それを面倒だと思わず必要なことだと思って任せられる人であることが重要です。

2:金銭管理がしっかりできるしっかり者

世間一般で言うと高級取りの医者ですが支出も多くなるそうです。

大きくかかるのは子どもの教育費です。

医学部は他の学部に比べると学費は高いです。

医学部を目指すには勉強が必要ですから早い段階から塾代などもかかります。

学会に出る時も参加費・旅費・宿泊費など結構かかるそうです。

専門書の本代もバカにならないそうです。

教授や先輩医師やお世話になっている方へのお中元やお歳暮も相当な数にのぼるそうです。

そのようなことを考えていると、平均年収1500万円というのはよく考えて使わないとあっと言う間になくなってしまいます。

さらに開業を考えている医者だと開業資金は1億円くらいは必要です。

毎月の収入を未来のことを考え金銭感覚がしっかりあり、任せられる人が必要ということです。

3:家族サービスが少なくても我慢できる

医者は本当に忙しいので、患者さんの様態によってはほとんど家に帰ることができない日も続きます。

家にいてもいつ呼び出されるかわかりません。

人の命に関わることなので、家族といる時間が減ってしまうことも覚悟しなくてはいけません。

そんな事情を理解することができ、安心して子育てを任せられる女性であることが必要条件です。

年収やスペックで近づいてくる浮ついた気持ちで近づいてきた女性なら急な呼び出しに愚痴を言ったり責めたりしてしまうかもしれません。

そんな時でも状況を瞬時に察知し理解してくれ、かつ家庭をしっかり守ってくれる聡明な女性を望んでいます。

4:専業主婦になれる

医者の仕事は激務です。

病気や怪我で困っている人がたくさん待っているので急に休むなんてことはできません。

医者の妻になれば、仕事を続けたいというキャリアを積んできた方でも仕事を辞めざるを得ないといったことがあるそうです。

また勤務医は病院の規模にもよりますが転勤が非常に多いです。

転勤になると激務の夫をサポートするために妻もついていく必要があります。

激務のため家に帰れない時もあるのでそんな時には着替えを届けたり、夫の健康面を考えて食生活もより気を配らなくてはなりません。

子どもが生まれたとしたらやっぱり激務の夫の手を借りることはできないので、専業主婦にならざるを得ないということです。

開業医は昼ごはんも用意する必要がある

開業医になると家の近いところに開業したり、自宅の一部を病院として開業する場合がほとんどです。

ということは毎日の食事は家でしたり届けることができる距離にいると考えられます。

外食も良いのですが、外で食べるご飯は飽きてしまいます。

近所で済ますと患者さんに常に見られているような気になり落ち着いて食べることができません。

それに医者と何とか関係を持ちたいという人も結構多いです。

外で1人でいるところを狙われて、いつか浮気相手ができるのではと心配事も増えてしまいます。

そうなるとやはり家で食べてもらうのが一番良いという結果になりますが、朝昼晩とご飯を3食用意するのは結構な仕事ですよね。

5:美意識が高い

医者の妻は美しい人が多い印象を持っていると思いますが、実は美人ばかりとは限りません。

美人だから医者と結婚できるわけではありません。

大切なことは容姿の美しさを持つように心がけていることです。

若いから美しいではなく、それぞれの年相応に応じて美しく見えるのかということです。

外見が美しいと人からの褒め言葉も増え、それが自分の自信へと繋がります。

社会的地位の高い人は卑屈な人を選びません。

自分が努力しそのことで自信を持っている女性を好きになります。

また医者は学会やパーティーなどで妻が同伴ということもあります。

そんな時にあまりにも派手すぎても困りますし、かといって地味すぎたりオシャレに無頓着な人でも考えものです。

結婚する前から医者はそういうことも念頭に置いて付き合いを意識している人もいます。

「清楚でどこへ出ても恥ずかしくない女性」という点が医者に見合う女性です。

6:陰で支えることができる

陰で夫を支える妻のことを「内助の功」と言いますが、医者の妻はまさにそれです。

激務の夫の仕事を理解していること。