商社マンと結婚するメリットについて
皆さん、一度は商社マンと付き合いたいと思った事はありませんか?

しかし、商社マンって言うけれど、実際どんな職業でどんな事をしているか分からないって方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今日は商社マンがどんな人なのか、そしてどのようにして商社マンと出会えるかを紹介していきます。

結婚相手として人気が高い商社マンってどういう仕事?

商社マンとは、世界中のありとあらゆる”物”を取引する人です。

石油から食品や繊維のようなあらゆる物を世界で取引する人を商社マンといいます。

いわゆる、海外と日本の中継をする人が商社マンです。

商社には、自社の商品はありません。

なぜならば、石油や紙の原料になるものを海外や日本で持ってきて売るこの仲介役をこなしているのが商社の役割になっています。

そんな事から、多くの商社では働く人を大切にしています。

なぜ人が大切か

多くのビジネスは、人が仲介し、成り立っています。

いくら売っている材料、取り寄せている物がどんなに良い物であっても、人が悪ければ買ってもらえません。

なので、商社は人が大切です。

商社マンはなぜモテるの?

商社マンはなぜモテるのか解説する女性
商社マンがなぜモテるのか知っていますか?

それは、商社マンは仕事柄、海外で仕事をする場合が多いからです。

なので、世界各地の人と知り合い、ビジネスを成功させなければなりません。

つまり、コミュニケーション能力が高いので面白い話をする人が多いです。

加えて、年収が他の企業よりもはるかに高いです。

お金があり、コミュニケーション能力が高くて、モテない訳がありませんよね。

さらに、商社マンのスペックは非常に高いです。

商社マンと聞くだけで、その人を好きでもないのに、その人を取り巻く環境で好きになってしまう人は多くいるでしょう。

世の中の女性が、商社マンという肩書きか、その人だからこそ好きなのかは分かりませんが、商社マンという響きは女性を虜にさせるでしょう。

知識が豊富

商社マンになるには、そこそこ有名な大学を出て、頭が良くなければなりません。

国内で仕事をする事もありますが、海外で一から仕事を作る事も多々あります。

なので、商社マンの方は頭がよく仕事が出来る人が多いです。

海外では予期せぬ事が沢山起こります。

その時に問題を解決しなければならないので、商社マンの人は知識量が普通の人よりも豊富でしょう。

さらに、知識が豊富という事は、色んな事を知っているので、話題が尽きず、おもしろい話をしてくれる人が多いです。

人付き合いが得意

商社マンはコミュニケーション能力が必要不可欠です。

なぜならば、海外で買い付けなどをする際に、売り手はもちろん高い値で売りたがりますが、買い手は安い値段で買いたいですよね。

そういう時に、英語で交渉していかなければなりません。

その際に必要となってくるのが、コミュニケーション能力です。

円滑にコミュニケーションを取りながら、商談を進めて行く事が出来るので、商社マンは人付き合いが得意な人が多いです。

語学力が堪能

商社マンは基本的に、日本語と英語は喋れます。

その他に、中国語やスペイン語やフランス語など3カ国の言語を操る方も居ます。

商社マンは、言語は堪能です。

いくら、英語が堪能でもスペイン語圏のような場所に行くと、英語が全く伝わらなかったりするので、日本語と英語+スペイン語などの言語を喋れる人が多くいます。

チャレンジ精神に長けている

多くの商社マンは、転勤で海外に飛ばされます。

それがどんな場所であっても、その土地で成果をあげなければなりません。

挑戦しない事には、成功はないので、多くの商社マンは、チャレンジ精神が旺盛です。

海外では、少なからず言語の壁があります。

たとえ商社マンがいくら、英語が堪能だとしても、相手が英語が理解出来なかったら、意味がありません。

そんな時に、言語が通じないからと言って仕事を投げ出してしまう人には商社マンは勤まりません。