ニックネームの付け方とタイミング8選!苗字呼びから切り替わるベストなタイミングを教えます【好きな人編・友達編】について
突然ですが、あなたは人からなんと呼ばれていますか。

職場であれば〇〇さん、と苗字にさん付けで呼ばれることがほとんどではないでしょうか。

ですが次第に仲が良くなってくると〇〇ちゃん、または他のニックネームで呼ばれることもあるでしょう。

またカップルや友達は呼び方一つで距離感は変わります。

この記事ではニックネームの付け方とタイミングについて紹介していきます。

ニックネームで呼ぶと距離が縮まる

苗字で呼び合うというのはどこか距離感を感じるものです。

それでも今はそのような時代なのかもしれません。

昔は小学生や中学生の頃は男女関係なくお互いに苗字の呼び捨てやニックネームやあだ名で呼び合うのは普通でした。

ですが今は生徒同士でも「さん」付けが基本です。

クラスはニックネームやあだ名で呼び合うことでどこかみんなが親近感がありクラスの輪も守られていましたが、今は時代の流れなのか「さん」付けでよそよそしさがあります。

恋愛でも「さん」付けなどで呼ぶのは距離を感じることもあります。

そのため思うように恋愛感情を表現できないこともあるのではないでしょうか。

ですがやはり好意のある人とは距離を縮めたいもの。

そんなときはニックネームで呼んでみるとたちまち距離感は縮まりますし、相手にもはっきりと意識をさせることができるでしょう。

好意を持っていることが伝わる

ニックネームで呼ぶと、好意を持っていることが伝わります。

人はなぜ単なる苗字にさん付けで呼ぶのではなく、ニックネームで呼びたくなるのでしょうか。

それは相手と親密になりたいという気持ちがあるからです。

特に好意を持っている相手にはニックネームで呼ぶことで注目されることは間違いありません。

それまではさん付けをしていたのにある日突然ニックネームで呼ぶ。

初めて呼ぶときはドキドキしますが、大いに相手にはインパクトを与えることはできます。

好意を持っていることを分かってもらうのにはこうした呼び方の変化ということもありでしょう。

親しみが湧きやすい

親しい男女
ニックネームで呼ぶと、親しみが湧きやすいということがあります。

やはりニックネームで呼び合うことは親密さが伺えます。

側から見ていても仲が良い二人に見えますし、そんな二人の間には入りにくい雰囲気があります。

またそれまではお互いにさん付けで呼び合っていても、知り合いになって仲良くなってくると自然とニックネームで呼び合う関係になっていくものです。

親しくなると逆にさん付けがよそよそしくなっていくということもあります。

どちらからともなくニックネームで呼ぶようになると暗黙の了解でお互いにニックネームで呼び合うようになり、より親しみが湧いてくるのは自然な流れでしょう。

特別感がある

ニックネームで呼ぶと、特別感があります。

特にみんなが呼んでいるニックネームではなく、自分だけのニックネームで呼んだり呼ばれることはより特別な存在である、ということを強調したい心理があります。

それほどニックネームで呼ぶということは二人の信頼関係が成立しているということですし、みんなとは違う呼び方をするのはより親密な関係になりたいという願望や相手もそれを望んでいるという気持ちがあるということが伺えます。

ニックネームで呼び合うということは気持ちも通じ合っている相手だからこそ呼べるということがあるのです。

おすすめなニックネームの付け方とは?

では相手を呼ぶのに最適なニックネームの付け方はどのようなものがあるかここで紹介してみます。

今はさん付けで呼んでいるけれどニックネームで呼びたい人がいる、そのような人はぜひ参考にしてみてください。

思い切ってニックネームで呼んでみましょう。

名前の一部+くん

おすすめなニックネームの付け方として、名前の一部+くん付けで呼んでみましょう。

好意を持っている男性がいてもなかなか普通に呼んでいては二人の距離は縮めることはできません。

まずはニックネームで呼んでみて相手にインパクトを与えてみることです。

突然さん付けから名前の一部にくん付けされると驚くでしょう。

なぜニックネームで呼んだのか聞いてくるかもしれません。

そんなときこそ会話をするチャンスです。

会話にこぎつけることができれば大いなるチャンスですが、意外にもくん付けに変えられてても気が付かない男性は多いです。

男性は無頓着な人も多く、時には気が付いていない人もいるものです。

初歩的な名前の変え方ではありますが、これで気が付いてくれた男性はもしかして脈ありという可能性もあります。