自分の思い通りにならないこともあるかもしれないけど、同じ楽しさや愛を感じることができる尊い存在が本来あるべき「彼氏」の姿です。