このちょっとした気配りが、周りと差をつける要素になります。

また、約10分間の交流の中で、充分に好印象を与えることができるでしょう。

それに、気配りができる女性は「きちんとしていて、親に紹介しても恥ずかしくない」と思われるため、まさに婚活カフェを利用する女性は駆使しておきたいものなのです。

良い部分をアピールする

婚活カフェでは、初対面の男性と交流するため、もちろんですが相手の男性はあなたのことをまったく知らない状態です。

ですから、成功させるためには、あなた自身の良い部分を存分にアピールする必要があります。

いつ、理想の男性が目の前に現れてもいいように、婚活カフェに来る前に、自分のアピールポイントを把握しておくことが大切です。

「料理が得意」とか「片付け上手」など、将来を考えさせられる事柄であれば、より良い結果がついてくるかもしれません。

要するに、自分のアピールポイントを把握している女性は、婚活カフェを制するのです。

ただし、良い部分をアピールすることと、自慢話の区別はつけておくようにしましょうね。

誰にでも同じように接する

人ってどうしても自分の好きな人を特別扱いしてしまいますよね。

ただ、あまりにもそれがあからかさまになってしまうと、周りから悪い印象を受けてしまいます。

ですから、できるだけ誰にでも平等に接することを心がけましょう。

最初のうちは難しいかもしれませんが、慣れてくると自然にできるようになっていきます。

理想とは違った男性であっても、感情を剥き出しにしてしまわず、大人な対応で振る舞いましょう。

婚活カフェでの出会いは一期一会「これも1つの経験だ」と考えれば、また1つ成長することができますね。

さり気ないボディタッチ

会話がいい感じに盛り上がってきたら、さり気ないボディタッチに挑戦してみましょう。

「それ、私も好きです」と共感する際にパッと触れてみるなど、とにかくさり気ないボディタッチを心がけることが大切です。

というのも、ボディタッチはうまく使えば自分を意識させることができますが、使い方を間違えると「軽い女性だな」と相手の男性に不信感を与えてしまいかねません。

ですから、無理はせず、状況に応じて挑戦してみましょう。

無言は避ける

約10分間の交流から次に繋げたいのであれば、無言は絶対に避けることが重要です。

初対面の約10分間が、ほとんど無言で終わってしまえば「また会いたいな」と思うことは、そうありませんよね。

反対に、会話がとても盛り上がり、10分が驚くほど短く感じれば「また会って話がしたい!」と前向きに考えることができるはず。

ですから、とにかく積極的に話題を振ることを心掛けてください。

自己紹介カードを見て気になったことや、共感点に関することなど、せっかくなのでいろいろ質問してみるといいでしょう。

飾り過ぎない

自分をよく魅せるために、つい嘘をついて自分を飾りすぎてしまうことってあると思います。

特に「いいな」と思う男性を前にすると、余計に飾り過ぎてしまうこともあるでしょう。

ですが、第一印象はすごく残ります。

もし、そこで「この女性いいな」と思ってもらえても、次に会ったときに同じように振る舞えなかったら「口先だけの女か」と、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

だからこそ、婚活カフェで男性と交流する際は、できるだけ自然体でいることが大切です。

ありのままのあなたを受け入れてくれる男性が、きっと現れるはず。

名前で呼びかける

会話をする際に名前で呼びかけると「覚えてくれているんだな」と一気に印象が良くなり、距離も縮まるものです。

たとえば「〇〇さんはスポーツ観戦が好きなんですね」など、できるだけ相手の名前を会話の中に詰め込むことを意識してみましょう。

また、少し慣れてきたら、事前に自己紹介カードで名前を確認しておき、あいさつの段階で名前を呼びかけてみてください。

顔合わせ初っ端から「〇〇さん、よろしくお願いします」といった感じで呼びかければ、好印象はもらったも同然です。

一期一会を大切にする

婚活とは、たくさんの出会いの中から「この男性すてきだな」と思う人を見つけ出していくもの。

ですから、まずは1人1人の男性ときちんと向き合い、しっかりと見極めることが大切です。

「次はもっと良い人に出逢えるはず」とポジティブに考えるのは素晴らしいことですが「あれもこれもタイプじゃない」とせっかくの出会いを捨ててしまえば、いつまでたっても婚活を成功させることはできません。

そのため、相手の男性のことをよく見て、自分に合った人を見つけられるよう、婚活カフェでの一期一会は大切にしましょう。

自分磨きをする

自分磨き
すてきな男性と出会うためには、あなた自身もすてきであることが重要ですよね。

相手にばかり求めてしまうのではなく、それに見合うように自分磨きができる女性が婚活を成功させることができます。

たとえば、理想の男性が見つからなかった日。

「今日は微妙な結果だったな、次もこうだったらどうしよう」とネガティブになるのではなく「今日のことを踏まえて、もっと積極的に話しかけてみよう!」とポジティブに考えられる女性のほうがいいですよね。