イケメンと出会いたい!そんな女性におすすめなサイト7選とイケメンと付き合うために知っておきたい5個のこと!について
あなたは、どんな男性と恋愛を始めたいですか?

優しい人?誠実な人?そういった内面重視の女性もいるでしょう。

しかし、「付き合うなら絶対にイケメン!」と外見重視の女性も大勢いますね。

俳優やアイドル、ナンバーワンホストのようなイケメンと出会い、素敵な恋愛を楽しみたいという女性も多いはずです。

この記事では、イケメンと出会いたい女性におすすめのサイトと、そんなイケメンの落とし方、付き合うために知っておくべきことをご紹介していきます。

イケメンとの出会いも恋愛も、実現させることができるんですよ。

やっぱりイケメンが好き!

「長く付き合うなら内面が大切」「高望みはダメ」と口うるさく言われ、うんざりしている女性も多いでしょう。

確かに、内面は付き合う上で重要ですが、人を好きになるとき第一印象も非常に重要ではないでしょうか。

自分にも、好みの男性のタイプがありますね。

そのような好みを無視して男性と恋愛しても、「ときめかない」「男性として見れない」なんて結果になってしまう恐れもあるのです。

初対面では多くの人が外見を重視してしまう

「内面」「相性」といった目には見えにくい部分も、恋愛には大切ですが、初対面の男女が何を一番重要視して選んでいるかといえば、外見でしょう。

イケメンなら許せる行為も、あまりタイプではない男性が同じことをやったら、「怒りがわいてきた」なんて経験をしたことはありませんか?

綺麗ごとばかり押し付けて「内面重視」と言っている人たちも、外見を全く気にしない人はほとんどいないでしょう。

人と関係を進展させるためには、外見は重要で、それらに注目して相手を選ぶことは決して悪いことでも、批判されることでもありません。

むしろ、自分の優先順位がはっきりしている方が、男性を探しやすいと言えるでしょう。

自分の好みに合った探し方をすることで、より出会う確率を高めることができます。

イケメンは実は性格が良い

イケメン
「イケメンは好きだけど、性格に難ありなんでしょ」「イケメンは性格悪そう」といった心配事が浮かぶかもしれませんね。

イケメンで性格がいい男性は、漫画やアニメの世界にしか存在しないと思っていませんか?それは、間違ったイメージと言えます。

イケメンは実は、性格が良い人も非常に多いのです。

ここでは、イケメンの間違ったイメージと、本当の特徴についてご紹介していきます。

イケメン=性格が悪いのイメージは間違っている

先ほどもお伝えしたように、イケメン=性格が悪いというイメージは間違っています。

イケメン男性は、その容姿から非常にモテます。

女性たちから引く手あまたなのです。

多くの女性から求められたとしても、相手にできる女性は一人だけです。

そのため、相手にされなかった女性たちのやっかみがイケメン=性格が悪いといった間違ったイメージを定着させてしまったのです。

好感を持たれるので嫌な思いをしたことがない

イケメンは、その容姿から好感を持たれやすく、外見がそれほど良くない男性の行動よりも、女性たちに好意的に受け止められます。

同じことをやったとしても、イケメン男性と普通の男性とでは、女性の受け取り方も、返し方も異なるということです。

つまり、イケメン男性は嫌な思いをすることがそれ程ありません。

女性に強く拒絶されたり、暴言を吐かれたりする機会が少ないのです。

そのため、考え方が真っすぐで、非常に素直な男性が多いと言えます。

同じように人に嫌な事をしない

人から暴言を吐かれたり、ひどい扱いをされたことがある人は、他の人にも同じようなことをしてしまいがちです。

「私がやられたんだから、相手にもやってやる」といった具合に、考え方がねじ曲がってしまいやすいのです。

しかし、イケメン男性は、女性に嫌なことをされる機会がほとんどありません。

そのため、女性に対して嫌なことをしたり、ひどい扱いをすることもありません。

大切にされてくれば、同じように相手を大切にする習慣が身についているのです。

自信があるので余裕がある

卑屈な男性は、そのコンプレックスを隠すために大きな態度をとってみたり、自分を大きく見せようと、嘘をつくこともあります。

小さなプライドを守るために見栄を張ったり、その小さなプライドを傷つけられたと思い、怒り出すこともあるのです。

しかし、イケメン男性は、自分に自信があります。

女性にモテ、親切にされてきたのですから、自信を持って当然でしょう。

自信を持っているからといって、それを女性に自慢したり、女遊びを繰り返すわけではありません。

確固たる自信があるので、わざわざ見せびらかす必要がないのです。

つまり、心に余裕があるのです。