でも先生との恋愛の可能性もあります。

また最近は料理教室の先生が料理を教える以外にも、外部の講師を呼んで教室を開催する場合があります。

そんな時の講師は有名な料理屋さんのシェフから教えてもらうこともあります。

料理ができる男性の魅力に惹かれるかもしれませんね。

一生懸命に料理を学んでいる姿を見て、先生の目に留まる可能性もあるかも!

出会える料理教室を選ぶコツ

料理教室で出会いを考えるなら教室は選ばなければなりません。

どこでもいいわけではありません。

出会うためには男性が参加していることも必要です。

男性が参加している料理教室でも、通う時間帯も気にした方がいいでしょう。

出会いを期待する人が料理教室を選ぶ時に考えるべき事柄をあげてみました。

比較的少数でのグループ

料理教室の方法はいろいろあります。

人気シェフが作っているところを見て学ぶという形式もあります。

これは本格的な料理を学びたい人には向いていますし、出来上がった料理を食べる時にも本格的な料理が食べれるので楽しさは大きいでしょう。

しかし参加人数が多いことや協力して料理を作ることがないので、お近づきになれるチャンスは少なめ。

マンツーマンの料理教室は出会いは講師だけに限られているので、料理の腕は上がりそうですがチャンスとしては少ないですね。

個人宅で集まる料理教室はみんなでワイワイ作れて楽しそうですが、ロケーションが限られていることやアットホームすぎて、男性には敷居は高く参加率は少なそうです。

料理教室で出会いを期待するのであれば、比較的少人数のグループに分かれて料理を教えてもらえる形式が良いでしょう。

5〜6人くらいのグループに分かれて作業をすれば、その中で仲良くなりやすいです。

またその回ごとにグループが分かれれば初回で好みのタイプがいなくても、次の回では気になる男性と一緒のグループになれるチャンスもあります。

出会いの人数はなるべく多く、親密になるには少人数でというような形態が良いでしょう。

男女比率が五分五分

料理教室の中にはまだまだ女性の方が多いという教室もあります。

男性がいたとしてもほとんどが女性でしたらライバルも多く、仲良くなるチャンスは少なくなります。

グループ分けをする時にも男性が少ないと様々なグループに割り振られるので同じグループになるチャンスが少なくなるでしょう。

そのようなことから男性と仲良くなりたいのでしたら男女比は50:50の割合に近い方がいいでしょう。

同じくらいの人数ですと話しやすいこともありますし、特定の誰かと仲良くなっても女性からの嫉妬をかいにくいからです。

レッスン外にみんなで会うことになっても、男性一人だと一緒に出かけにくい人もいますが、男性の数が多いほど一緒に出かけようという気持ちにはなります。

土日のレッスン

レッスンの時間も気にしましょう。

自分の都合が平日の昼間が良いからという理由でその時間帯にしてしまったら、参加者はどのような人が多いと思いますか?

平日の昼間に時間があるなら主婦が多いことが想像できるはずです。

平日の夜だと男性も参加できる率は高まると思いますが、急な仕事や飲み会などで会えない回が出てくる可能性があります。

それに夜だとレッスンが終わった後にゆっくりおしゃべりしたり、お茶に誘ったりということがしにくいですね。

このようなことからレッスンは土日など週末が望ましいでしょう。

週末を趣味の時間に使いたいと思う人が来るのではないでしょうか。

土日でしたら仕事が休みの人が多く、気持ちに余裕もあるので、ゆっくりとおしゃべりも楽しめるでしょう。

レッスン後にお茶などする余裕があるかもしれません。

料理の腕前でコースを選べる

料理教室には色々なコースを選ぶことができます。

初心者の人には基礎から選べるコースがあります。

ある程度基礎的なことができる人は中級コースを受けることもできます。

料理に自信のある人は上級コースで料理を極めることができます。

決まった時間に来ることができない人には、チケット制で空いている時間に来ることもできます。

料理のジャンルで選ぶことができる教室もあります。

洋食・和食を選べたり、スイーツやパンを選ぶこともできます。

料理の腕前ややりたいこと、ライフスタイルによってコースを選ぶことができるので通いやすいでしょう。

月に何度か通えるくらいの値段

料理教室の料金は他の習い事に比べると少し高めです。