栄光を掴むには?やるべき9個の努力でなりたい自分を目指そうについて
「栄光」という言葉を聞くとどのような状態をイメージするでしょうか。

誰かが成功している姿をイメージする人もいれば、自分自身が成功している姿をイメージする人もいるでしょう。

実際に栄光を掴んだ過去の良い思い出を思い出して懐かしい気持ちになる人もいるでしょうし、もしかしたらオリンピックを機に有名になりスポーツ大会のダイジェストなどで聞く機会が多い「栄光の架橋」という曲を思い出す人もいるかもしれません。

いずれにせよ、「栄光」という言葉からは輝かしいイメージを受ける人が多いでしょう。

では、そんな栄光とは正しくはどういう意味を持つ言葉なのでしょうか。

また、イメージした通りの輝かしい自分になるために、栄光を掴むためにはどういった行動をすれば良いのでしょうか。

栄光の掴み方や栄光を掴める人の特徴を知り、栄光を掴むために今すぐ行動を始めましょう。

栄光とは?

そもそも「栄光」とはどのような意味を持つ言葉でしょう。

「栄光」という言葉を聞くと「なんとなく成功しているイメージ」や「多くの人に成功を祝福されている幸せな雰囲気」など、なんとなくイメージは浮かぶことはあっても正しい意味を理解している人は実はそれほど多くありません。

ここでは、栄光という言葉の辞書的な意味や、正しい意味に基づいた例文を確認していきます。

既に「栄光」という言葉について知識を持っている方も、振り返りのためにチェックしてみてください。

意味

「栄光」という単語を辞書で調べてみると「輝かしい誉れ」や「大きな名誉」あるいは「幸いを表す光」という意味が出てきます。

この説明を見てみると「幸いを表す光」という表現が少し分かりづらいかもしれません。

しかしこの「幸いを表す光」という表現は「瑞気(ずいき)」ともいい、「めでたい雲が湧き出るたたずまい」という意味から「めでたく神々しい雰囲気」を意味します。

すなわち、どの意味を見ても「輝かしい栄誉を得ている」や「大きな名誉を獲得した」や「神々しい雰囲気の中にいる」など、成功した状態をイメージしても間違っていないことが分かるでしょう。

「栄誉」や「名誉」といった類義語と一緒にイメージで覚えていくと分かりやすい言葉です。

使い方

では、「栄光」という言葉の意味を理解したところで次は「栄光」の実際の使い方を考えてみましょう。

スポーツ中継を見ていると「栄光の大記録」や「栄光を掴みました」という表現が出てくることは珍しくありませんし、ドラマや漫画でたびたび登場する表現です。

しかし、今までの生活を振り返ってみると日常生活で「栄光」という言葉を口にすることはそれほどないのではないでしょうか。

実際、日常的に栄光を掴む人はほとんどいないのであまり頻繁に使う表現ではないかもしれません。

念のため、3つの例文を確認してみましょう。

・彼は今までにない規模の契約を結び、栄光を掴んだ。
・努力の末に、ついに栄光の1位に輝くことができた。
・あの国は長い栄光の歴史を持っている国だ。

こうして実際に例文を見てみても、あまり使われる表現ではないことが分かるでしょう。

普段は「彼は良い営業をして成功した」や「努力の末に成功を勝ち取った」など「成功」という言葉の方が使われる機会が多いと感じる人も多いのではないでしょうか。

実際、「栄光」は「成功」よりもさらに規模が大きく名誉の高い業績を獲得した人にしか使わないことが多いため、日常的に使うには少々ハードルの高い言葉であると言われています。

栄光を掴みたい?

では、成功よりもさらに大きな名誉を得ることができる栄光を掴みたいと感じるでしょうか。

実際に栄光を掴むためには常人とは違う努力が必要になります。

他の人が遊んでいる時にもストイックに努力しなければならないこともあるでしょうし、他の人が当然のように手に入れているものを諦めなければならないこともあるでしょう。

しかし、そうしたマイナス面を補っても余りあるほど栄光を掴むことは魅力的なことです。

実際「努力できるかは分からなくても、栄光を掴むために挑戦してみたい」と考えたことくらいはあるという人も多いのではないでしょうか。

ここからは、栄光の意味を理解したところでより具体的に栄光を掴むために必要なことを解説していきます。

栄光を掴むためにやるべき9個のこと

「栄光」という言葉を聞くと「栄光の架橋」のイメージもあり、スポーツ界の第一人者になるなどオリンピックなどの大会で優勝することを想像する人も多いでしょう。

しかし、実際にはスポーツだけが栄光を掴むための手段ではありません。

芥川賞の受賞やノーベル賞の受賞も栄光を掴むための行動の一つだといえるでしょう。

さらにいえば、そのような万人から認められるほどの栄光ではなくても、自分の周りの人や自分自身にとって大きな進歩であれば、それは紛れもなくあなたの「栄光を掴んだ」という体験になります。

では、今後どの分野などは関係なく自分が望む分野で栄光を掴むためにはどうすれば良いのでしょうか。

まずはここで、今すぐ始めたい9個のことを知りましょう。

情報収集をする

情報収集
栄光を掴むためには情報収集が重要です。

たとえば何かのスポーツで栄光を掴みたいのであれば大会への出場資格などを知らなければなりませんし、特許などを申請して栄光を掴む場合には申請方法などの基礎的な知識を手に入れる必要があります。

もちろん、そうした基本的な知識は最低限として、さらに効率的に栄光を掴むための行動をする方法を知るために情報収集が必要になってくることもあるでしょう。

では、情報収集とは具体的にどのような内容になるのかをさらに深掘りしてみていきましょう。