻立ちも綺麗に見せるメイクのことを言います。

つまり普段のメイクをすっぴんに見せるようにするということなのですが、これはかなりのメイクテクニックが必要になることは間違いありません。

どうしてもしっかりメイクをすると厚ぼったくなったり、わざとらしいメイクになってしまいます。

すっぴんに近づけるためにはいかに薄付きメイクで、どれだけシミやそばかす、しわを隠せるかが大切になってくることでしょう。

ぜひ鏡の前でナチュラルメイクを練習してみてください。

すっぴんとのギャップが生まれにくい

普段からナチュラルメイクにしておくと、いざすっぴんになったときにギャップが生まれにくいのは女性の憧れです。

「化粧落としても全然変わらないね」これは女性にとって最大限の褒め言葉です。

ですが現実は「化粧落とすと誰か分からなかった」などと傷つく言葉を言われて、ショックを受ける人もいるかもしれません。

実際は化粧とすっぴんで同一人物かどうか分からなくなる人はそうそういません。

よく芸能人でそのような話を冗談交じりに言っていますが、そこまで一般人では全く別人ということはないでしょう。

ただ、よくアイメイクを落とすと目がぼやけててびっくりされる人はいるかもしれません。

女性は特にアイメイクに命を懸けている人が多いです。

アイライナーをしっかり描き、まつ毛も盛り、アイシャドウもバリバリ。

そんな感じではすっぴんになったときにギャップが出てしまうのは当然です。

アイメイクばっちりの人はナチュラルメイクに抵抗があるかもしれませんが、ギャップをなくするためにはぜひチャレンジしてみるのも良いでしょう。

4.肌以外の顔パーツのケアをする

すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、肌以外の顔パーツのケアをしましょう。

すっぴんにこだわり過ぎると肌ばかりに集中しがちですが、顔は肌だけではありません。

顔は肌以外にも大事なパーツが密集している場所です。

またケアもこまめにしておかなければ毛が伸びたり、形が悪くなったり、やるべきことはたくさんあります。

すっぴんになるとなおさら色々な顔のパーツがちゃんとしていなければなりません。

ぜひ肌以外のパーツもしっかりとケアをするようにしていきましょう。

眉毛をこまめに整える

眉毛は放っておくと毛がボーボーになってしまいます。

また眉毛のケアをするために毛を抜いたりしてしまうとだんだん毛が生えなくなります。

その繰り返しで眉毛がなくなる女性も多いです。

眉毛がなくなってしまうとすっぴんになることは難しいかもしれません。

そうならないためにも若い頃からの眉毛のケアは大切なのです。

まずは毛を抜くことはしないことが重要です。

そして自分にどのような眉毛の形が似合うのか、日頃から整えておきましょう。

眉毛の形は流行がありますが、過去の流行では細眉の時代がありました。

細眉にするということは毛をかなり剃るか抜くしかありません。

そうした時代の流れで眉を合わせていくことは眉の生え方も変わってきますし、生えなくなる可能性もあります。

流行に合わせるのか、あくまでも自分の眉を生かしていくのかよく考えてみましょう。

まつげ美容液でまつ育をする

まつげ
まつ毛も酷使する頻度が高いパーツでしょう。

人によってはまつ毛が抜けて毛が少なくなっていたり、短くなってしまっていてはビューラーで上げることは苦労するに違いありません。

またまつ毛パーマなどをするとより酷使してしまうでしょう。

今はまつ毛専用の美容液がありとても便利な時代です。

せっかくそんな便利なアイテムがあるのですから、使わない手はありません。

まつ毛美容液でまつ育をすると、付けまつ毛で盛る頻度も減ってくることでしょう。

ぜひまつ毛もケアしてあげましょう。

目元美容液で目元のケアをする

目元は寝不足になるとクマができますし、ストレスを溜めるとハリやくすみなどの症状が表れやすいパーツです。

そのような状態ではとてもすっぴんに自信など持てないと思います。

そこで目元専用美容液でケアをしてあげましょう。

最近はパーツごとの美容液が充実しています。

それほど悩んでいる女性が多いということかもしれません。

また目じりのしわは年齢と共にどうしても出てきてしまいます。

それも自然に任せておいても良いのですが、やはり女性にとっては気になるところでしょう。

しっかりとシワの対策もしていきましょう。

リップパックで唇のケアをする

唇
唇はすぐに荒れがちです。

常にリップを持参している人もいますが、リップを塗ってもなかなかケアは十分にはなりません。

しっかりケアするためにはリップパックをしましょう。

今はリップパックがすぐできるアイテムが販売されているので手軽にケアも可能ですが、自宅にあるもので即席のパックも良いでしょう。

自宅にはちみつがある場合、はちみつを唇に塗って上からラップを貼って10分待ちます。

10分経過したらラップを剥がして軽く唇をマッサージしましょう。

その後ははちみつを優しく落としてください。

これでOKです。

はちみつがない場合、ワセリンでも良いでしょう。

顔の産毛を丁寧に処理する

顔に産毛が生えていると顔がくすんで見えてしまいます。

ここはすっぴんを目指しているのですからくすみは禁物です。

またすっぴん肌はツルツル肌をイメージできます。

産毛を剃ることでツルツル肌になることができるので、よりすっぴんに自信を持てるようになれるでしょう。

またメイクも産毛が生えているかいないかで化粧ノリが全く違ってきます。

女性にとっては産毛を剃った方がメリットが多いでしょう。

詰まって浮きがちな毛穴のケア

毛穴に悩む女性は多いです。

若いころは毛穴に汚れが詰まったり黒ずみによる毛穴の悩みが多いですが、年齢を重ねていくとたるみ毛穴で悩む人が増えてきます。

どちらにしても毛穴ケアは早い段階で始めなければ、すっぴんになることは難しいでしょう。

毛穴ケアの重要なポイントは洗顔です。

しっかり洗顔しなければどんどん汚れが蓄積されていきます。

その上からメイクを毎日するので、毛穴が綺麗な状態でいなければどんどん汚れは目立っていくでしょう。

毛穴ケアには顔のホットパックがおすすめです。

定期的に蒸しタオルで温め、毛穴が開いた頃合いを見て洗顔しましょう。

毛穴は放っておいてはいけません。

美顔器などのグッズを使うのも効果的

顔のケアには限界があるのは仕方が無いことです。

どんなに頑張ってもケア以外にストレスや色々な要因によって状態は悪くなることもあるのです。

そんなときは美顔器などの美容アイテムを使うのも良いでしょう。

今はとにかく美容アイテムが豊富で何を選べば良いのか悩むところです。

ただ大切なことは自分のどのパーツに使いたいか、用途を考えて選ぶことをしてみましょう。

やみくもに選んで手当たり次第にケアしても飽きてしまいますし、やらなくなる可能性があります。

そうならないためには一か所を重点的にケアして効果を出すことです。

一か所に効果が出れば、次は別の箇所…と続けて行くことができるでしょう。

そうすることで飽きませんし、綺麗になることを実感できます。

人はすぐに結果を求めてしまいますが、そうそう結果がすぐに出ることはありません。

肌のサイクルなども考えて自分に合うケアを考えることも必要です。

5.生活習慣を見直す

すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、生活習慣を見直しましょう。

すっぴんが自慢できる人は生活習慣をきちんと心がけている人がほとんどです。

食生活も好き嫌いせず、まんべんなく色々な食品を取り入れ、栄養も考えた食生活を送っています。

またやはり適度な運動でしょう。

すっぴんが綺麗になるのはまず代謝が大切です。

肌の代謝のためには血行が良い体質づくりも必要になってきます。

どうしても仕事をしていると日々のストレスや忙しさで不摂生になってしまいます。

食事も簡単なもので済ませてしまったり、遅くまでお酒を飲むなどを繰り返しているとお肌に良いわけがありません。

それを解消するために休日に集中して体のためにいろいろなことをする人もいますが、まずは毎日が大切です。

少しでもお肌のためになるように生活習慣を考えていきましょう。

食事の時間や栄養バランス

生活習慣の見直しはまず食事からが基本となりますので早速始めましょう。

仕事が忙しかったり、趣味や習い事でなかなか時間が決まった時間に食事をとることが難しい人は多いのではないでしょうか。

忙しいほどどうしても食事は後回しになってしまいます。

また朝は食事を抜いたり、夜遅くに食べるなど事情によって人それぞれです。

ですが食事はまず綺麗な肌のための基本です。

栄養バランスを考えた食事が何よりも大切なのです。

どうしても忙しく夜は遅くなってから食べる、という人は朝食と昼食をきっちりとるようにしておくと夜は軽めで済みます。

夜にボリュームのある食事をとると消化しきれませんし、肌に良くありません。

朝と昼にきっちりと栄養を考えた食事を持ってくることで体調は良くなります。

ぜひ食生活の見直しをしてみてください。

しっかりと睡眠をとる

睡眠
食事とともに大切なのは睡眠です。

睡眠を快適に取れると疲れは取れますし、体力回復に効果的です。

当然お肌にも睡眠は密接に関係しているのはご存知の通りでしょう。

ですが睡眠を取っていても質が悪ければ意味がありません。

質の良い睡眠を取るためにも食事の時間は大切ですし、運動や入浴なども全てが関係します。

睡眠がお肌に直結すると考えた場合、夜更かしはもってのほかです。

どうしても遅くまでスマホなど見てしまいがちですが、それは自分で調整できることです。

また体が冷えていると快適な睡眠に入ることができませんので、就寝前にゆっくり入浴してみてください。

また入浴ができなかった場合は足湯で10分程度足を温めてみるのもおすすめです。

お肌のためにも質の良い睡眠を取ることを心がけましょう。

適度な運動をする

最近は適度な運動を心がける人は増えています。

マラソンブームにより毎日の軽いランニングをルーティンとしている人は増えましたし、スポーツジムに定期的に通う人も多いでしょう。

ただ運動が苦手、めんどくさいという人も多いと思います。

そのような人は、外出を利用しましょう。

一駅歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を利用するなど運動量は増やすことができます。

ぜひやってみましょう。

姿勢を正しくする

それでもなおかつ運動は嫌、そういう人はその場でできることがあります。

姿勢を正しくするということです。

意外ときちんとした姿勢は体力を使います。

黙って座っていると姿勢はどんどん悪くなります。

そこを頑張って姿勢を良くすることに集中してみましょう。

女性は特にお腹の力を抜いて座っている人が多いです。

そのためポッコリお腹になったり、太る原因にも繋がってしまいます。

太ると代謝が悪くなり、結果的にお肌に影響します。

すべてが悪循環へと繋がるのです。

ちょっとの心がけで十分改善できるのを知りましょう。

姿勢を正すことは今すぐできます。

その効果はお肌だけではなく、ダイエットにも効果となって現れるでしょう。

姿勢を正すのは仕事中も家でもできます。

習慣付けができれば歩く姿も変わってきます。

早速やってみましょう。

6.すっぴん風メイクで誤魔化す

すっぴんでもかわいいと思われたいのであれば、すっぴん風メイクで誤魔化してしまいましょう。

いわゆるナチュラルメイクですが、これは薄くすればすっぴん風になるということではありません。

意外と難しく、プロでもナチュラルメイクをするのは大変なのです。

ナチュラルメイクは自然な感じでありながら肌の欠点を隠し、血色良く見せることがもっとも大切です。

肌の欠点を隠すということはどうしてもベースメイクを厚くしなければなりません。

そこを下地とコンシーラーによってうまく調整するテクニックが必要になってきます。

それをうまくできることでファンデーションも厚くしなくて済みます。

メイクにはテクニックは必須です。

ぜひ自分の顔でメイクの練習をしてみましょう。

意外と種類豊富な夜用のコスメ

今は夜用コスメがとても豊富です。

夜用コスメはそれぞれの用途で違ってきますが、例えば睡眠時に集中して肌ケアをしたい人向けに夜用のコスメがあります。

その他にも女性であれば彼と一緒にお泊りしたり、友達と温泉へ行くなどすっぴんを晒さなければならない場面があります。

そんなときに夜用コスメなのです。

夜用コスメをしてそのまま睡眠を取ることができるので、すっぴんを見せたくない人もずっと綺麗な肌でいることができます。

また夜用コスメはスキンケアに特化しているので肌を綺麗に保ちながらメイクもばっちり、そんな使い方もできます。

ぜひ夜用コスメをチェックしてみてください。

肌に優しいものをチョイスして

人の肌の質は人それぞれです。

肌が丈夫な人がいれば敏感肌の人もいます。

またどんなに丈夫な肌でもそれなりに紫外線やストレス対策はするべきです。

これだけのコスメが世の中に溢れていますから、自分に合うものを探すのは大変です。

またずっと使っているものでも体調や体質の変化で突然合わなくなることもあります。

肌はそれほど敏感で繊細です。

常に自分の肌に合うものを探すことは当然です。

また使い心地が良いからといって違和感を感じても使い続ける人がいますが、それはNGです。

少しでも違和感を感じたら使用を止め、自分に合うものを探しましょう。

すっぴん美人を目指すなら毎日の努力が必要不可欠!

いかがでしたでしょうか。

すっぴん美人は一日にしてならずです。

女性にとってスキンケアはとても重要な毎日のルーティンです。

ちょっとでも手を抜くとすぐに反応することでしょう。

それだけ毎日真剣に自分の肌と向き合うことが大切なのです。

すっぴん美人を目指すのであれば毎日の努力は惜しんではいけません。

自分に合うケアでぜひすっぴん美人を目指していきましょう。