嘘つきな人の癖15選!そんな人に騙されない方法とは?癖を見抜いて自分を守ろうについて
嘘つきな人は嘘をつくのが上手で、騙されてすごく嫌な思いをしたことがありませんか?

信じていたのに裏切られると、どんな内容であっても落ち込みます。

今回は嘘つきな人の癖を15個解説し、同じように嫌な気持ちにならなくて済むようにしましょう!

読んでくださった方が嘘つきな人に騙されないように、自分で嘘つきな人の癖を見抜けるように詳しく書いています。

自分が傷つかないように、自分を守りましょう!

嘘つきな人の癖15選

嘘つきな人には癖が15個あります。

嘘つきな人が嘘をつくときは、心と自分の行動が一致していません。

大なり小なり挙動不審になり、どうしても表に出てしまいます。

自分の心の中を知られたくない気持ちでいっぱいなので、それを守ろうと必死です。

目立つ行動はしなくても、表情に出たり、小さな仕草に現れたりします。

嘘つきな人の癖を前もって理解しておくと、「あれ?おかしいぞ?」と違和感を感じたときにすぐに嘘かどうかを見破れるようになります。

嘘に慣れている人なら、癖も隠し通すのでは?と思われるかもしれません。

しかし私たち人間はAIではありませんし、パソコンでもありません。

完全に数値化することはできないので、どうしても感情に左右されてしまいます。

相手への罪悪感や葛藤がほんの少し現れたときに、それは表に出てきます。

嘘つきな人の癖を知っておき、最初から嘘を見破る力をつけておきましょう。

では、それぞれ15個の癖について詳しく書かせていただきます。

1:口元を隠す

口元を隠す女性
嘘つきな人は衝動的に口元を隠そうとします。

嘘つきな人が嘘をついていて、その相手がそれを信じて受け入れてくれたとします。

嘘つきな人は満足しているかもしれませんし、もしかしたらその逆で嘘をついたことへ葛藤しているかもしれません。

嘘つきな人だって感情を持っている人間です。

心が不安定なときは必然的に口元に現れますし、なかなかそれを隠すのはむずかしいです。

自分の心の内を知られたくない。

嘘をついていることを知られたくないと防衛本能が働き、自然と口元を隠しているのだと考えます。

口元を隠すことで、相手との距離感を保ったり、自分のテリトリーに相手が入ろうとすることを拒否したりしていることも考えられます。

家族、学校の友人や古くからの友人、仕事場の同僚、恋人、店員さん、自分たちに関わる人たちを皆信じたい気持ちは分かります。

しかし世の中色んな人がいますので、誰かとのやり取りで少しでも違和感を感じたら、口元を隠す仕草が目立たないかじっくりと観察してみてください。

2:鼻を触る

嘘つきな人は嘘をつくとき、鼻を触る癖があります。

嘘つきな人だって嘘をつくときは大なり小なり心中穏やかではありません。

もしも嘘つきがバレたらどうしようという不安な気持ちから、それをごまかすために鼻を触ろうとします。

あるいは挙動不審になりそうなのをごまかすために、鼻を触ろうとします。

嘘をつくことで緊張もしますので、体温が上がって鼻がむずむずすることも考えられます。

それをごまかすために、鼻を触るのかもしれません。

誰かとコミュニケーションを取っていて、相手がやたらと鼻を触るときは違和感を感じないか、相手の本音はどこにあるのかをじっくりと観察してみてください。

決して感情的にならず、落ち着いて話すことが大事です。

嘘つきな人には感情まかせに怒るよりも、落ち着いて本当のことを話すことの大事さを諭すほうが効果的です。

3:目をそらす

 
嘘つきな人はさっと目をそらし、嘘をついたときに相手との会話を拒否しようとします。

やり取りしている相手とは目を見て会話するのが基本ですが、嘘をつくとどうしても相手とのやりとりを拒否したくなる衝動にかられます。

そんなとき、目をそらす仕草となって現れてしまいます。

目をそらすことが多いなと感じる人がいれば、嘘つきでないかじっくり観察したほうがいいかもしれません。

ただ恥ずかしいから目をそらすのと、嘘をついてバツが悪いから目をそらすのとでは訳がちがいます。

恥ずかしいから目をそらす人は、いつだって目を合わせることがむずかしいです。

そうではなく、都合の悪いときや気まずくなったときに目をそらすといったタイミングが限定されている場合は、嘘をついている可能性が高いです。

少しでも違和感を感じたら、目をそらされても相手の顔をじっと見つめてみてください。