webライターのなり方と注意点とは?今や在宅で働ける仕事がキテますについて
雑誌や新聞に載るような記事を書く人というと、記者のように専門的な仕事をしている人だけが限定というように思っている人は多いのではないでしょうか。

もちろん今でも有名な雑誌や新聞は専門の人が書いている人が多いですが、個人で開設できるブログなどを含めたwebライターは、そうした記者に比べると比較的なりやすい職業です。

さらに自宅だけで仕事の全てを完結させることもできるので、なかなか外に働きに出られない生活をしている人でもwebライターで収入を得ることができます。

副業としても人気の高いwebライターはどうやってなれば良いのでしょうか。

webライターの主な仕事やwebライターになる方法、そしてwebライターとして働くメリットや注意点、さらに収入をアップさせるための方法などwebライターに憧れる人のために全て紹介していきます。

webライターとは

そもそも「webライター」とはどのような人たちのことをいうのでしょうか。

雑誌や新聞に載るようなコラムを書いている人たちとはどのような違いがあるのでしょうか。

ここではwebライターの仕事内容や働き方などを紹介していく前に、webライターの定義を紹介していきます。

ネット上の文章を執筆

webライターとは、雑誌や新聞などではなくインターネット上に公開される文章を書く人のことを言います。

webライター専属でwebライターだけで働いている人もいれば、webライターとしてだけではなく雑誌などにコラムを掲載するライターと兼業で働いている人もいます。

すなわち、広義の「ライター」という職があり、その中でweb上のみに文章を公開している人を特別に「webライター」と呼ぶのです。

公開している場所が雑誌などの誌面かweb上かという違いしかないので、基本的にはライターもwebライターも仕事内容は変わりません。

webライターの代表的な仕事

web上だけに文章を公開するという特殊な働き方をしているため、webライターは普通のライターとは違う内容の仕事をする場合もあります。

では、webライターの仕事としてはどのような仕事があるのでしょうか。

色々な仕事がありますが、その中でも代表的な三つの仕事を紹介していきます。

webメディアの記事執筆

webライターの仕事としては、このページのようにwebメディアの記事を執筆する仕事があります。

メディアの記事の中には「○○でおすすめのデート場所」のように地元の人であれば書きやすいものもあれば、恋愛コラムのように自分の経験を元に特に調べ物をしなくても書けるものもあります。

しかし中には、医師や弁護士、税理士といった特別な資格を持っている人たちが監修するための記事の土台を書くなど調べる作業が必要になる仕事もあります。

調べる手間がかかる仕事ほど報酬は高くなる傾向がありますが、調べるためにも勉強が必要なため誰にでもできるわけではありません。

ECサイトの商品販売ページの執筆

ECサイト
比較的手を出しやすい仕事としては、恋愛コラムや地元の観光スポット紹介のような自分の経験を元に書くwebメディアの記事執筆の他、ECサイトの商品販売ページの紹介文の執筆も有名です。

ECサイトの商品について紹介する記事は自分が使ったことのある商品について詳しく説明する場合がほとんどですので、恋愛コラムのように自分の今までの経験を活かしながら執筆することができるでしょう。

また、案件によっては企業が商品の購入代金の一部もしくは全額を負担してくれて、今までに使ったことはなくても新しい商品を試してその感想を書くような案件もあります。

色々な商品を試して、良い部分も悪い部分も人に話すのが好きだという人に向いている仕事だといえるでしょう。

web広告の執筆

webライターとしては、実は広告の執筆を頼まれることもあります。

イラストなどは別途イラストレーターに頼む場合がほとんどなのでライターが絵を描く必要はなく、広告のキャッチコピーや動画風の広告の場合はシナリオを執筆することもあります。

短い文章だけを提出することもあるので誰でも簡単にできると思われがちですが、短い文章で多くの人に広告の内容を伝えつつ、頭に残る印象的なキャッチフレーズを考える必要があるためセンスが必要です。

シナリオを作成する場合も、ありきたりなものにならないようにしながら、それでも突飛すぎるものは嫌われてしまうため適度にオリジナリティを出す必要があり、見かけよりも難しいと言われています。

webライターのなり方

webライター
世間で言われているほどwebライターになることは簡単ではありませんが、それでも自由に時間が使えて在宅で仕事ができるということで挑戦したいと考える人も多いでしょう。

では、実際にwebライターとして活動し、ある程度の収入を得るためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは主に二つのタイプのwebライターになる方法を紹介していきます。

雇用される場合

安定して収入を得ることができ、色々な案件に挑戦することを希望するのであれば雇用される立場のwebライターとなることがおすすめです。

正社員として普通の会社員のように雇用される場合もあれば、契約社員やアルバイトとして期間を決めて契約し、期間が終わってから再契約するかどうか企業と交渉する雇用形態があります。

雇用される場合はどのような働き方があるのか、もう少し詳しく見てみましょう。

企業にwebライターとして採用される

実は企業側がwebライターの専門職を募集していることもあります。

その募集に応募し、見事採用されることができれば企業に所属するwebライターとして働くことができるでしょう。

webライターとしての仕事に応募して採用される場合がほとんどですが、中には今まで期間を決めた契約として働いていた企業に正社員として雇用されるケースもあります。

このケースの場合、基本的には在宅で仕事ができるものの企業の考え方によっては出社が義務となるケースもあります。

会社で自分のデスクに向かって文章を作成しなければならないこともあるため、企業にwebライターとして採用された場合は安定はするものの、自由度が少し落ちてしまうこともあります。

メディア事業部門に配属される

今までwebライターとして働くことは考えていなかったのに、いつの間にかwebライターとして働かなければならなくなるケースもあるでしょう。