愚痴や悪口などネガティヴな話

好きな人と二人きりの時、愚痴や悪口などネガティヴな話はNGです。

愚痴や悪口を耳にすると、二人きりのその場の雰囲気が悪くなってしまうばかりではなく、
誰に対してもそんな話をする人だという風に思われかねません。

二人きりのときは、お互いの好きなものの話だったり、面白かったエピソードであったりといった、その場の雰囲気が良くなるようなものにしましょう。

もちろん、多少の愚痴は許されると思います。

でも、それは好きな人と両想いになって、心置きなく甘えられるようになってからにしましょうね。

悪口は好きな人と両想いになれたとしても、二人の信頼関係をくずしかねないのであまりおすすめしません。

質問攻め

好きな人と二人きりの時、相手の事を知りたいあまりに質問攻めはNGです。

会話を続けたい、相手の事を知りたいと思うあなたの気持ちはわかりますが、ずっと答え続けないといけない相手は結構疲れてしまいます。

かといって、自分のことばかり話し続けるのも良くありません。

自分のエピソードや意見もまじえつつ、相手に質問するのが理想的です。

二人きりの時の会話ってむずかしいですよね。

仮に好きな人と二人きりの時、会話がとぎれてしまっても、「ちょっと休みましょうか?」って提案して、ぼうっと二人で景色を眺めるような時間があってもいいと思います。

緊張しすぎて話せない・表情が硬い

好きな人と二人きりの時、緊張しすぎて話せない・表情が硬いのはNGです。

緊張しすぎて話せない・表情が硬いあなたに対して、相手は何を話していいのかわからなくなってしまいますし、その場の雰囲気も硬くなってしまうからです。

とはいっても、最初の頃はどうしても緊張してしまいますよね。

目の前にいるのが好きな人なら、なおさらです。

好きな人と二人きりに慣れるまでは、会う場所をあなたが普段よく行くレストランやカフェなど、自分がリラックスできる場所にしておくといいかもしれません。

あとは、普段から積極的に新しいことにチャレンジしたり、いろいろな人と話したりすることで、場馴れさせておくことも大切です。

足を広げるなど下品な態度

好きな人と二人きりの時、足を広げるなど下品な態度はNGです。

男性はプライドが高く、周囲の視線も気にします。

そのため、「自分の周りの人に紹介できるかどうか、またそれだけの品格と女性らしさを持っているか」を見ています。

二人きりで会う女性ということは、男性もある程度「彼女になるかもしれない特別な存在」としていることが多いですから、なおのことそうなります。

足を広げたり、大きな声を出したりといった下品な態度はやめておきましょう。

そして、食事のときの所作であったり、さりげなく男性を立てるといった所作であったりといった女性らしさを心がけるようにしましょう。

自宅に帰ったらジャージでゴロゴロしたってかまいませんからね。

好きな人と二人きりの時は少し頑張りましょう。

好意の押しつけは相手も引いてしまう

好きな人と二人きりの時、好意の押しつけは相手も引いてしまうので気を付けましょう。

好きな人を思うあまり、次のデートの約束を取り付けようと必死になりすぎたり、時間帯や頻度をわきまえずに連絡を取ろうとしたりするのは相手にとって負担でしかないからです。

男性は自らを追いかけてくれる存在よりも、手の届かない存在を自分のものにしようと必死になることが多いと思います。

こちらからデートのお誘いをしたり、連絡を取ったりすることももちろん大切ですが、あなたがしたいと思う気持ちの半分くらいにとどめておくことが理想的です。

女性らしさや好きな相手への行為をチラリ、チラリと垣間見せ、好きな人から「この人を自分のものにしたい!」と思わせるようにしましょう。

最初に好きになったのが自分からだったとしても、最後はトコトン愛されたいのが女性ですよね。

相手のことを気遣いアピールをしよう!

好きな人と両想いになるためにあたり、大切にしてほしいことをさまざまな角度からご紹介させていただきました。

あわせて、好きな人と両想いになるためにあたり、NGなこともご紹介させていただきました。

好きな人と両想いになるにあたり、相手への気遣いは一番大切です。

その上で、あなたの気持ちを少しずつアピールしてくださいね。

最初からうまくいく恋なんてほとんどありません。

みんなたくさん失敗を重ねていますので、うまくいかないことがあっても自分だけだって落ち込まなくて大丈夫ですよ。