期間が限定されていなくても、おおよそ3ヶ月~6ヶ月以内に成婚となる傾向が高いです。

通常の恋愛結婚に比べて交際期間が短いようにも思えますが、最初から結婚を前提に付き合っているため、お互いに相手を見極める目もシビアになっています。

お互いの条件がマッチし、結婚意欲もあれば6ヶ月以内に結婚に踏み切ることも早すぎるというわけではありません。

真剣交際がスタートすると、他の男性の紹介がストップします。

仮交際の間は、まだお友達程度の関係でしたが、真剣交際は恋人関係と同じです。

しかし、恋人関係といっても企業によっては交際中の性行為を禁止しているところもあります。

交際中の制限や規約に関しては企業ごとに異なるため、事前に確認しておきましょう。

結婚!成婚退会

結婚
真剣交際の期間に結婚の意思が固まったら成婚となります。

成婚の前には両家への挨拶、結納、プロポーズなどがあります。

企業によっては成婚までの準備をサポートしてくれることもあるので安心ですね。

他にも結婚式のプランニングや結婚式会場の斡旋などをしてくれることもあります。

成婚後は結婚相談所を退会することになります。

晴れて婚活から卒業ということですね。

初めての方でも安心!結婚相談所TODOリスト

結婚相談所の大まかな流れについて確認できましたでしょうか?

結婚相談所には成婚に向けてさまざまなサービスを受けることができます。

なかなか理想の男性と出会えないと悩んでいる方や、男性とコミュニケーションを取るのが苦手という方も、コンシェルジュに仲介してもらうことでスムーズに婚活を進められます。

次は結婚相談所を活用するためのTODOリストを紹介します。

まずは相手の男性を選出

まずは自分の理想に適した男性を選出しましょう。

効率良く選出するためには、自分の理想を整理しておく必要があります。

高収入で容姿端麗、優しい王子様のような男性に憧れてしまいますよね。

しかし、実際はそれほどまでにパーフェクトな男性はほとんどいません。

理想を高く持つことも良いですが、会ってみないとわからないこともたくさんあります。

最初はあまりハードルを上げ過ぎず、最低限の条件だけで絞って探してみましょう。

自分から積極的に申し込む

お見合いのオファーは自分から積極的に申し込むようにしましょう。

婚活を成功させるためには、待つだけではなく自分から行動することも非常に重要です。

ガツガツしている女性は引かれるのでは?と不安になる女性もいますが、女性からアプローチされるというのは、男性にとっては嬉しいことなのです。

一つひとつのオファーをあまり重く受け止めず、「一度会ってみたい」と思えたチャンスを逃さないようにしましょう。

自分のプロフィールの写真にはこだわろう

プロフィール写真を登録する際は、とことん写真にこだわりましょう。

プロフィール写真は相手に興味を持ってくれるかどうかがに大きく関わっています。

写真から得られる情報は容姿だけではなく、その人の性格や雰囲気なども含まれています。

ムスッとした不機嫌な顔では印象が悪いですし、笑顔であれば優しい印象を受けます。

写真を撮影する際は清楚で綺麗めな服装を心がけましょう。

露出が多いものや派手な服は軽い印象を与え、結婚相手にふさわしくないと見られてしまいます。

また、プロフィール写真はいわばお見合い写真なのでカジュアル過ぎる服装もNGです。

クールに決めたい場合は、清潔感のあるシャツやスーツスタイルでも良いでしょう。

相手からの申し込みを受ける

あなたが理想の男性を探しているのと同様に、相手も理想の女性を探しています。

相手の条件にマッチすれば、相手からお見合いの申し込みが来ます。

お見合いの申し込みの有無はプロフィールの内容によって大きく異なります。

より多くの申し込みを受けるためには、きちんとしたプロフィールを記入するようにしましょう。

少し理想とずれていてもお見合いを受けてみる

お見合いの申し込みを受けたらなるべく受けるようにしましょう。

なかには自分の理想と完全にはマッチしない人もいます。

しかし、会ってみたら人柄に魅力を感じたり、別の一面を知れたりすることもあります。

お見合いに備えて服装やメイク、髪型の準備