友達の作り方について
社会人になると会社でのコミュニティがメインになり、友達作りが難しくなりますよね。

新しく出会っても仕事繋がりで終わってしまうという方も多いのではないでしょうか。

特に異性の友達作りは自分からアクションを起こさないとなかなか出会えません。

しかし、アクションさえ起こせば案外簡単に友達になれるものです。

今回は友達の作り方と友達から恋人に昇格するためのポイントについて詳しく紹介します。

友達を作れば楽しくなる

友達という存在は、励みや癒しになることがたくさんあります。

自分を叱ってくれるような友達は、友達のなかでも非常に貴重な存在です。

しかし、友達の人数=人生の充実度が高いというわけではありません。

友達の多さに満足している人もいますが、人数が多ければ幸せではないのです。

大切なことは、その友達が自分にとって良い影響を与えてくれるかどうかです。

明確なメリットや利益ではなく、一緒にいて落ち着く、励みになるというのも良い影響のひとつです。

そのような友達の存在は人生を豊かにしてくれます。

性別に関係なく、自分に良い影響を与えてくれる友達を作ってみましょう。

友達の作り方

それでは友達とはどのように作るものなのでしょうか。

幼い頃はただ無邪気に遊んでいるなかで、自然と友達が増えていったでしょう。

しかし、大人になると遊ぶためにもきっかけが必要になり、簡単に声をかけづらくなってしまいます。

そのため、最初のきっかけ作りが大きなポイントとなります。

友達を作るきっかけを生み出すためには、自分からアクションを起こすことが重要です。

部屋に引きこもって休日を過ごしていても、誰も声をかけてはくれません。

まずは家から出て、出会いのきっかけに触れるようにすることが大切です。

次は友達作りのきっかけについて詳しく紹介していきます。

合コン

合コンで友達作りをする社会人
合コンは異性の友達を作りやすい場所のひとつです。

基本的には男女に分かれ、それぞれの友達や知人、同僚に声をかけて開催されます。

そのため、初対面の男性と出会える可能性が高い傾向にあります。

初対面の方と会話をするのは緊張しますが、幹事同士が知り合いなので緊張も和らぐでしょう。

合コンで作れる友達は異性に限るわけではありません。

参加している女性と意気投合し、友達になるケースも珍しくないのです。

異性との出会いを求める場所ではありますが、共通の知人を介して友達を増やそう、楽しいことをしようという目的を持っている人も数多く存在します。

その場では恋人関係に発展しなくても、2回、3回と交流を深めていくことでお互いを異性として意識し始めることもありますし、大切な友達になる可能性もあります。

趣味の場

趣味を持つことも友達作りの大きなきっかけになります。

特にアウトドアな趣味や複数で楽しむ趣味などは新しい友達を作るチャンスが溢れています。

ひとつは共通の趣味を持つ友達から派生するパターンです。

登山が好きな場合、友達と登山にでかけることもありますよね。

その友達の趣味仲間と合同で登山をすれば初対面の方と出会うことができます。

共通の趣味を持っている者同士のため、会話に困ることもないでしょう。

話しかけやすさや打ち解けやすさが高いのも大きな特徴です。

もうひとつは社会人サークルに所属するパターンです。

住んでいる地域やエリアごとにさまざまな社会人サークルが存在します。

登山サークルはもちろん、ボルダリング、ロードバイク、料理、英会話などアウトドアなものからインドアのものまで種類も豊富です。

サークルによってはサークル活動以外にもキャンプや旅行に行ったり、飲み会を開催したりとイベントを企画しているところもあります。

自分の趣味に適したサークルを自由に選ぶことができるため、とてもオススメです。

相席居酒屋

相席居酒屋とは見知らぬ異性と相席をしながらお酒を楽しめる居酒屋です。

お店の雰囲気は普通の居酒屋と変わりませんが、知らない人と飲むという点が最大の特徴です。

多くの相席居酒屋は同性2名以上での入店がルールになっています。