専門分野を持つ

最近、webライターで働いている人は決して少なくありません。

そのため、得意分野あるいは専門分野を持つことができなければ、周りのwebライターとの競争に負けてしまうでしょう。