レンタル彼女とは?働く際のメリットと注意点5個!お客さんを好きになってしまった時の対処法も教えます!について
レンタル彼女というのをご存知でしょうか。

最近はレンタル彼女だけに限らず、レンタル家族、レンタル友達…レンタルシリーズのサービスが人気です。

利用した経験のある人それぞれにいろいろな思いがあって利用しています。

今回はそんなレンタル彼女に焦点を当てて紹介していきます。

働く際のメリットと注意点や、お客さんを好きになってしまった時の対処法もご紹介したいと思います。

レンタル彼女って何?

そもそもレンタル彼女ってなに?と思った人もいるのではないでしょうか。

レンタル彼女とは、恋人代行サービスで気に入った女性を指名してデートというサービスを提供してもらう、女性を彼女に見立ててデートをする、それがレンタル彼女というわけです。

派遣型接客サービスであるレンタル彼女は少々風俗的に捉えてしまう人もいることでしょう。

ですがそれはなく、あくまでも健全でなおかつ幸せな時間を提供するサービスです。

なかなかリアルな彼女ができなかったり、もともと彼女は必要ないと思っていたり、人それぞれの思いがあり疑似恋愛を体験してみたくてこのサービスを使います。

また疑似恋愛ではなくても誰かととにかく今日は一緒にいて話を聞いて欲しい、そんな人も利用しています。

料金を支払い疑似恋愛を楽しむもの

レンタル彼女は料金を支払ってデートをします。

サービスを利用する男性にとってはまさに疑似恋愛を楽しめるわけです。

またレンタルされる側の女性もそれをサービスとして提供するのですから、レンタルされている間はまさに彼女として徹することになります。

はたから見るとまさかその日、そして数時間限りの関係には見えないと思うようなデートを楽しむことができます。

まさにカップルのような会話をして、デート気分を味わうことができます。

好みの女性から選べる

レンタルできる女性のことをキャストと呼んでいます。

やはり自分好みのキャストとデートを楽しみたいと思うのは当然です。

そのため一つのサイトだけではなく、いろいろなサイトでキャストをチェックする人は多いでしょう。

また気に入ったキャストは継続して指名したり、気分を変えて違うキャストを指名したり、楽しみ方は色々あります。

キャストもいろいろな女性が待機しているので、自分好みの女性を探すのを楽しむ男性は多いかもしれません。

料金相場はおおよそ1時間5000円〜

レンタル彼女を利用するのに一番気になるのは料金でしょう。

だいたいどこも指名料+基本料金+出張料というのが名称は違えど料金体系はこのようになっています。

その基本料金の相場が大体1時間5000円程度となるわけです。

指名料は取るところと取らないところがあります。

出張料というのは遠方へ行く際の交通費などを指しています。

またこれ以上は一切費用は掛からないというサイトもあれば、オプションを利用するごとに費用がかかるサイトもあります。

例えば手をつなぐ、ハグをするなど一つオプションを利用すると支払う料金は増えていくということになります。

さらにデート代は当然依頼する人が負担することになるので、一度サービスを利用すると結構な費用が必要となるでしょう

性的サービスは一切無し

レンタル彼女のサービスで一番大切なことは性的サービスは一切無し、ということです。

このルールは守らなければいけません。

あくまでも好みのキャストとデート気分を味わう、またその時だけは本当の恋愛を楽しむ、そうしたサービスがレンタル彼女なのです。

利用客の特徴

レンタル彼女を利用する客
では一体どのような人がレンタル彼女を利用するのでしょうか。

幅広い年齢層の男性が利用していますが、意外と高齢者の利用が多く増えているという状況です。

これまで利用はしたことがないけれど一度は彼女をレンタルしてみたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。

また女性も実際にサービスを提供するキャストとして働いてみたい、と思っている人もいるかもしれません。

こうしたいわゆる接客業は人とのコミュニケーションを必要とします。

また常に笑顔でその時間だけでも楽しく過ごして欲しいと思うサービス精神も必要です。

ただ男性と一緒に遊べばいい、というわけではないのです。

利用客に合わせたサービスも大切なので、とても人生に大きく影響する仕事でもあるのです。

まずはここで利用客の特徴をチェックして双方関心を高めてみましょう。

恋愛経験がない人

レンタル彼女の利用客の特徴として、まずは恋愛経験がない人が挙げられます。