どんなに伝えたいことがあっても、稚拙な言い回しで読者を獲得できないwebライターは需要がないため企業から求められることもないでしょう。