キャバ嬢って出会いがたくさん!初心者でも安心な仕事内容やキャバクラに来る男性の特徴を徹底調査!について
キャバ嬢と聞いてあなたはどう思いますか。

自分とは縁がない、何とも思わない、やってみたいと思っている…などなど感じることは様々でしょう。

ただその仕事を想像すると「ちょっと…」と思う人もいるかもしれません。

ですがキャバ嬢をバカにしてはいけません。

男性を楽しませることができるものすごいコミュニケーション能力を備え持った人たちです。

今回はそんなキャバ嬢について紹介してみます。

もしその世界に興味がある人も無い人もぜひチェックしてみてください。

キャバ嬢になりたい女性は意外と多い

キャバ嬢
キャバ嬢になりたい、と思う女性は意外と多いのをご存知でしょうか。

バイトを探しているけれど、自分の容姿に自信がないし、何より知らない人とコミュニケーションを取るなんてできない、そう言う人はまずキャバ嬢をバイトに選びません。

ですがバイトにしては短時間でお金を稼げるし、数時間でいいなら私でもできるのかな…と興味を持つ人もいるのは否めません。

また友達がキャバ嬢のバイトをしていて、誘われてちょっと手伝ってみることになった、というきっかけの女性はとても多いのです。

そして自分から積極的に足を踏み入れることはないけれど、誰かの後押しで少しだけならやってみようかな、と言うことでそのままずっとキャバ嬢を本職にする人もいます。

やってダメならすぐに辞めよう、そう思って始めたキャバ嬢のバイトがむしろその面白さにのめり込む女性は少なくありません。

キャバ嬢=水商売、どこか自分を切り売りしているイメージを持っている人もいます。

飲めないお酒を飲み、体が消耗していくように思っているのは昔の話です。

そうは言ってもキャバ嬢を本職にしている人は必死で積極的です。

そこには高い質を追求されることもあります。

どんな仕事も難しいように、キャバ嬢も仕事として追求していくとそのクオリティの高さが必要な仕事であると誰もが思うに違いありません。

夜の世界に飛び出すのは勇気がいる

夜の世界はできれば踏み入りたくはない、と言うのが誰もが正直な気持ちがあることでしょう。

反面、もうそこにしか選択肢はない、という女性もいますし漠然と働ける年齢になったら絶対夜の世界で働きたいと言う女性もいます。

また本業は事務員で昼間働いているけれど、少しお金を貯めたいという思いから副業として夜の世界でバイトをする人もいるのは珍しいことではありません。

特に最近では積極的に副業を持つ人は増えています。

手っ取り早く稼げる仕事、それが夜の世界ということになります。

ただ夜の仕事に何の潜入感も無くすんなり入れる人は少ないでしょう。

キャバ嬢として面接を受けに行くと決断するまでは色々なことを考えるものです。

夜の世界は圧倒的に人手不足です。

夜の世界でも色々な接客業はあり、メインとなるのはキャバ嬢とホステスということになります。

その違いと言うと、ホステスは客の隣に座って接待をする飲食店、キャバ嬢は客席に付き接待する飲食店という違いです。

どちらも一緒では?と思った人は微妙な違いに気づいたでしょうか。

ホステスが働く店は料金が高く、高級クラブと呼ばれ、会員制であったり一見さんお断りというお店もあります。

一方のキャバ嬢は誰でも入店できるお店で不特定多数の客を接客することになります。

どちらにしても、高いクオリティが求められるのは言うまでもありません。

仕事内容やお客さんへの不安も多い

キャバ嬢として働くににはその仕事内容やお客さんへの不安も多いのは仕方のないことです。

同じ接客業でも例えば昼間のカフェの店員やコンビニでのバイトとは同じ接客業とは言え全く違います。

ただどんな接客業にしてもコミュニケーションの高さを求められることは確かです。

それが接客業のほとんどを占めます。

キャバ嬢はただ接客すれば良いということではありません。

いかに良い気持ちになってもらえるか、最大限のサービスを提供する仕事です。

ちょっとのミスがお客さん一人を失い兼ねない仕事なのです。

客の一人くらい、と思われるかもしれませんが、もしその客が月に何回来店し、一回にいくら使ってくれるということを考えましょう。

一回に数千円ということはあり得ません。

数万円は落として行ってくれるのです。

一回に数万、週に一回来ても一ヶ月で4回は来てくれるという計算を考えただけでも一人の客を失うことは店にとって大損に繋がることが想像できます。

直接お客さんと接するキャバ嬢はその大切な仕事をしているわけです。

また仕事内容もそうですが、色々なタイプの人間を相手にするのですからコミュニケーションだけではなく、強い精神力が必要となることは理解できるのではないでしょうか。

目的があるならキャバ嬢という選択肢はあり

キャバ嬢のバイトをまず始める人は色々な理由はありますが、まずは稼げる仕事で、なおかつ自分でもできる仕事としてスタートする人は多いです。