呼び方のシチュエーション10選【彼氏編・片思いの男性編】男性に言われてみたい呼び名を妄想してキュンキュンしようについて
好きな人からなんて呼ばれるかで女性は気持ちが上がったり下がったりします。

付き合う前は「〇〇さん」とさん付けであっても、親しくなると呼び方がだんだんと変化するものです。

そして付き合い始めるとお互いにどのように呼ぶのか相談することもあるでしょう。

今回はそんな男性からの呼び方について紹介してみます。

あらゆるシチュエーションを想像してキュンキュンしてみてください。

恋愛のなかで呼び方はかなり重要

恋愛をしていると相手からの呼び方はとても重要です。

まだ付き合う前ならさん付けだったり、もともと仲が良い関係であればすでにあだ名やニックネームで呼ばれていることもあるでしょう。

つまり呼び方で相手との親密度が分かるわけです。

人は仲良くなった人に親愛を込めてあだ名やニックネームで呼ぶ事が多いです。

そこにはもっと仲良くなりたいという思いも込められています。

特に恋愛では親密になりたいという気持ちから呼び方を変えてみたりするものです。

ですがなかなか相手の名前の呼び方を変えるということは難しいと感じる人は多いのではないでしょうか。

簡単そうで実はとても難しい、それが呼び方を変えることだと言えるでしょう。

呼び方は彼との距離感を示すバロメーター

呼び方で相手の親密度が分かるというのは先述した通りですが、やはり恋愛では特に彼との距離感を示すバロメーターであることは間違いありません。

彼があなたをどのように呼んでくれるかで二人の距離感を測ることができます。

カップルになるとある程度はお互いの呼び方をそれまでとは変えることは多いでしょう。

それは二人だけで呼び合うわけですから、普段の呼び方とも違うことはあるものです。

付き合う前からの呼び方で特に変えない場合もあります。

もともとあだ名やニックネームで呼び合っていた場合は、カップルになって変えないことも多いです。

ただ意外にも、もともと苗字にさん付けしていたり、苗字を呼び捨てにしていてカップルになってもそのまま、という男性はいます。

付き合ったのに苗字のままでは二人の距離が近づいていないと感じる女性もいることでしょう。

それほど呼び方というのは二人の距離を近づけるためのバロメーターだと言えるわけです。

親しい人には特別な名前で呼ぶ

呼び方を変える対象になる人はカップルではなくても親しい友達、家族などごくごく親しい人をあだ名やニックネームで呼ぶことは多いでしょう。

逆に親しくもないのに呼び方を変えるというのは変に思われますし、馴れ馴れしいと思われるもの。

その人の呼び方を特別な名前で呼ぶというのは、それほど親しみがある相手であると言えるわけです。

むしろ親しくなければ呼べない呼び方というのもあることでしょう。

例えば容姿を呼び方の中に入れてみたり、性格的な言葉を入れてみたり、傍から見るとあまり良い呼び方ではなくても親しいからこそ呼べる呼び方もあるものです。

今で言うとモラハラとして受け止められても仕方がないということもあります。

ですが呼び方を特別な名前で呼ぶというのは、そこに信頼関係が成立しているということにもなります。

二人の間でしか呼び合えない呼び方は、お互いを理解し合っているからこそできるということでしょう。

呼び方を変える事で関係性が近づく

呼び方を変えることで二人の距離は近づくということは十分にあり得ることです。

ただ最近はあまりあだ名やニックネームで呼んで欲しくないという人もいます。

つまりさん付けで呼んで欲しいと思う人もいるわけです。

そのような人は周囲とさほどコミュニケーションを取りたがらない性格かもしれません。

親しくなるとややこしく感じてしまったり、面倒に巻き込まれることを懸念して敢えて距離を取る人はいるものです。

そのような人とは敢えて距離を縮めない方が無難です。

人にはそれぞれの事情や考えがあることも踏まえておきましょう。

ただ、多くの人は誰かと親密になりたいという気持ちがあります。

交友関係を広くすると人は不思議と安心することができます。

一人と仲良くなれば次はその仲良くなった人の知り合いと仲良くなり、どんどん繋がっていきます。

そうして繋がっていくと親しみを込めてあだ名やニックネームで呼び合うことはごくごく自然な流れです。

人はそうして関係性を持って行くのです。

距離を縮めやすい

相手の呼び方を変えると距離を縮めやすくなります。

それまではさん付けだったのに、ちゃん付けで呼ばれたり、みんなが読んでいるあだ名やニックネームで呼んでくれると嬉しく感じます。

つまり呼び方が変わって仲良くなっていくと相手に心を開けるようになっていきます。

それほど呼び方というのは人の気持ちを変えやすいものなのです。

例えば恋愛中のカップルを想像してみましょう。

喧嘩をしているカップルで彼が彼女に甘えたように呼び方を変えて呼ぶだけで女性の怒りは収まることがあります。

言葉では怒りつつも、顔には笑顔が見られ、許さざるを得ない雰囲気になっていきます。

女性にとって呼び方が変わるということが心を開くきっかけになるのです。

好意を感じさせやすい

例えば男性に「〇〇ちゃん」って呼んでいい?とか「何て呼んだらいい?」と言われたら女性はどう感じるでしょうか。

「どうぞ好きなように呼んでください」と思うでしょう。

別にみんなが呼んでいる呼び方ではなくてもいいわけです。

突然男性から呼び方変えられたら、好意を感じずにはいられません。

それほど男性からの呼び方変更は衝撃的であり、多くの女性は男性が自分に好意を持っていると認識します。

呼び方を変えるというのは一つのアプローチであると捉える女性は多いと言えるでしょう。

呼び方のシチュエーション10選【彼氏編・片思いの男性編】

呼び方のシチュエーションとしてどのような場面があるのか具体的に紹介していきます。

呼び方のシチュエーションと言っても、彼氏であるか片思いの男性かによって違いも出てきます。

ぜひ男性がどのような場面で呼び方を変えてくるのかチェックしてみてください。

彼氏編

彼氏
彼氏の呼び方のシチュエーションとしては二人だけの時と周囲の前と呼び方を変えるということをします。

それなりにメリハリを付けて呼ぶことで、自分の中でオンオフのスイッチを切り替えているということになります。

彼女にとってはそんなメリハリのある男性はきちんとしていますし、信頼関係も築けるのでより好きな気持ちが増すでしょう。

1.二人きりの時だけに特別な呼び方をされる

カップルがお互いを特別な呼び方で呼んでいるということはよくあることです。

例えば極端に言えば「ハニー」「ダーリン」などラブラブイチャイチャしているときに呼び方を変えるということはよくあることでしょう。

カップルがそのようなことをするのは、やはり二人の気持ちを盛り上げる気持ちがありますし、とにかく親密であるということを感じていたいということがあります。

ただ周囲にバレると引かれることもあります。

そういう引いている人の中にも、こうしてカップルで二人だけの特別な呼び方をしている人もいるでしょう。

自分たちはしてもいいけれど、他人がしていたらドン引きしてしまうというのは人の恋愛は笑えない、という心理があるのです。

2.普段は呼び捨てだけど時々ちゃん付けされる

彼氏が彼女のことを呼び捨てにするのは至って普通のことです。

ですが普段は呼び捨てなのに時々ちゃん付けしてくることはないでしょうか。

バツが悪いときにそのように呼ぶことがあります。

例えばデートの約束をしているのに急に友達からの誘いがあってそっちを優先したいとき、はたまた嘘を付いてしまったとき、自分に非があるときにこうしてちゃん付けして彼女のご機嫌を伺う男性は多いです。

彼女も慣れてくると「あ、何かやらかしたな」と察しがついてしまいます。

男性は実に単純明快に彼女にすり寄ってくるものなのです。

3.甘える時に子供みたいに名前を呼ぶ

男性には甘えモードになると赤ちゃん言葉になる人がいます。

まるで自分が子供のように彼女にいつもと違う呼び方をして、甘えん坊になるシチュエーションはカップルではよくあることでしょう。

女性はこのような甘え上手な彼氏についつい母性本能を感じてしまうものです。

ただ甘え上手な彼氏は彼女の呼び方を変えるのも得意です。

甘えたついでにどんどん呼び方を変えていくことができるのは甘え上手な彼氏ならではですし、彼女に子供のように甘えることができるのも甘え上手な彼だからこそできることなのです。

4.彼女の両親の前ではさん付けする

その場その場で臨機応変に対応できる彼氏がいるととても頼もしく感じるものです。

特に彼女の両親の前ではいつもの呼び方ではなく、きちんとさん付けで呼ぶことは当たり前であることとは言え、彼氏としてきちんと挨拶できる彼を両親に認めて貰える気がして誇らしく感じることでしょう。

名前の呼び方一つでもその人の性格が分かったり、常識があるのかどうかも判断できることがあります。

きちんとした場面でそれなりの対応ができる彼氏がいるのは彼女にとっても嬉しい存在でしょう。

5.イチャイチャ中の愛情のこもった「お前」

イチャイチャ
よく女性の中には「お前」呼ばわりを嫌う人がいます。

その反面、嬉しいと感じる人もいるのです。

お前呼ばわりが嫌いだという女性は上から目線でがさつな感じがするから嫌、ということをよく聞きます。

確かにちゃんとした名前があるのにお前呼ばわりされるのは苦手な人は多いことでしょう。

ですがそんなお前呼ばわりでもシチュエーションによっては違和感を感じないこともあります。

それはイチャイチャしている時です。

彼に甘えられて言われるときの「お前」は愛情がこもってむしろ嬉しさを感じることもあるのです。

同じ呼び方であってもそのシチュエーションで捉え方が違うと気持ちが変わるということもあります。

片思いの男性編

片思いの男性の呼び方のシチュエーションとしては、女性にどうアプローチしていけば良いのか分からず少々ずれた感じで思わず呼び方を変えてしまうことがあります。

本当は彼女との距離を縮めたくてアプローチのつもりで呼び方を変えたいのに、恥ずかしさとプライドが気持ちの中で交錯して女性には分かりにくいアプローチになってしまうこともあるでしょう。

そのため相手の気持ちに気付いていない女性にとっては呼び方を変えられると違和感を感じることもあります。

片思いの男性が女性の名前を変えて呼ぶときは、できるだけ気持ちが分かりやすく出るように変化を付けてみるのがコツでしょう。

6.急に呼び捨てにされる

例えば職場であったり、そこまで仲は良くないけれど少し会話をする程度の男性に急に呼び捨てにされると女性は驚くでしょう。

いくら男性側に好意があったとしてもそれを知らない女性にはあまり呼び捨てにされることは気分のいいものでないときがあります。

ただ女性も好意を持っているときは別です。

女性も少なからず男性に好意があると呼び捨てにされることは、驚きはしても嬉しく感じるでしょう。

呼び捨てにするというのは親密な関係でなければできません。

相手が親密になりたいと思っていることが感じ取ることができれば女性も受け入れやすいでしょう。

7.酔った勢いで下の名前で呼ばれる

酔っている男性
酔った勢いで女性を下の名前で呼ぶ、という男性はよくいます。

酔った勢いを利用しなければ呼べないという男性もいるのです。

ですがお酒の場は思い切って呼び方を変えるチャンスがあるシチュエーションです。

お酒は人の気持ちを大きくします。

そんなシチュエーションで好きな女性を下の名前で呼んでみると意外と女性も酔った勢いで受け止めてくれることも。

その流れでシラフのときも呼び捨てにしてみるのも方法ではありますが、女性がすっかり忘れている可能性も否定できません。

そんなときは「飲み会で下の名前で呼んでごめん」と謝ってみると良いでしょう。

女性が「ぜんぜん平気です。いつでも呼んでください」と言ってくれるとアプローチ成功でしょう。

8.大勢でいるときに彼だけの特別なあだ名で呼ばれる

片思いの男性が好きな女性の呼び方を変えるだけでも大きな出来事であるのに、彼だけの呼び方で大勢の前で呼ばれると女性だけではなく、周囲も驚くことでしょう。

ですが特別感があり、彼が女性を好きだという認識を周囲に知らせることができます。

ただこれでは女性からするとアプローチの順番が少し違うように感じてしまいます。

そのため自分に対して好意があるわけではなく、単なるじゃれている感覚で特別なあだ名で呼ばれたのだと感じてしまうことでしょう。

片思い中の男性は大勢の前で周知してもらうことで自分が女性にアプローチの権利を得たと認識させる意図がある場合があります。

片思い中の男性はこのような分かりずらい周囲から固めていくアプローチをすることもあるのです。

9.年下からちゃん付けで呼ばれる

年下からちゃん付けされるとどこか馬鹿にされたような気分になるかもしれません。

男性が年上の女性をちゃん付けするときはあまり年上と意識していない心理があります。

どこか天然な彼女を年上目線で見ている気持ちもあるわけです。

そんな年下男性が年上の女性に対してちゃん付けで呼んでみることは女性に大きなインパクを与えることができます。

女性を可愛いと思う気持ちがついついちゃん付けしてしまうという心理が男性にはあるのです。

10.待ち合わせで遠くから名前を呼ばれる

まだ付き合う前の二人が遊ぶ約束をしたときに待ち合わせで思い切って呼び方を変えてみるのもアプローチの方法です。

多くの男性は待ち合わせ場所で遠くから名前を呼ぶということはしません。

呼ぶのは恥ずかしいですし、そろそろと女性に近づいていくことが普通です。

ですが片思い中の男性はこのときがアプローチのチャンスです。

いつもはよそよそしい呼び方をしていても待ち合わせで彼女を見つけたときに思い切って下の名前など呼び方を変えて呼んでみると良いでしょう。

最初は彼女は気が付かないかもしれませんが、すぐに彼女も気が付いて笑顔を見せてくれることでしょう。

女性が喜ぶ呼び名とは?

女性は呼ばれて嬉しい呼び方とそうではない呼び方があります。

もちろん好きな人からはどのように呼ばれても嬉しいものではありますが、あまりに変な呼び方をされるのは苦手です。

では一体どのように呼ばれると女性は喜んでくれるのでしょうか。

ここではそんな女性が喜ぶ呼び名を紹介してみます。

ぜひ男性は参考にしてみてください。

下の名前で呼び捨て

女性が喜ぶ呼び名として、やはり一番は下の名前で呼び捨てをすることでしょう。

人を呼び捨てで呼ぶということは、よほど親密な関係でなければできないものです。

例えば親や親友など気の許せる相手でなければ呼び捨てにされると女性は不快に感じることがあります。

好きな人からももちろん呼び捨てされることはOKです。

男性からの呼び捨ては自分が彼女であるという特別感を得ることができるものです。

お互いを呼び捨てで呼び合えることが理想であるカップルは多いことでしょう。

下の名前にちゃん付け

女性が喜ぶ呼び名として、下の名前でちゃん付けすることでしょう。

ちゃん付けされるというのはなんだか上から目線に感じる人もいますが、何歳になっても名前をちゃん付けされるのは女性としては嬉しいものです。

年齢を重ねるとだんだん名前の呼び方のバリエーションは減っていきます。

何十年も寄り添う夫婦が次第に名前で呼ばなくなるのも敢えて名前を呼ぶ必要がなくなっていくこともあります。

ですが年齢をある程度重ねても女友達同士でちゃん付けするなど昔からの呼び方をすることは変えようはありません。

女性は何歳になってもちゃん付けされると嬉しいものなのです。

苗字にさん付け

女性が喜ぶ呼び名として、苗字にさん付けすることがあります。

これは親近感がない呼び方に感じてしまうことがありますが、最近は苗字にさん付けで良しとする女性は多いです。

逆に変化を付けた呼び方が苦手な人が増えています。

それは馴染みがない呼び方をされると自分自身違和感を感じたり、むしろ親密になっていくことに抵抗がある場合があるためです。

いろいろな変化球でいろいろな人から呼ばれるよりも、統一して苗字にさん付けされたほうが落ち着くという心理があると言えるでしょう。

語尾に「たん」を付ける

女性が喜ぶ呼び名として、「たん」を付けることがあるでしょう。

「〇〇たん」と呼ばれるととても親近感があるように感じます。

特に彼にこのように呼ばれるということはラブラブモードに入りやすいですし、女性として彼に甘えやすくなります。

女性にとってどう呼ばれるかで甘え方も変わってくるので、男性はこうした甘えたときのような呼び方で呼ぶと女性も甘えやすくなるのでぜひやってみましょう。

彼しか呼ばないあだ名

女性が喜ぶ呼び名として、彼氏しか呼ばないあだ名があります。

彼氏しか呼ばない呼び方があると特別な存在を意識することができます。

カップルは特にラブラブするときだけにしか使わないお互いの呼び方があるものです。

彼が彼女に甘えるときに使う呼び方や彼女が彼にラブラブモードの時に呼ぶあだ名。

それによってラブラブする合図にもなることがあります。

このときばかりは男性も普段見せないような甘えた感じで呼んでくれることでしょう。

カップルにとってはこの呼び方がお互いのバロメーターとなるので、よりラブラブになりたいカップルはお互いを特別なあだ名などで呼ぶことはいつまでもラブラブすることができるのでおすすめです。

女性はいつもとは違う呼び方をされたときにキュンとする

なんだかマンネリな日々。

ちょっとした刺激が欲しいと思うのは誰でも思うことです。

特にカップルは刺激があると特に楽しくなることは間違いありません。

ですが刺激を求め過ぎてしまうと二人の関係がギクシャクしてしまったり、喧嘩をしてしまったりすることもあるものです。

そんなときにちょうど良いのが呼び方を変えてみることです。

意外とこれは効果があります。

いつもと呼び方を変えるだけで女性の気持ちは上がりますし、キュンとさせることもできます。

ただ彼氏からいきなり呼び方を変えて呼ばれると女性の中にはあらぬ疑いをする人もいるかもしれません。

きっと何かよからぬことがあって呼び方を変えてきたのではないか、という猜疑心を持ってスルーする人もいることでしょう。

ですがそんな女性にも何かしらのインパクトを与えているのは間違いありません。

まずはちょっとした刺激を求めて男性は彼女の呼び方を変えてみましょう。

マンネリを防ぐのにも効果的

いつもと違う呼び方をされると女性はキュンとします。

カップルにとってマンネリはよくありません。

ありきたりの毎日はカップルには実につまらないものです。

カップルによってはそんなマンネリからなんとか脱出しようといろいろと試みていることもあるでしょう。

そんなマンネリから脱出する試みの中にぜひ呼び方を変えるということも付け加えてみてください。

例えば毎月呼び方を変えてみたり、定期的に変えてみるなど次はなんて呼ばれるのか楽しみに待つことはワクワクするものです。

ちょっとしたことでマンネリから脱出できるのであれば、呼び方を定期的に変えることはごくごく簡単にできるでしょう。

呼び方を変える最適なタイミング

多くのカップルは付き合い出すとまずはお互いに何と呼び合うのかを考えるのではないでしょうか。

ですがカップルにとってはお互いの名前の呼び方を変えるタイミングが分からないこともあるかもしれません。

そんなカップルのために呼び方を変える最適なタイミングを紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてください。

初めてきちんと会話した時

呼び方を変える最適なタイミングとして、初めてきちんと会話した時が挙げられます。

このタイミングで呼び方を変えるカップルはさほど居ないかもしれません。

ですが最初に呼び方を変えておくと、のちのちカップルになった時に楽です。

よくカップルは付き合うまでの間は苗字にさん付け、名前にさん付けなどが定番です。

まだ距離感があるうちはあまり変化系にすることはできません。

そこで初めてきちんと会話したときに「なんて呼んだらいいですか?」と聞いてみましょう。

そこから二人の距離を縮めていくことができます。

初デートの時

デート
呼び方を変える最適なタイミングとして、初デートの時が挙げられます。

せっかくの初デートなのですから苗字にさん付けで呼び合っていてはカップル感はありませんし、いつまでもよそよそしく感じるものです。

そこでまず初デートの一番最初にお互いの呼び方を確認し合いましょう。

いつもなんて呼ばれているのか、なんて呼んで欲しいのか、逆になんと呼ばれると嫌なのか、いろいろと確認しておくこともしてみてください。

付き合っていくうちに呼び方を変えていく上で参考になる情報は早めに得ておきましょう。

二人で飲みに行って盛り上がってきた時

呼び方を変える最適なタイミングとして、二人で飲みに行って盛り上がってきたときが挙げられます。

シラフではどうしても照れてうまくできない、と思ったときはお酒頼みで酔った勢いで呼び方を変えてみましょう。

お酒が入るととても言いやすくなります。

お酒は気持ちを大きくしてくれるので、思わずポロっと彼女を違う呼び方で呼んでみてください。

彼女もお酒の勢いで喜んでくれると思いますし、もしかするとずっと呼び方を変えてくれない彼にやきもきしていたかもしれません。

ここで呼び方を変えることで日頃から呼び方を変えてくれないことに不満を持っていた彼女も気持ちがすっきりすることでしょう。

LINEでやりとりし始めた時

LINE
呼び方を変える最適なタイミングとして、LINEでやりとりし始めた時が挙げられます。

LINEでいちいち名前を入れていては面倒ですし、イライラします。

そこで簡単な呼び方にしておくとLINEも楽にやりとりすることができます。

カップルになると二人のコミュニケーションはLINEが主流になります。

「〇〇ちゃん、大好き~」など名前を変えて送ってみましょう。

ノリが良ければ相手も「〇〇たん、好きだよ」と返してくれるかもしれません。

お互いの出来事や今思っていることをその都度LINEでやり取りすると二人の距離もどんどん縮まってきます。

このタイミングで呼び方を変えておくと、より親密度が増すのでおススメなタイミングでしょう。

スキンシップをした後

呼び方を変える最適なタイミングとして、スキンシップをした後が挙げられます。

カップルとってスキンシップは重要です。

ちゃんとスキンシップがとれているかどうかで二人の関係が上手くいくかいかないか決まると言っても過言ではありません。

そんなスキンシップをした後というのはお互いに気持ちが高揚しているときです。

そんなときにお互いを特別な呼び方で呼び合うことができればさらに盛り上がります。

大切な存在だからこそ、特別な呼び方でお互いの気持ちを大切にしていきましょう。

家族や友達に紹介する時

呼び方を変える最適なタイミングとして、家族や友達に紹介するときが挙げられます。

このタイミングだとさりげなく変えることができるのでグッドなタイミングだと言えます。

例えばずっとお互いに苗字で呼び合っていた場合、両親に彼を紹介するときに「〇〇さんです」と紹介するわけですが、下の名前にさん付けして紹介してみましょう。

普通はそのまま苗字にさん付けで紹介しますが、ここで思い切って下の名前にさん付けしてみると彼も喜びます。

もちろん彼が彼女に両親などを紹介するときもそうしてあげることで彼女も嬉しくなりますし、きちんと紹介してくれたことでお互いの距離は縮まることでしょう。

好きな彼との妄想でもっと気持ちを高めちゃおう!

いかがでしたでしょうか。

今付き合っている彼をどのように呼んでいますか。

普通に名前でという人は多いことでしょう。

呼び方なんて大した重要ではないのでは、と思う人もいるかもしれません。

ですが呼び方はとても大切ですし、呼び方を変えるだけで刺激的になります。

今はまだ彼がいない、片思い中の彼がいる、という人はぜひ彼との妄想でもっと気持ちを高めてステキな恋愛へと繋げていきましょう。