医者と結婚したいなら?おすすめな出会えるスポットと医者に見合う女性像について
今も昔もずっと婚活市場では引く手あまたの医者。

医者=頭がいい、医者=高収入というイメージが付いています。

今は医者の知り合いがいないけど、でも医者と結婚したい!と思ったらどうしたらよいのでしょう?

医者と出会えるようなスポットのご紹介や、医者から選んでもらえるような女性とはどういうタイプなのか?医者と結婚したいと思っている女性必見です!

医者と結婚するメリットとは?

医者の職業は高収入だと言われています。

それに専門職ですので安定性の高さは群を抜いています。

どこに住んでいようとお医者さんを必要としていない地域はありません。

将来は開業することもできます。

医者になろうと思えば難しい勉強をする頭の良さや続ける忍耐力が必要です。

研修医として過酷な経験を積むタフさも必要です。

そんな医者は世間からは一目置かれるような存在です。

そんな医者との結婚はどんなメリットがあるのか詳しくみてみましょう。

高収入でセレブ婚!

セレブ婚
厚生労働省の発表によれば医者の一般的な平均年収は1500万円と出ています。

これだけの年収があれば結婚後の生活でお金に関する心配は少ないでしょう。

子供の教育費などもしっかりとかけてあげれます。

女性は結婚後は仕事を続けることが必要なくなり、趣味の習い事や子どものお世話にと自分の時間を楽しむ時間を持つ事ができそうですよね。

それに医者の両親もやはり医者だという家庭も多いです。

ご両親も医者という職業に誇りを持っているので、息子にも自信を持って医者を勧めることができるのでしょうね。

医者のご両親ということは実家もそれなりの富裕層だと推測できます。

ご両親が医者でなかった場合でも、医学部というのは非常にお金がかかります。

医学部は他の学部に比べてはるかに授業料が高いんです。

そんな高い教育費を払えるのは実家が裕福だからでしょう。

もちろん奨学金を受けて医学部に通っている人もいますが、大多数の医学生は実家の援助によって通っています。

医者と結婚すればこのようなセレブ一家にあっという間に仲間入りができるということです。

医者の収入は?勤務医と開業医での違い

勤務医は毎月お給料が決まっているので生活は安定しています。

働く場所は病院と思いがちですが、企業の担当医であったり製薬会社に勤務したり多岐に渡ります。

年収は平均で1500万円と言われています。

安いと言われている大学病院の勤務医でも800万円はもらっているので高収入には違いありません。

開業医の平均年収は2500万円あると厚生労働省の調査データに出ています。

サラリーマンの平均年収が400万円台ですのでそれと比べるとかなりの高収入です。

収入で見ると開業医の方が多くて良いと思われますが、こちらは保証されている収入額ではありません。

また開業医は病院のすべてのものを自分で行うので、設備費や人件費も宣伝費もすべて自分でしますので経費はかかるそうです。

ステータスが高く周りから羨ましがられる

医者という職業は世間的な評価も高く周りの人からも一目置かれる職業です。

学生時代から熱心に勉強を重てきた勤勉な面がありますし、人を助けたいという人道的な気持ちも強いことでしょう。

そのような印象は少しの期間では定着しません。

医学部に入れるだけの勤勉さ、受験勉強や研究を乗り越えていける粘り強さ、超激務な研修医時代を乗り越える事ができたタフさなどの経験を積んできたからこそ得られる印象です。

特に研修医時代は超激務に加えて覚えることが多くて大変、実際の患者さんとの直接の関わり、実際の生死に向き合うなどということが一度に重なるので、研修医の3割はドロップアウトしてしまうそうです。

そんな過酷な学生時代、研修医時代を立派に過ごしてきたからこそ得られるステータスです。

また結婚後はご近所付き合いや、特にママ友の関係においても周囲から一目置かれる存在になり、マウンティングなどという面倒にも巻き込まれにくいです。

自分も健康でいられる

子どもや親が病気になった時に家族に医者がいると安心感が違います。

専門外の病気にかかったとしても基礎知識があるので初期対応としてどうすればよいのかという判断を任すことができます。

特に子どもが急に熱が出たなど体調が悪くなった時や、けがをした時に家でそのまま診てもらえることができます。

どの科を受診すればよいのかが分からない時はネットで調べたり、#7119に電話して相談しなければなりません。

その間も心配しながらですので焦ってしまいます。