公私をきちんと区別している方はよりそう思うでしょう。

でも青春時代を思い出してみてください。

同じ学校に通う同じクラスの男の子に恋をしたことは誰にでもあるはずです。