自分の魅力を自覚していなければ、男性に対してどのようなアプローチをすれば良いかも分からなくなってしまいかねません。

まずは自分の魅力がどこにあるのかを知るようにしましょう。

ただし、自分の魅力は意外と自覚しづらいものです。

時には独りよがりの点を魅力だと勘違いしてしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも、友達に正直に自分の魅力を教えてもらったり、今まで付き合った男性からどのような点を褒められたかといったように、客観的な視点から冷静に自分の魅力を探っていくようにしましょう。

自分の悪い部分を知る

素敵な男性と出会うためには自分の魅力を知ることは大切です。

しかしながら、自分の魅力ばかりに目を向けていると自信ばかりを持ってしまい、男性に対して上から目線で接してしまうことになりかねません。

自分の魅力を知るのと同じくらい、自分の悪い部分も知るようにしましょう。

自分の悪い部分も魅力と同様に、自分で気付くのは難しいかもしれません。

自己分析では甘い評価を下してしまいがちですので、今までの友達とのやり取りや上司から受けた注意、元カレと喧嘩した原因を思い出すようにして悪い部分を自覚しましょう。

どうしても分からない場合は、家族や同僚に正直に話して欠点を指摘してもらうのも良いでしょう。

自分の悪い部分を自覚することができたら、もちろんそれを改善していくことが重要です。

今まで気づいていなかった悪い部分ほど改善は難しいものですが、周りの人に良い印象を与えるためにもしっかり改善の努力をしていきましょう。

謙虚な姿勢でいる

自分の魅力ばかりを自覚していると自信過剰になりがちですが、悪い部分も自覚すれば謙虚な姿勢も生まれるでしょう。

謙虚な態度でいることも彼氏を作っていく上では非常に重要なポイントの一つです。

卑屈になりすぎる必要はありませんが、いつでも自信に溢れた強い女性は男性からすると隙がなく見えてしまうこともあります。

か弱くぶりっ子をするのではなく、適度に接しやすい隙を作るためにも謙虚な姿勢を忘れないようにしていくと良いでしょう。

感謝の気持ちを忘れない

謙虚な姿勢を忘れないために必要なのが感謝の気持ちを持つことです。

たとえば重い荷物を同僚の男性に持ってもらった時、きちんと口に出して感謝の気持ちを言っているでしょうか。

たとえ男性が後輩の場合でも、感謝の気持ちを表現するのは大切なことです。

「やってもらうのが当たり前」という態度は、男性にとって高圧的な印象を与えてしまうこともあります。

「この人のために何かをしてあげたい」と思われるためには、感謝の気持ちを忘れずに口に出して表現するのが重要です。

照れくさくてもしっかり感謝の気持ちは伝えていってください。

お財布を出すようにする

お財布を出す女性
言葉で感謝の気持ちを表現するのも大切ですが、時には行動によってそれを表すことも重要になります。

たとえばお見合いや婚活パーティーの後に初めて会う時は、男性側が支払いをしてくれることが多いと思います。

しかし、その時にしっかりお財布を出すか出さないかは男性からの印象を大きく左右する場合もあります。

まれに「お財布を出すふりをすれば良い」と考える女性もいますが、そうした表面的な態度は男性にもバレてしまいます。

会計の時にはしっかりお財布を出し、自分の分は自分で払うように心掛けましょう。

もしそれでも男性が厚意で払ってくれる場合には、それを当然だと思わずにしっかり感謝の気持ちを伝えることで男性からの印象も良くなります。

悪口や愚痴を言わない

売れ残り女と言われる年代になると、次第に仕事にも慣れて周りの仕事に不満を抱くようになる人もいるでしょう。

しかし、そうした時に悪口や愚痴を言って終わりにするのか、しっかり後輩を指導できるかは大きな差になります。

周りの目を意識して、頼れる女性を目指していきましょう。

もちろん仕事だけではなく、恋愛においても悪口や愚痴を言わないのは重要です。

女子会だからと出会った男性の悪口ばかりを言っていては「この人には男友達を紹介したくない」と思われる原因にもなりかねません。

時には弱音を吐くのも良いですが、周りの人が不快にならないようには注意しましょう。

夢ばかり見ず現実を見る

なかなか恋愛がうまくいかないと、次第に自分の理想が高くなってしまいがちです。

「前に付き合った男性は今思えば条件が良かったから、次はあの男性以上の人が良い」などと考えてしまうこともありますが、年齢を重ねた分だけハイスペックな男性との出会いは減り、必然的に恋愛も難しくなっていってしまいます。

過去にどれだけ素敵な相手と恋愛をしたことがあるからといって、今でもその相手と同じくらいのスペックの男性に振り向いてもらえるとは限りません。

売れ残り女と言われてしまう年齢で恋愛をする場合は、夢ばかりを見ずに現実を見る必要があります。

条件に関しても自分ではかなり妥協して設定したつもりでも、それで良い相手が見つからない場合はさらに妥協が必要になる場合もあるでしょう。

そうした時に諦めが悪いとさらに厳しくなってしまうかもしれません。

男性に対してしっかりとした具体的な理想を持つのは良いことですが、いつでもそれらを柔軟に変更することも重要であると覚えておくようにしましょう。

ポジティブ思考を身につける

恋愛がうまくいかないことが続くと、どんどん卑屈になってしまいがちです。