仕事では人の生死に関わることも付きものなので、ストレスは相当大きいです。

まだ若いうちは上司や先輩に気を使う事も多いでしょう。

開業していれば治療のことだけでなく、経営のことでも考えなければならないことはいっぱいです。

そんな夫を家ではゆっくりくつろげるように配慮してあげることも必要でしょう。

不規則になりがちな食事のために栄養管理もしっかりしなくてはいけません。

医者は体調を崩しても勤務を休んだり、医院を休業にすることはできません。

体が健康であってこその職業です。

それに医者は普段が白衣を着ていることもあり服装に無頓着な人が多いそうです。

そんな夫のために立場に見合うような洋服を選んであげることも内助の功でしょう。

7:周囲からの目を意識できる

医者の妻という立場は医者と同じようにピラミッドの頂点にいると思っていいでしょう。

周りからは羨ましがられますし、何かと優遇されることも多いでしょう。

その代わりそのことを疎ましく思う人がいるのも実情です。

人付き合いはステータスが高い人と関わることが増えます。

夫の病院の付き合い、住んでいるマンションや住宅街での付き合い、医者の嫁会などもあるかもしれません。

有名ホテルでのランチや人気料亭が開催するお料理会など今までにはない人との付き合いも増えます。

そんな時にあまりにも華美な生活を送っていては浮いてしまいますし、質素すぎると夫の印象まで損なってしまうかもしれません。

今の夫の立場をよくわきまえて行動することができる女性でなければいけません。

医者の妻ということでちやほやされたからと言ってお高くとまることもご法度です。

周囲をよく見て、自分がすべき振る舞いを意識することです。

医者と結婚したいなら行動しよう!

結婚相手として魅力的な医者ですが、その一方でデメリットも多々ありました。

でもデメリットはあなた次第ではプラスにできるはずです。

しっかり理解しておけば医者の結婚相手として選ばれるでしょう。

でもまずは行動です。

医者の知り合いがいればアプローチをする、知り合いがいないのであれば出会いのチャンスがある場所に出向く。

さらに出会うまでに自分を磨いて医者に選ばれる自分になっておきましょう。

行動あるのみですよ!