もちろん、求められている内容によっては普段の文章よりも固い文章にしたり、逆にフランクな文章にしたりするなど想定する読者に合わせた柔軟な対応も必要になってきます。