大変なプロジェクトを一緒に乗り越えた、失敗したけど励ましてくれた、そんなことがあったら、こんなに近くに彼はいたのかと気づくことになります。