基本的には納期の厳しい仕事や専門的な知識を要する仕事の報酬が高くなっているので、webライターとしての仕事に慣れてきたらそういった仕事にも応募してみましょう。