呼び方のシチュエーション10選【彼氏編・片思いの男性編】男性に言われてみたい呼び名を妄想してキュンキュンしようについて
好きな人からなんて呼ばれるかで女性は気持ちが上がったり下がったりします。

付き合う前は「〇〇さん」とさん付けであっても、親しくなると呼び方がだんだんと変化するものです。

そして付き合い始めるとお互いにどのように呼ぶのか相談することもあるでしょう。

今回はそんな男性からの呼び方について紹介してみます。

あらゆるシチュエーションを想像してキュンキュンしてみてください。

恋愛のなかで呼び方はかなり重要

恋愛をしていると相手からの呼び方はとても重要です。

まだ付き合う前ならさん付けだったり、もともと仲が良い関係であればすでにあだ名やニックネームで呼ばれていることもあるでしょう。

つまり呼び方で相手との親密度が分かるわけです。

人は仲良くなった人に親愛を込めてあだ名やニックネームで呼ぶ事が多いです。

そこにはもっと仲良くなりたいという思いも込められています。

特に恋愛では親密になりたいという気持ちから呼び方を変えてみたりするものです。

ですがなかなか相手の名前の呼び方を変えるということは難しいと感じる人は多いのではないでしょうか。

簡単そうで実はとても難しい、それが呼び方を変えることだと言えるでしょう。

呼び方は彼との距離感を示すバロメーター

呼び方で相手の親密度が分かるというのは先述した通りですが、やはり恋愛では特に彼との距離感を示すバロメーターであることは間違いありません。

彼があなたをどのように呼んでくれるかで二人の距離感を測ることができます。

カップルになるとある程度はお互いの呼び方をそれまでとは変えることは多いでしょう。

それは二人だけで呼び合うわけですから、普段の呼び方とも違うことはあるものです。

付き合う前からの呼び方で特に変えない場合もあります。

もともとあだ名やニックネームで呼び合っていた場合は、カップルになって変えないことも多いです。

ただ意外にも、もともと苗字にさん付けしていたり、苗字を呼び捨てにしていてカップルになってもそのまま、という男性はいます。

付き合ったのに苗字のままでは二人の距離が近づいていないと感じる女性もいることでしょう。

それほど呼び方というのは二人の距離を近づけるためのバロメーターだと言えるわけです。

親しい人には特別な名前で呼ぶ

呼び方を変える対象になる人はカップルではなくても親しい友達、家族などごくごく親しい人をあだ名やニックネームで呼ぶことは多いでしょう。

逆に親しくもないのに呼び方を変えるというのは変に思われますし、馴れ馴れしいと思われるもの。

その人の呼び方を特別な名前で呼ぶというのは、それほど親しみがある相手であると言えるわけです。

むしろ親しくなければ呼べない呼び方というのもあることでしょう。

例えば容姿を呼び方の中に入れてみたり、性格的な言葉を入れてみたり、傍から見るとあまり良い呼び方ではなくても親しいからこそ呼べる呼び方もあるものです。

今で言うとモラハラとして受け止められても仕方がないということもあります。

ですが呼び方を特別な名前で呼ぶというのは、そこに信頼関係が成立しているということにもなります。

二人の間でしか呼び合えない呼び方は、お互いを理解し合っているからこそできるということでしょう。

呼び方を変える事で関係性が近づく

呼び方を変えることで二人の距離は近づくということは十分にあり得ることです。

ただ最近はあまりあだ名やニックネームで呼んで欲しくないという人もいます。

つまりさん付けで呼んで欲しいと思う人もいるわけです。

そのような人は周囲とさほどコミュニケーションを取りたがらない性格かもしれません。

親しくなるとややこしく感じてしまったり、面倒に巻き込まれることを懸念して敢えて距離を取る人はいるものです。

そのような人とは敢えて距離を縮めない方が無難です。

人にはそれぞれの事情や考えがあることも踏まえておきましょう。

ただ、多くの人は誰かと親密になりたいという気持ちがあります。

交友関係を広くすると人は不思議と安心することができます。

一人と仲良くなれば次はその仲良くなった人の知り合いと仲良くなり、どんどん繋がっていきます。

そうして繋がっていくと親しみを込めてあだ名やニックネームで呼び合うことはごくごく自然な流れです。

人はそうして関係性を持って行くのです。

距離を縮めやすい

相手の呼び方を変えると距離を縮めやすくなります。

それまではさん付けだったのに、ちゃん付けで呼ばれたり、みんなが読んでいるあだ名やニックネームで呼んでくれると嬉しく感じます。