告白のタイミングで大事なこと4選!ベストなタイミングで必ずOKがもらえる必勝法を知ろう!について
気になる人がいるけれど、告白するタイミングが分からないと悩んでいる方は多いですよね。

「断られて、今の関係が崩れたらどうしよう。」といった不安も重なり、なかなか前に進むことが出来ないですよね。

大丈夫です。多くの人は同じように悩んでいますので、自分だけではないですよ。

気になる人がいて、告白するタイミングでお悩みの人向けに、告白のタイミングで大切なこと4つと、必ずOKがもらえる必勝法について触れたいと思います。

告白したいとき、どうすれば良い?

告白したいとき、どうすれば良い?まずはプランを練りましょう。

・どうやって告白するか(メール、電話、手紙、直接会って等)
・どんな言葉で告白するか(ストレートに、遠回しに、デートの誘いから始める等)
・告白する時間帯(好きな人が忙しい時間帯はNGです。余裕のある時間帯を探りましょう。)
・OKだったときの接し方(感謝の言葉と、これからの話を重ねてみましょう。)
・振られたときの接し方(しつこく迫らず、関係を崩さないように配慮しましょう。)

プランを練ったあとは、好きな人に告白するシーンを想像しながら、あとはタイミングを見計らって勇気を出すのみです。

告白したいとき、周囲の人に相談することを個人的にはおすすめしません。

うわさ話になって2人の関係が崩れたり、好きな人がモテる男性だったら、他の女性に取られたりすることもあり得なくはないからです。

環境を変えるには、前進あるのみですよ!

そもそも、女性からの告白はあり?

昨今は恋愛事情も変わりつつあり、女性からの告白は男性が遊び人だったり、よほど恋愛に興味がなかったりする人でなければありだと思います。

男性のプライドはけっこう高く、女性から告白されることでOKするかどうかは別として、自分に自信がつくのでうれしいのかもしれませんね。

ただ、あまりにもサプライズすぎると男性もどう反応して良いか分からなくなり、返事を濁したり、フリーズしたりするかもしれません。

好きな男性とある程度親しくなり、告白するときはデートに誘ったり、彼と2人きりになったりして、「告白されるかも」といった雰囲気を作ることは大切だと思います。

告白する前に必要なこと

告白する前に必要なことがあります。

女性から告白されることを多くの男性はうれしいと感じますよね。

さらに、その告白の返事がOKになるように最大限の努力をしておきましょう。

好きな男性の事を理解したり、自分自身も彼の好みに近づいたり、色々努力することはとても素敵なことだと思います。

好きな男性が他の女性に取られるのが怖いから、すぐにでも告白したい!と焦る人もいるかもしれません。

急いては事をし損じるという言葉の通り、少し心に余裕を持ちましょう。

焦りの気持ちは、好きな男性にも伝わってしまいます。

告白する勇気を持つ

告白する勇気を持ちましょう。

好きな男性に告白しようと2人きりになったのに、2人の関係が崩れるのが怖くなったり、ふられるのが嫌で結局告白するタイミングを逃してしまった…ということはもったいないです。

好きな男性に告白し、OKをもらって幸せな未来を想像するのもアリですし、振られた後にどうやって失恋のハートを癒すのかを想像するのもアリです。

そして、今日告白しなかったら、好きな男性のことを諦める!と思いきったり、決めた期限までに告白する!と決意したりして、自分を少し追い詰めることも大切です。

いざ2人きりになると、ドキドキしてしまってなかなか告白出来ないものですよね。

遠回しに好きな気持ちを伝えておいて、「俺の事が好きなのかな」って少し意識させることで告白しやすい環境を作るのもおすすめです。

相手のことを調べておく

好きな相手のことを調べておきましょう。

告白するタイミングや言葉、方法などは好きな相手によってどうすれば上手くいくかは変わってきます。

・告白するタイミング
好きな相手の心に余裕があるタイミングがベストです。
仕事帰りや休日はいつなのか、前もって調べておきましょう。

・告白する言葉
好きな相手に告白する言葉はストレートが良いのか?遠回しが良いのか?相手のキャラクターを観察しておきましょう。

・告白する方法
多くの男性は直接会って告白されることが一番嬉しいと思います。
前もってラインやメールで気持ちを遠回しに伝えておくかどうか様子を見ましょう。

好きな相手と一緒にいるだけでドキドキするのに、相手のことを調べる勇気はなかなかないという女性も多いと思います。

彼と親しくなるきっかけになりますし、告白する勇気を持つためにも大切なことなので頑張りましょう!

ある程度仲良くなっておく

好きな男性とある程度仲良くなっておきましょう。