一日に何個も短文を投稿することで、一ヶ月に数万円の副業収入を得るという人もいます。

単価が安くても、働ける時間が長ければそれなりに収入を得られるのがwebライターの良いところではあります。

「時間があって暇だから挑戦したい」という人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

webライターの注意点

自宅で自由な時間帯に簡単に稼げるということで、現在副業としてwebライターを選択する人が増えています。

場合によっては副業のつもりが才能を発揮して、本業を辞めてフリーランスのwebライターとして活躍し始めるという人もいます。

しかし、webライターを副業としている人のうち全員がそのように成功できるわけではありません。

思ったよりも収入が得られずに諦めてしまう人も少なくはないのです。

ここでは、副業やフリーランスのwebライターとして活躍する際に知っておきたい注意点を抑えておきましょう。

すぐにはまとまった収入にならない

単価が安い初心者用の仕事でも、数をこなしていけば月間数万円の仕事になることも珍しくはないのがwebライターです。

しかしながら、多くのwebライターがクラウドソーシングを利用して仕事を探しますが、実はなかなか本採用となるのは簡単なことではありません。

人によっては、数百円くらいの仕事しか受けられず、今までの実績を提出してもなかなか経験者用の高単価の仕事を受注できないということもあります。

「副業でwebライターをして本業と同じくらい稼いでいる」という成功談もないわけではありませんが、そういう成功者はあくまで一握りです。

場合によっては一日数時間のアルバイトをした方が給料が良い場合もあることは覚えておきましょう。

仕事量は不安定

副業として本業と同じくらいの収入が得られるようになると、会社を辞めてフリーランスのwebライターとして活動していこうと考える人もいるでしょう。

しかし、それは非常にリスクが高いので注意が必要です。

フリーランスとして働く際には税制上の出費が増えるだけではなく、収入が不安定というリスクと向き合わなければなりません。

仮に現時点では高収入の案件が継続的に受注できている場合でも、その仕事がなくなった時に同じくらい条件の良い仕事がすぐには見つからない可能性があります。

そうなるとフリーランスの場合、一気に収入が落ちてしまう可能性が高くなるでしょう。

webライターとしての仕事量は非常に不安定であることは覚えておく必要があります。

執筆に時間がかかる

「普段話してる日本語だからすぐに記事を書けるに決まっている」と考える人もいますが、実はこれも間違いです。

恋愛コラムやグルメ記事のように自分の体験を元に執筆できるコラムであっても、慣れないうちは非常に時間がかかってしまいます。

タイピングの時間がかかることもあれば、適切な言い回しができずに文章が書けないこともあるでしょう。

文章を書く時に、起承転結を考えるのは実は意外と難しいことです。

さらに、苦労して完成させた文章でも企業にたくさんの修正を求められて当初予定していた時間よりも長時間作業しなければならない場合もあります。

誰でも気軽に簡単に始めることができる仕事ですが、短時間で楽に高収入が得られるわけではないので注意が必要です。

報酬が支払われない悪質なケースもある

クラウドソーシングなどのサービスを利用していると案件が探しやすい一方で、利用手数料が発生するので少し損をしてしまうこともあります。

そこで直接契約で仕事を探しているwebライターの人も多いですが、実は直接契約と報酬が支払われない悪質なケースもあります。

契約書をしっかり作ってくれる企業の場合は未払いはほとんどありませんが、企業によっては契約書の内容をしっかり確認しないとwebライター側が損をする恐れもあります。

クラウドソーシングなどを経由せずに直接契約を結ぶ場合は、しっかり確認するようにしましょう。

webライターに必要なスキル

webライターは誰でも簡単に始めることができる仕事です。

しかしながら、ある程度のスキルがないと時間を浪費するだけで収入を得られない結果に終わってしまう恐れがあります。

本業でしっかりと安定した収入がある人であっても、そういう状況では意味がないでしょう。

では、webライターとして稼ぐためにどのようなスキルが必要なのか確認していきましょう。

資格は不要

専門的な知識を要する記事を書く場合もあるwebライターですが、webライター自身が資格を持っている必要はありません。

もちろん「○○の資格を持っているライター限定」で仕事を募集している案件もあるため資格を取得している人の方が稼げる可能性は高くなりますが、そうした案件にこだわらなければ無理に資格を取得する必要はありません。

日本語検定などの資格も取得する必要もなく、PCがあればいつでも始められるので初期投資はほとんどないでしょう。

「今すぐに副業を始めて稼ぎたい」という人にもおすすめの職業なのです。

リサーチ力

webライターは基本的に資格は必要はありませんが、リサーチ力などのスキルは必要になってきます。

自分の経験を元に書けるコラムであっても、経験だけに頼りすぎると内容が偏ってしまう恐れがあるためリサーチして裏付けをとる必要があります。

さらに、専門的な知識を要する記事のように調べながら執筆する場合はさらにリサーチ力の重要度もアップします。

手際よく情報を集めるだけではなく、集めた情報が正しいものであるかを確認する力がないとwebライターとしては信頼されないでしょう。

人に伝わる文章力

継続的に仕事を受注できるwebライターになるためには、人に伝えられる文章力も必要です。