問答無用なシチュエーション6選!つい従ってしまう場面あるあるをのぞき見してみようについて
話し合う余地もなく物事を決められてしまった経験はありませんか?

物事を決定する際は話し合ってお互いに納得した上で決定するのが望ましいですが、場合によっては話し合いをせずに物事を決定されてしまうこともあります。

それでは問答無用なシチュエーションにはどのようなものがあるのでしょうか。

問答無用の意味と、つい従ってしまう場面について詳しく紹介していきます。

問答無用とは?

みなさんは「問答無用」という言葉をご存知ですか?使ったことはなくても聞いたことがある人は多いでしょう。

日常会話で積極的に使う言葉ではありませんが、問答無用なシチュエーションには何度も直面しているはずです。

よく耳にする言葉ですが、正しい意味を知っているでしょうか。

まずは「問答無用」の意味と使い方、語源について詳しく紹介していきます。

意味

問答無用には、話し合っても無意味なさまという意味があります。

これ以上話し合い続けても無意味なため、議論を終わらせる場合などによく用いられます。

「問答」は問うことと答えることを指し、「無用」は用のない、役立たないを意味します。

その二つが合わさって話し合っても無意味なさまを表すということです。

一見するとネガティブな意味が強いように思えますが、「言葉を尽くしても意味がない(ほど素晴らしい)」という賞賛の意味で使われることもあります。

賞賛の意味で使う場合は目上の人が目下の人に使うのが一般的です。

年配の方や目上の人に使わないように注意しましょう。

他にも「一方的に」「話も聞かず」という意味で使われることもあります。

これは「話し合う余地もなく(一方的に)」というニュアンスが含まれています。

相手に話を聞いてもらえない、弁解の余地もないときに使われることが多い傾向にあります。

使い方

問答無用の意味は「話し合っても無意味なさま」です。

これ以上話し合い続けても無意味なため、議論を終わらせるためによく用いられます。

たとえば「これ以上は問答無用です」は相手の話を一方的に遮り、断るときに使用します。

強い否定の意味が含まれているため、年配の人や目上の人には使いません。

しつこい営業電話など毅然とした態度で断らなければいけない場面で使われる言葉です。

問答無用という言葉は他にも「一方的に」「話も聞かず」という意味で使われることがあります。

「上司から問答無用で残業を頼まれた」は「上司は私の都合も聞かず、一方的に残業を頼んできた」状況を表します。

この場合の問答無用は「一方的に」「話も聞かず」などの意味として使われています。

同じように「有無を言わさず」という意味で使われることもあります。

たとえば「使っていない不用品は問答無用で捨てていく」は「使っていないものは有無を言わさず捨てる」という状況を表します。

問答無用という言葉は、一般的に「一方的に」や「話も聞かず」「有無を言わさず」という意味で使われることの多い言葉です。

語源

問答無用は「問答」と「無用」を併せた四字熟語です。

「問答」は問うことと答えることを指し、「無用」は用のない、役立たないを意味します。

その二つの言葉の意味を合わせて「話し合っても無意味なさま」という意味になるのです。

問答には問答無用以外にも「押し問答」や「問答歌」「問答体」などの言葉があります。

押し問答は互いに自分の見解を主張し、あとに引かず言い争うことを指し、問答歌は和歌の一種で問いかけの歌とそれに答える歌のことを指します。

問答体は対話を重ねて相手の答えに含まれる矛盾を指摘して相手に無知を自覚させることを指します。

どれも問うことと答えることの意味で使われています。

無用は不要という意味でさまざまな慣用句に使われています。

たとえば「無用の長物」や「無用の人」が挙げられます。

無用の長物とはあっても役立つどころか、かえって邪魔になるものを指し、無用の人は働こうにも仕事がなく、世間からは役に立たないとして無視される人のことを指します。

このように問答無用は問うことと答えることを意味する「問答」と用のない、役立たないを意味する「無用」の二つの言葉の意味が合わさった言葉です。

問答無用っていいこと?

問答無用は話し合っても無意味なさまを表す言葉です。

それが転じて一方的に、話も聞かず、有無を言わさずという意味でもよく使われます。

一見するとネガティブな印象の強い言葉ですが、はたして問答無用とは良いことを指す言葉なのでしょうか。

問答無用の類義語には「問答無役」や「問答無益」があります。