web上にどんなに素敵な原稿をアップしても、それが誰の目にも入らなければ意味がありません。

webライターとして活躍するためには「読まれて楽しい文章を書く」だけではなく「誰かに読まれるための文章を書く」ことが重要になってくるのです。