ビッチでいる意味とは?軽い恋愛をしてしまう原因8個とそんな恋愛をやめて本気の恋をしたい人がやるべき事とは?について
ビッチという言葉を知っていますか。

ビッチとは「軽い女」を意味する言葉です。

敢えてビッチでいる女性もいます。

今回はビッチの意味を含めてビッチの恋愛について紹介してみます。

ぜひチェックしてみてください。

ビッチでいることに意味はあるのか

ビッチとは、本来の意味はメス犬ですが転じて尻軽女、あばずれ女という意味で使われます。

つまり女性に向かって「意外とビッチなんだね」と言われたら「意外と軽い女なんだね」と言われているということになります。

多くの女性はそんなことを言われると屈辱を感じるものです。

自分ではそんなことを思っていないのに周囲は自分をそう見ていたんだ、とショックを受ける人もいることでしょう。

ですが軽い女はごくごく普通にいます。

ビッチな女性は自覚がない人が多いです。

女性は寂しがりな人も多く、その反動が恋愛依存傾向になってしまうこともあるわけです。

ビッチでいるということに意味などありません。

自分の心を満たしたい、そういう心理が女性にはあるということでしょう。

世の中にいるビッチな女性

あなたの周りでビッチな女性はいませんか。

いつも男性を求めてしまう女性はいます。

ビッチではない人から見ると、友達にはなりたくないと感じるかもしれません。

女性の心の中には少なからずそばに誰かにいて欲しい、と思う瞬間があります。

ただその誰かというのが個人差があり、家族や友達でもいいわけです。

そこがビッチな女性とは違うところです。

ビッチな女性はそばにいて欲しいと思う対象は男性です。

男性を求めてしまうのはその瞬間だけでも現実から逃避したい心理があるのです。

自覚がある人は要注意かも

ビッチであることはほとんど自覚はありません。

ですが女性の中には敢えてビッチな女性になっている人もいます。

それは本能的なものです。

男性を求めずにはいられない心理があります。

つまり恋愛依存、男性依存ということです。

ほとんどの女性はそこで理性が働くのでビッチな心があっても封印しています。

ですが我慢できない女性もいるのです。

そんな自覚がある人は要注意です。

男性依存傾向があると二股三股はもちろん、誰とでもそういう関係にならないとは言い切れません。

心が男性を求めてしまうということなのです。

ビッチでいる意味とは

ビッチな女性はとても心が寂しく、自分の存在価値を人に求めてしまうことがあります。

つまり愛情不足を感じているからなのですが、広い意味で愛情を受けたい心理があります。

男性女性問わず、嫌われることはとても辛く感じてしまうわけです。

このようになってしまうのはやはり育った環境が大きく影響することもあります。

親の愛情を感じることができなかったり、シングルマザーに育てられるなど自分への愛情を感じられる環境ではなかった、という過程が影響していることも。

人に嫌われることはとても苦手ではありますが、相手との接し方もどこか普通ではないこともあります。

誰にでも愛し愛されたい気持ちがあるため自分の身の上話しをしたり、喜怒哀楽を出してしまうなど自分の醜態を普通にさらけ出してしまう性格であったりもします。

つまりはビッチな女性は寂しさでいっぱいでそれがほぼほぼ満たされることはなく、いつも誰かを求めてしまうのです。

求められるのが嬉しい

ビッチな女性は誰かに求められることに喜びを見出します。

誰かに求められることは自分が必要とされているということを実感できるからです。

頼りにされると思えることでその時の心は満たされます。

ですが注意しなければならないこともあります。

それは騙されやすいということです。

ビッチな女性は心の弱さがあるため、そこへ悪意のある人からつけ込まれないという保証はありません。

多くの人はどこか虚勢を張って日々生きています。

それは自分の身を守る手段です。

信頼できる相手だと理解できると気持ちを解くことはできますが、ビッチな女性は虚勢を張って生きることができず常にウェルカム状態です。

理解をしている周囲の人はそんな女性に気が気ではないということもあるかもしれません。

承認欲求が満たされる

ビッチな女性はビッチでいる意味として、承認欲求が満たされることがあります。

承認欲求は誰にもである感情ですが、ビッチな女性ほど承認欲求が強い人はいないかもしれません。

誰かに認められたい、欲求の強弱はありますがとにかく自分のどんなことでも認めて貰えることで幸せを感じることができるわけです。

それほど心の中はいつも満たされていない、いわば枯渇している状態だと言えます。

多くの人は満たされない気持ちがあってもそれを隠しますし、そんな気持ちをストレスとして処理してしまいます。

つまりストレスだと感じることでストレス発散をすればいいと思うように心理が働きます。

そのため誰かを誘って飲みに行ったりカラオケで思い切り歌うなど自分を開放させます。

ビッチな女性はそうした気持ちの転換がうまくいかない、要するに自分に正直に生きているとも言えるでしょう。

寂しさを埋められる

ビッチでいる意味として、寂しさを埋められることがあります。

基本的にビッチな女性は寂しさでいっぱいです。

その寂しさを埋めるべく、男性を求めてしまうのです。

単純に寂しさを埋めたいのであれば普通は友達や家族でも良いわけですが、ビッチな女性は男性依存傾向があるため男性をより強く求めてしまうことが多いのです。

ただ一人の男性を愛することもなかなかできません。

そのため尻軽女のようなイメージが付いてしまうこともあるでしょう。

本人にとっては決してそのような気持ちはなく、あくまでも自分の寂しさを誰かによって埋めて欲しい、その一心です。

そうなってしまうと体だけを目的として男性が近寄ってくることはどうしても避けられません。

ビッチな女性はそれを受け入れてしまうことも否めません。

どうしても寂しさを埋めることを優先してしまうという心理があるのです。

色んな男性を知れる

ビッチでいる意味としてはいろんな男性を知れるということもあります。

しかしそれは同性から見るとあり得ないことですし、どこか軽蔑して見てしまうことでしょう。

ビッチな女性は自分を受け入れてくれる男性であれば断ることはしません。

基本的にその時の自分の気持ちを優先することもビッチな女性の心理としてあります。

男性から求められればたとえ他の用事があっても男性を優先することもあるわけです。

色んな男性を知れるということはあっても、やはり相性はあります。

そのためもし同じ男性から再び求められても相性が合わないと思ったときはまた会うことはありません。

実に男性との付き合いはあっさりしていると言ってもいいでしょう。

ですが注意しなければならないことは当然出てきます。

それは男性を本気にさせてしまうことです。

女性に執着してしまう男性はなかなか離れてくれないこともあるので、跡を濁さないようにすることも大切です。

男性を選り好みできる

ビッチでいる意味としては男性を選り好みできることがあります。

ビッチな女性にはどこか女性を惹きつける魅力があることも特徴です。

つまりフェロモンが出ている状態と言えるかもしれません。

そして怪しい雰囲気もあり、ミステリアスな女性は男性は惹きつけられるものです。

そのため男性はどんどん寄ってくるということがあり、男性を選り好みできるということに繋がります。