そのため、webライターとして働くだけではなく編集者へのキャリアアップをすることもおすすめです。

編集者になると他のwebライターの原稿をチェックすることが増えるため、仕事量も必然的に増えてしまいます。