再婚で子供がいる場合のメリットと注意点について
再婚で子供がいる場合、お互いにメリットや注意点が気になると思います。

子供の心境の変化にきちんと気付いてあげられるのか?時間はかかっても新しい両親の形を受け入れてくれるのか?

やはり一番子供のことが心配になると思います。

そこで今回は再婚で子供がいる場合のメリットや注意点について触れたいと思います。

いろいろを乗り越えて素敵な家族を目指しましょう。

子供がいる一人親世帯は増えている

子供がいる一人親世帯は増えています。

思っていた以上に夫は育児に協力してくれず、妻にのしかかる負担が大きかった。

妊娠中に夫が不倫してしまい、夫婦の溝が埋まりきらず修復不可能になってしまった。

などなど夫婦二人きりの新婚生活から、子供が増えたときの生活に対応しきれていない男の人が多いのかなと考えられます。

また、パートナーとの死別による一人親家庭もあります。

昔なら妻が我慢して夫婦関係を続けることがほとんどでしたが、女性も働く人が増えていて、夫を頼らなくても生活できるだろうと踏ん切りがつくのが早いのでしょうね。

あるいは妻の両親がまだ若く、受け入れられる経済力があることから離婚を決断するのが早かったのかもしれません。

子供が幼いうちの方が、心の傷は小さく済むと考えたのかもしれません。

色々な考え方があり、翻弄されることと思いますが、子供のために頑張っている自分に自信を持ってくださいね。

子供がいる人と恋愛をすることは珍しくない

子供がいる人と恋愛をすることは珍しくありません。

親は子供を育てるために仕事に出ますよね?

何かしらの社会との繋がりがあるので、恋愛をすることはあります。

恋人同士にならなかったとしても、片思いのドキドキする気持ちを楽しむことはすごく素敵なことです。

仕事とは別に、友人からの紹介や、飲み会を通じての知り合いといったプライベートがきっかけで恋に落ちるのかもしれません。

親であり一人の人間でもありますので、子供を尊重しつつ恋愛するのであれば何も問題ありません。

恋人と会うときは子供も一緒なのかどうか?この辺はカップルによって違いますよね。

結婚を前提にした恋愛であれば、特に子供を尊重してあげる必要があります。

子供が再婚相手となる男性に心許せるまでは、恋人関係でいた方がいいかもしれません。

そこで、再婚で子供がいる場合のメリットに触れたいと思います。

再婚で子供がいる場合のメリットとは?

再婚で子供がいる場合のメリットとは、家族の形を作りやすいところや、お互いに夫婦としての自覚を持ちやすいところにあります。

子供がいることで、子供がいる方の人は子供のメンタルを気にかけますし、子供がいなくて連れ添う方の人はこの子の親になりたいと試行錯誤するでしょう。

大変な分、乗り越えて深まる絆もありますし、簡単なことではダメにならないような夫婦関係を作れると思います。

普通の新婚さんであれば、まだまだ恋人気分が抜けきらない時期です。

そんな時期にこれだけいろいろ真剣に考えられるのは大変かもしれませんが、振り返るとすごく大きな経験です。

子供にとっての父親ができる

子供にとっての父親ができる
子供にとっての父親ができるのは大きいですよね。

小さい間は両親に無条件に甘えたい時期です。

両親がいてくれた方が子供にとっても親にとっても気持ちに余裕ができて向き合いやすいです。

両親が支え合う姿を見て育つのも大きいです。

思春期以降も、男の子の反抗期に向き合うには父親の存在は大切になります。

母親では力の差があって向き合いきれなくなります。

同じように女の子の成長の変化には必要です。

細やかなところまで気付き、成長に応じて必要なものを買うには母親の存在が大切になります。

ただ、感情でモノを言い合ってしまいがちな女性同士は母親と娘といっても、年頃になってくると複雑な関係になりがちです。

うまく間に入ってくれるような父親の存在は大切にも思います。

やはり、家庭がスムーズに機能する上でも、子供の成長過程においても、家庭に父親の存在は大切だと思います。

一緒に遊んでくれる

男の人の遊びは体力がある分、アクティブで子供たちの気持ちをワクワクさせます。

母親であればついついガミガミと無駄遣いはしてはいけない、ゲームばかりしない、勉強もしなさいと細かく注意してしまいがちです。

父親は自分自身が持っている子供の気持ちをそのままに反映して、子供目線でフルに遊んでくれそうですね。

遠出して家族でキャンプを楽しんだ。