相手のために何かしてあげたい、その気持ちを相手も同じようにもってほしいですよね。

一方的に自分が好意を寄せて満足するのではなく、彼にはあなたのこともしっかり好きになってもらいたい。