自分の顔が嫌いな原因11個!そんな人でも自分に自信が持てる行動14個で前向きな気持ちで恋活を始めてみませんか?について
あなたは自分の顔が好きですか。

きっと多くの人はNOと言うのではないでしょうか。

では「どんな顔になりたかったのか」と聞くと「綺麗になりたかった」と答える人が多いことでしょう。

そう答える人の中には自分の顔が嫌いだけども、さほど不満のない人もいるのです。

女性にとってはただ綺麗になりたい、それにつきます。

今回は自分の顔が嫌い!そう思う人にどのようにすると前向きになれるのかを紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分の顔が嫌い!そんなコンプレックスを持つ人は多い

自分の顔が嫌いだというコンプレックスを持つ人は多いです。

ではどうコンプレックスがあるのかと聞くと、目が二重になりたかった、鼻がもう少し高いのが良かった、唇が厚ぼったくなりたかった・・・などなど言い出すと止まらなくなるのかもしれません。

もう少しここがこうなっていれば・・・残念ながら顔のパーツは変わりません。

よく美人であるのかそうではないのか分からない美人がいます。

人によっては美人だと思える人が違う人からみるとそうではない、そのようななんとなくな美人はいませんか。

美人に見えるのは案外個人差があるのかもしれません。

また美人ではないのに美人オーラをまとった人もいます。

そのような人は美人ではないけれど、コンプレックスをうまく綺麗に見せることができる人もいます。

顔が嫌いと思い、自分を否定してしまってはその美人オーラさえも出せなくなります。

自分の顔を活かすも殺すも自分次第、そう思いませんか。

整形でもしない限り顔は変わらない

自分の顔が嫌い、そう思っていても整形でもしない限りは顔は変わりません。

今でこそ整形をすることは人それぞれの考えはあれど社会的に認める人も増えました。

綺麗になれば整形をしてもいい、そういう考えももちろんアリです。

ですがまだまだ整形に抵抗がある人が多いのはご存知の通りです。

整形には高額な費用がかかります。

さしあたり目の二重手術を受ける人は多いですし、出せない金額ではありません。

そんな二重手術で満足できているうちはいいのですが、人は欲深い生き物です。

それに飽きたらずどんどん整形に整形を重ねる人もいます。

自分の美を追求し出すと止まらなくなることもあります。

整形は自分の精神的な面も支配してしまうことにもなり兼ねません。

整形して気持ちが前向きになれることは良いですが、自分を失っていく怖さがあることも知りましょう。

せっかくの自分の顔を好きになろう

自分の顔は生まれ持ってのもの。

せっかくの自分の顔を好きになってみませんか。

女性であれば綺麗になりたいのは当たり前。

特に女性は化粧の仕方一つで顔は別人になれるほど変わります。

自分の顔を綺麗にしてあげられるのも自分しかいません。

また女性の中にはあまり化粧を研究しない人も多いです。

どのようにすると目が切れ長になったり、唇がプルンとしたように見せることができるのか、化粧の方法で自分の顔は変えることができるのです。

最近はナチュラルメイクが主流にはなっていますが、ナチュラルメイクは自分の顔をそのままにするわけではありません。

あくまでも自然な感じに見せるメイクです。

ナチュラルの中にも自分を良く見せることができるのは自分の顔だからです。

化粧でどんどん変化していく自分を楽しんでみましょう。

自信を持てれば恋活もうまくいく!

化粧が上手にできるようになり自分を綺麗に見せることができるようになるとどんどん自信が持てるようになっていきます。

自分に自信が持てるようになると恋活もうまくいきやすくなります。

ただ化粧が上手になってしまうと化粧を落としたら別人・・・そんな恐怖も同時に起きるかもしれません。

女性はうまく化ける、昔からよく言われてきました。

女性が化粧によって別人のように綺麗になれるのは昔からであり世界共通です。

そして女性の化粧は男性に好かれるため。